05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

cinema

「チェ 28歳の革命」 

「チェ 28歳の革命」
監督:スティーヴン・ソダーバーグ
出演:ベニチオ・デル・トロ、デミアン・ビチル、フランカ・ポテンテ、カタリーナ・サンディノ・モレノ、ジュリア・オーモンド、ロドリゴ・サントロ

1928年アルゼンチン、ロサリオ市の裕福な家に生まれ、医学部を卒業しながらも、ペロン政権に軍医として徴用されるのを嫌い、グァテマラへと旅立つ。
その後メキシコで出会ったフェデル・カストロとともに、キューバ革命へと身を投じる。
やがて戦士として頭角を現し、最高位の少佐に任命され、カストロに次ぐ司令官の地位に就く。
1959年、サンタクララの陥落とバティスタの逃亡により、軍事政権は崩壊、革命政府が樹立される。
ゲバラは新政府の外交使節として、日本を含む世界各国を歴訪、帰国後は国立銀行総裁、工業相を歴任、
革命キューバの建設に力を注ぐ。
1965年、革命政府ナンバー2の地位を捨て、カストロに一通の手紙を残して姿を消す・・

実は今回この映画が放映されるって時まで、彼を知りませんでした。
若い人たちには圧倒的人気・・
Tシャツのデザインでもっとも人気のある人なんですって。
それすらも知りませんでした。

Gyaoで映画の予告や彼の生い立ちなどを観ていたんですが、39歳で亡くなっているんですね。
亡くなった日が、私の誕生日・・
生きていれば、母と同じ年・・
偶然とは言え、なにか感じてしまいます。

チェとは「ねぇ・・」と呼ぶアルゼンチン語を彼が頻繁に使っていたことから、愛称としチェと言われるようになったそうです。

映画は国会での演説風景や現地での革命派として戦っているシーンなどが、交互に映されたり、
先に多少なりとも予備知識を持って見たのがまだ良かったのかもしれない。
少し難しいと思いました。
そして、普通に戦闘映画だと思って観に行っていたら、当てが外れるかもしれないです。

ドキュメンタリーのようにも思えました。
彼の著書である「革命戦争の経過」を基に製作されたそうです。

ゲバラを演じていた ベニチオ・デル・トロが25キロ減量してこの役に挑んだそうですが、本当によく似ていました。

本気で世界を変えようとしたゲバラ・・28歳
今の日本人にこんなに情熱的な若者はいるのだろうか・・
今の日本にあんな演説をできる議員がいるのだろうか・・

    ----------------
我らの人民は声を上げた。
”もう十分だ”と。
この偉大な人民の行進は、真の独立を勝ち取るまで続く。
あまりにも多くの血が流れたからだ。
代表の皆さん、これは、米大陸における新たな姿勢だ。
我らの人民が日々上げている、叫び声に凝縮されている。
その叫びは侵略者の動きを止める、戦いへの決議表明でもある。
また全世界の民衆に指示を呼びかける叫びだ。
特にソ連が率いる社会主義陣営の支持を。
その叫びとはこうだ。

”祖国か 死か!”

 1964年12月11日 国連総会での演説より

「チェ・ゲバラ」サイト
スポンサーサイト
2009/01/28 Wed. 19:05 | trackback: -- | comment: -- | edit