05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

cinema

「レッドクリフ」 

三国志
監督:ジョン・ウー
出演:トニー・レオン 金城武 チャン・チェン 中村獅童

帝国を支配する丞相・曹操は80万の大軍で対抗勢力に襲いかかる。
民を守るために撤退が遅れた劉備軍は2万の勢力。
軍師の孔明は劉備に敵軍である孫権軍との同盟を結ぶことを進言する。
孫権と、司令官である周諭に会い、やがて劉備軍と孫権軍は同盟を結ぶ。
孫権に降伏を迫っていた曹操は、同盟を結んだことを知り、使者を処刑してしまう。

そして、曹操軍80万vs孫・劉連合軍5万の赤壁の戦いが始まる・・

映画館で予告を観たときから観ようと決めていた。
「三国志」は昔人形劇かなにかでやっていたかなぁ~とか、諸葛孔明の名前くらいしか知らなかった。
始まってすぐの戦闘シーンではなぜか「キングダム・オブ・ヘブン」を思い出していた。

面白かったです。
忠誠心や友情や、上に立つものの民への深い愛などなど・・。
戦闘シーンだけではなく、それぞれの心の中などの描写もとても良かった。
また、曹操軍80万 vs 孫、劉連合軍5万で戦うシーン「赤壁の戦い」は最高だった。
亀の甲羅を起源とする「九官八卦の陣」はそれはワクワクするほど見事で、またそこに一人ひとり勇者が闘う
ところが見もので素晴らしかった。
豪傑の張飛と武勇だけでなく信義を持ち合わせた関羽が良かった。
そして、中村獅童が良かった。たくさんシーンがあるわけではないけど、存在感があってやはり歌舞伎の出だからか、実に決まっていた。

帰ってきてパンフレットで「三国志」とは・・を読んだけど、漢字だけでますますチンプンカンプン。
いつかじっくり読んでみたいと思った。


「レッドクリフ」公式サイト
スポンサーサイト
2008/11/05 Wed. 20:45 | trackback: -- | comment: -- | edit