07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

cinema

「闇の子供たち」 

「闇の子供たち」
監督:坂本順治
出演:江口洋介、宮崎葵、妻夫木聡

日本新聞社バンコク支局の記者が、日本人の子供がタイに心臓移植手術を受けるらしいという情報を受け調査に乗り出す。
元仲介者から聞き出したのは、提供者の子供が生きたまま臓器を抉り取られるという衝撃の事実だった。
東京の大学で社会福祉を学んだ日本人女性が、バンコクの社会福祉センターに、アジアの子供たちのために何かをしたいという思いでやってきた。
そこで、彼女はバンコクの貧民層の厳しい現実を目の当たりにする。
貧しさから売り飛ばされた子供たちは、マフィアが仕切る売春宿に売り飛ばされ、欧米や日本から来た幼児性愛者の相手を強いられている。
客の要求を拒めば暴力で痛めつけられ、病気になれば物のように捨てられる。
立場の違う二人だけれど、子供を救いたいという気持ちは同じ、だけど、女性は日本人の親に子供の心臓手術をすれば、その代わりに臓器を提供する子供の命がなくなると手術をやめるように訴える。
一方記者は一人を救っても新たな犠牲者が出るだけだから、食い止める方法を見つけるべきだと二人の気持ちは食い違う・・
そしてそれぞれがそれぞれの方法で子供たちを救おうとするのだが・・・

正直淡々と見終えた。
子供たちの客相手のシーンは目を背けたくなる気色の悪いものだったけど・・
人身売買は今でもあるとは聞いていたし、映画でも観ていたからとりたてて驚きもなかった。
映画の感想としては、まとまりがなかったというのが正直なところかな。
最後はちょっと驚いたけど。

愛する子供のために、臓器移植をしたいという親もいれば、貧しさゆえ愛する子供を売りに出す親もいる。
なんとも切なく重いテーマだった。
自分に置き換えたとき、果たしてどうだろうと考えてみたけれど、貧しくても子供を売ることなんてありえないし、健康な子供の命を奪ってまで、自分の子供の命を救いたいとは思わない。
その場になって見ないと人間わからないのかもしれないが、でもやはり人の命と引き換えにしてまでは望まない。

最後に流れる桑田桂介の歌が心に残った。

現代東京奇譚 桑田佳祐 歌詞情報 - goo 音楽


「闇の子供たち」公式サイト
スポンサーサイト
2008/09/03 Wed. 19:12 | trackback: -- | comment: -- | edit