09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

cinema

「ドリームガール」 

ドリームガール
監督:ビル・コンドン 
出演 :ジェイミー・フォックス ビヨンセ・ノウルズ エディ・マーフィ

1962年アメリカの自動車産業の中心、デトロイトで遥かな未来に夢を馳せる3人のハイティーンがいた。
”ドリームメッツ”というトリオを組み、音楽で成功する夢を追って新人オーディション・イベントに参加していた。その様子を見ていた中古車販売会社を経営するカーティス・テイラーJrは、当時デトロイト・シアターで抜群の人気を誇るジェームス・サンダー”・アーリーがバックコーラスを探しているという情報を得ていた。彼は彼女たちをアーリーのバッグコーラスにさせる。
彼女たちの夢は段々現実のものとなっていくが・・

最初から鳥肌が立ちっぱなしだった。
最初はビヨンセよりエフィー役のジェニファー・ハドソンが際立っていた。とにかくうまい!
彼女は800人近くのオーディションで選ばれたそうだけど、とにかく声量豊かでうまい!
映画が始まる前に注意事項で足を鳴らしてはいけないとかって出るけど、体が勝手に動いてしまう。
シュープリームスは私が学生時代すごい人気で私も大好きだった。
ステージではジャクソン・ファイブだろうグループもちらりと出てきて、もう最高!
前半はもう素晴らしい歌声で酔いしれて、後半はハンカチ片手にホロリとさせられ。
エディ・マーフィーが歌うのは初めて観た。
それから、エフィーの兄役のキース・ロビンソンがとても素敵だった(# ̄ー ̄#)
とにかく最高のエンターテイメントだった。

スポンサーサイト
2008/05/05 Mon. 00:43 | trackback: -- | comment: -- | edit