FC2ブログ

10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

cinema

「アンダーカヴァー」2007年 

「アンダーカヴァー」
監督: ジェームズ・グレイ
出演:ホアキン・フェニックス マーク・ウォールバーグ ロバート・デュヴァル

1988年、ニューヨーク。
ナイトクラブのマネージャーとして働くボビー(ホアキン・フェニックス)は、オーナーからの信頼も厚く、恋人アマダ(エヴァ・メンデス)とともに幸せな日々を送っていた。
兄ジョセフ(マーク・ウォールバーグ)はニューヨーク市警のエリート警察官、父バート(ロバート・デュヴァル)は警視監という警察一家だったが、ボビーはそんな家族に反発、姓を変えて夜の世界に飛び込んだのだった。
しかも、彼の店は麻薬取引に関わるロシアンマフィアと繋がっていた。
家族と再会したパーティで、ジョセフとバートによるロシアンマフィアの殲滅計画を知ったボビーだったが、要請された協力は断る。やがて、一斉検挙が実施されるが、麻薬の密売ルートに関する情報入手に失敗。
店が摘発を受けたボビーは麻薬不法所持で逮捕されてしまう。
ジョセフの計らいで釈放されたボビーだったが、店に踏み込んだことで二人の溝は深まる。
その夜、何者かによる襲撃を受けたジョセフが、瀕死の重傷で病院に運ばれる。
捜査協力を断ったことを後悔するボビー。
その前に、襲撃の黒幕であり、麻薬取引の独占を目論むニジンスキーが現れ、仲間に誘われる。
彼の口から次の標的がバートであることを聞かされたボビーは、警察の囮として組織に潜入。
だが、不慣れな任務のため、盗聴器の装備が麻薬工場内で発覚してしまう。
間一髪、警官隊の突入によりニジンスキーは逮捕。
だが重傷を負い、警察官が家族であることをマフィアに知られたボビーは、アマダとともに保護下での生活を強いられる。
裁判を直前に控えたある日、ニジンスキーが脱走。
それを知ったバートは素早く対応。
ボビーは危機を回避するが、その眼前でバートの体を凶弾が貫く。
父の遺体を抱きしめ泣き崩れるボビーを、優しく抱きとめるジョセフ。
別々の道を歩んでいた兄弟が、父の復讐という目的の元、ひとつになる……。
-moviewalker-
ハラハラしながら観ました。
なんだか切なかった。

優秀な兄は弟の自由さに嫉妬していたと話すシーン。
同じように育っても一人一人別なわけで、それぞれが悩みもあり、でも彼ら兄弟はとてもお互いを思いやっていてその点はほんわかしましたね。

弟を命がけで護ろうとした父は凶弾に倒れ、初めて兄弟は同じ目的をもって挑む。
それぞれが愛おしかったです。


スポンサーサイト



2018/04/02 Mon. 14:14 | trackback: -- | comment: -- | edit