FC2ブログ

08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

cinema

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

「ウィストン・チャーチル」20018年 



監督: ジョー・ライト
出演: ゲイリー・オールドマン クリスティン・スコット・トーマス リリー・ジェームズ

第二次世界大戦初期の1940年。勢力を増すナチス・ドイツは各地に侵攻し、フランスは陥落間近にまで追い込まれ、イギリスにもその脅威が迫っていた。
連合軍はフランス北部にあるダンケルクの海岸に追い込まれ、窮地に。
就任したばかりの嫌われ者の英国首相ウィンストン・チャーチルは、政敵に追い詰められながら、ヒトラーとの和平交渉か徹底抗戦か、ヨーロッパの運命を左右する選択を迫られる。

-moviewalker-

ゲイリーのチャーチルがとっても魅力的でキュートでした。
名前は知っていたけど、チャーチルさんのことはあまり知識がなくて、今日初めて知ったようなわけで・・
大変な時期に首相に任命されて、ご苦労が多かったですね。
迷いもありました。
支えている奥さまがまた素敵なかたで、その奥さまの前では本当に可愛らしい。

国王がご自宅まで訪ねてくるなんてびっくり。
でも、やっとお互い本音で話ができて、生涯友として交流していたそうで、嬉しいです。

弱腰の議員の前での演説は素晴らしかったです。
自国を護る・・・当たり前のことです。

それに比べたら我が国は・・・
日本のためにと頑張っている議員なんてどれほど?
どこの国の方?って人ばかり。

観ていて感動と、切なさで泣けました。


「ウィンストン・チャーチル」公式サイト
スポンサーサイト
2018/03/31 Sat. 00:02 | trackback: -- | comment: -- | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。