FC2ブログ

08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

cinema

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

「15時17分、パリ行き」2018年 

「15時17分、パリ行き」
監督:クリント・イーストウッド
出演:アンソニー・サドラー、アレク・スカラトス、スペンサー・ストーン

2015年8月21日。
アムステルダムからパリに向けて高速列車タリスが発車。
列車は順調に走行を続け、やがてフランス国内へ。
ところが、そこで事件が発生する。
乗客に紛れ込んでいたイスラム過激派の男が、自動小銃を発砲したのだ。
突然の事態に怯え、混乱をきたす500名以上の乗客たち。
その時、犯人に立ち向かったのは、ヨーロッパ旅行中のアメリカ人の若者3人組だった。
なぜ彼らは、死の恐怖に直面しながらも、困難な事態に立ち向かうことができたのか……?
-moviewalker-
15時17分パリ行きの列車に乗ったヨーロッパを旅行中のアメリカ人3人組。
彼らは幼馴染で、特にアレクトスペンサーは隣同士に住み、どちらもシングルマザーの過程という似た環境だった。
中学進学を控えたころ、スペンサーは読むのが遅いから、アレクは授業中外ばかり見ているからADD(注意欠陥障害)薬の投与を進められ、中学進学を機に私立高校に編入させた。
驚いたんだけど、読むのが遅いと問題なの?外ばかり見ていたら問題なの?
最近日本の小学校でもすぐに〇〇症状の疑いがあるから、認定をとれとか言うんだってね。
私の小さいころなんてざらにいたけど特別視もしなかったけどなぁ・・
特別教室はあったけど、そちらはかなり納得いく教室で、でも普通クラスにも参加していたんだけどなぁ・・

何でもかんでもこういう括りですませるっておかしくない?って思うんだけど。

そして新しい中学校でアンソニーと出会い、この3人がこの学校でも浮いた存在となるわけで。
その後も転校があったり、父親に引き取られて離れてしまったりはしたものの、時々は行動を共にしていた。

卒業後スペンサーがEMT(救急救命士)になったことが今回の事件で生かされたね。

無邪気に旅行を楽しむ3人はごくごく普通の青年たちで、楽しそうなシーンが続くので、いつ事件に遭遇するんだろ?って思ってしまったわ(笑)

ほとんどが彼らの回想劇と今を楽しんでいる光景だった。

問題のパリ行きに乗ってからも、事件に遭遇するのはあっという間で、本当にいきなりの出来事だった。
幸いなこともあったので、あの程度のケガですんだし、スペンサーが柔術経験者だということも幸運だったといえばそうだろうし。

あっけないくらいの展開だったわ。

でも、だからこそ怖いよね。
決して他人ごとではないんだよね。

今まで治安がとてもいい国であったはずの我が国だって、今は犯罪が増えているし、しかも外国人の犯罪が多くなっている。
日本政府は対策が非常に遅いと思うし、いやな世の中になってきたなと改めて思ったわ。


「15時17分、パリ行き」公式サイト
スポンサーサイト
2018/03/01 Thu. 23:29 | trackback: -- | comment: -- | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。