05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

cinema

「HERO」 

HERO
監督 : 鈴木雅之
出演 : 木村拓哉 、 松たか子 、 大塚寧々

東京地検・城西支部の型破りの検事・久利生公平は、同僚の柴山検事が起訴したある事件の裁判を任される。
容疑者が既に犯行を認めている簡単な事件だったが、初公判で一転、無罪を主張。
久利生の前に刑事事件無罪獲得数日本一の弁護士・蒲生一臣が立ちはだかる。
新聞にも大きく扱われなかった事件を豪腕弁護士が担当することに戸惑う久利生に対し、
蒲生は冷静かつ様々な戦術で、今まで経験をしたことのない窮地に久利生を追い込む。
一方、東京地検特捜部の黛検事が近づき、この事件の判決が、大物代議士・花岡練三郎の贈収賄事件の鍵を握っているという。
騒然となる城西支部。久利生にしても花岡とは過去に因縁のある相手であったが、あくまでも
自分が担当する事件の真実を明らかにしようと事務官の雨宮と奔走。
城西支部の面々も捜査に協力し、漸やく得た情報をもとに二人は韓国・釜山へ向かう。
東京地検は韓国のエリート検事カン・ミンウに捜査協力を要請するのだが・・・。


テレビドラマのスペシャル以来6年ぶり、しかも映画化とあって楽しみにしていた。

とにかくキムタクのHERO久利生はカッコいい♡
個性豊かな城西支部の面々とのやり取りも楽しいし、キムタクの自然体の検事がとてもいい。

肩が触れたと言う理由で結婚を間近に控えていた男性を殺したという事件、しかも犯人は犯行を認めていたのに、突然公判で供述を翻した。
事件のバックに大物政治家が絡んでいるという大変な事件へと発展していったけれど、久利生は真っ向からぶつかっていき、大物政治家を裁判に証人として引きずり出す。
そして、そこで彼が言った「・・自分のために事実を曲げ、犯人を庇い、嘘をつく人間がいるとしたら・・俺は絶対に許さない」「これは里山さんという人の命の重さを知るための裁判なんです」と言う件では思わず胸がキューンとなった。

スペシャルで久利生が殺人事件の容疑者としてあげた中井喜一とのやり取りはとても人間身溢れていて素敵だった。

そして何と言っても忘れてはならない久利生たちが行くバーのマスターの「あるよ!」
今回は最後にこのマスターがなんとも憎い演出を(^_-)-☆

私にとってキムタクはやはりHEROだわ~sμκi_φ(´∇`●)ポッ

「HERO」公式サイト
スポンサーサイト
2008/05/02 Fri. 17:34 | trackback: -- | comment: -- | edit