FC2ブログ

08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

cinema

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

「ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります」2016年 

「ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります」
監督:リチャード・ロンクレイン
出演:モーガン・フリーマン ダイアン・キートン シンシア・ポートマン

ニューヨークのブルックリンの街を一望できるアパートメントの最上階。
画家のアレックス・カーヴァー(モーガン・フリーマン)と元教師の妻ルース(ダイアン・キートン)がこの理想的な家に住んで40年が経った。
しかし、この建物にはエレベーターが無かった……。
アレックスが日課としている愛犬ドロシーとの散歩を終え、5階にある我が家への階段をようやく上り終えて帰宅すると、姪のリリー(シンシア・ニクソン)が明日の準備のためにと訪問していた。
夫の今後を心配したルースがエレベーターのある住居へ引っ越そうとアレックスを説き伏せ、今の住まいを売ることにしたのだ。
そして明日が購入希望者のためのオープンハウスの日。
リリーは、やり手の不動産エージェントであった。
そんな折、ドロシーに異変が起こる。
夫妻は5番街の行きつけの動物病院へとタクシーを走らすが、車は一向に動かない。
どうやらマンハッタンへ渡る橋の上でタンクローリーが道をふさいでいるらしい。
ようやく獣医に見てもらったドロシーはヘルニアを患っており、手術が必要と言われてしまう。
翌朝、やる気満々のリリーがお客を連れてやって来る。
オープンハウスは一風変わったニューヨーカーたちで大賑わい。
早速いくつかのオファーが入ると同時に、獣医からドロシーの手術成功の連絡を受け取り夫妻はほっと一安心。
一方、いそいそと新居候補を探し始めるルースとアレックスをよそに、タンクローリー事故は一夜にしてテロ事件へと様相を変えていた。
アレックスとルースの見晴らしの良い家は誰の手に渡り、そして二人の新居はどうなるのだろうか……。
-moviewalker-
戦闘シーンとか血なまぐさい映画が続いたので、少々疲れてゆったりとした映画が観たくなった。
高齢の夫婦がエレベーターのない5階に暮らす。
若いうちはいいけど、年を重ねるとね、できてたことができなくなるのよねぇ、実感。

でも、最近の老人ホームもすべてバリアフリーだとかえって足腰が弱くなるので、ある程度の段差や階段は設置してるところもあると聞く。

このご夫婦もワンちゃんも階段はきつくなって引っ越しを考えるんだけど。
見晴らしはいいのよ、確かに。

観ていて我が家(母の家)だけど、9階建ての9階。
エレベーターは8階止まり。
なので1階分は歩くわけ。
見晴らしは最高。
邪魔するものがないからお天気よければ富士山も見えるし、夏の花火大会はいくつも見れる(笑)
ただ古い❕❕
共感を感じつつ観ていたけど、結局売るのも買うのもやめるのよね。

いつかは売るかもと言っていた。

いい夫婦で屋上からの眺めもよくて家庭菜園もやっていて、ちょっと荒れていた?精神がまっとうになった(`・ω・´)シャキーン

スポンサーサイト
2017/10/28 Sat. 17:22 | trackback: -- | comment: -- | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。