10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

cinema

「ジャック・サマースビー」1993年 

「ジャック・サマースビー」
監督: ジョン・アミエル
出演: リチャード・ギア ジョディ・フォスター ビル・プルマン
1860年代後半のアメリカ南部、テネシー州ヴァイン・ビル。
この地の農園経営者であるジャック・サマースビー(リチャード・ギア)が、南北戦争のためにこの村を出てから6年ぶりで帰って来た。
終戦後2年が過ぎ、戦死したと思っていた村人たちや彼の妻ローレル(ジョディ・フォスター)は驚きと困惑を隠せない。
かつて冷酷な性格で、人々から憎まれていたサマースビーだったが、帰って来た彼はまるで別人のようだった。
自分の領土を共同農園として提供し、このやせた土地に合うタバコの栽培をし、人々と利益を分け合う計画を熱心に推進し、妻ローレルを深く愛した。
タバコ栽培は成功し、サマースビーは村人たちの尊敬を集めるが、彼の留守中ローレルと恋仲だったオーリン・ミーチャムは、そんな彼の豹変ぶりを疑いの目で見ていた。
そんな時、見知らぬ男たちが村にやって来てサマースビーと争うのを偶然目撃したオーリンは、サマースビーが本物ではないことを確信した。
そしてある日、警察がやって来て、サマースビーが殺人容疑で逮捕された。
戦前、ポーカー賭博のトラブルで、大勢の前でひとりの男を殺したというのだ。
裁判ではローレルの「この人はサマースビー本人ではない」という証言が波紋を呼び、彼の正体の真偽に的が絞られた。
しかしジャック自身は、潔く本人であることを宣誓する。
なぜ本物ではないと思うのかというサマースビー自身からの問いかけに、ローレルは、「夫のことはこれほど愛せなかったから」と答えた。
判決で死刑が決まったジャックの牢屋を、ローレルが訪ねる。
ジャックは唐突に戦時中に知り合った男のことを話し始める。
その男こそジャックの本来の姿だった。
刑場に連行されるジャックを追うローレル。
そして見守る人々をかき分け、最前列で永遠の愛を誓い、最後を見届けた。
              -moviewalker-

スポンサーサイト
2017/08/25 Fri. 17:17 | trackback: -- | comment: -- | edit