07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

cinema

「ユージュアル・サスペクツ」1995年 

「ユージュアル・サスペクツ」
監督: ブライアン・シンガー
出演: ケヴィン・スペイシー スティーヴン・ボールドウィン ガブリエル・バーン

カリフォルニア、サン・ペドロ港でアルゼンチン・マフィアの所有する船舶の炎上事故が発生。
それはコカインを奪おうとした犯罪者一味とマフィアの闘いの結果であった。
一味の生き残りであるヴァーバル(K・スペイシー)を尋問していた関税特別捜査官クインラン(C・パルミンテリ)は、6週間前、銃器強奪事件の容疑者として集められた5人の男たちの身にふりかかった奇妙な話を聞く事になる。
元汚職警官のキートン(G・バーン)、マクナマス(S・ボールドウィン)とフェンスター(B・デル・トロ)の強盗コンビ、爆破の専門家ホックニー(K・ポラック)、そして詐欺師のヴァーバルら5人は、釈放後、協力して宝石強奪を決行。
ブツをさばくためにLAの故買屋と接触した5人は、そこで新たなヤマを依頼されるが、宝石と聞かされていた獲物は麻薬で、トラブルから相手を射殺してしまう。
そして恐慌状態の彼らの前に、伝説のギャング“カイザー・ソゼ”の右腕と名乗る弁護士が現れたというのだ……。
-allcinema-

顔ぶれ観ただけで楽しくなる(笑)
最初はさっぱり理解できなくて、(-ω-;)ウーンわかんな~いって思っていたけど。
ヴァーバルの話を聞いていくうちに少しずつわかってきて、途中で「わかっちゃったもんね~」((´∀`))ケラケラ
すごい巧妙な嘘だね。
さすが詐欺師だけのことはあるわ。

ラストはちょっと痛快でもあった(っ´∀`c)



スポンサーサイト
2017/08/11 Fri. 00:23 | trackback: -- | comment: -- | edit