05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

cinema

「ウォンテッド」2008年 

「ウォンテッド」
監督: ティムール・ベクマンベトフ
出演:ジェームズ・マカボイ モーガン・フリーマン アンジェリーナ・ジョリー

25歳のウェスリー・ギブソン(ジェームズ・マカヴォイ)は、職場では女性の上司にいびられ、同棲中の恋人は親友に寝取られるという最悪の日々の中、緊張が高まると、不安発作用の薬で早くなる鼓動を抑えていた。
ある日、ドラッグストアでいつもの薬を処方している最中、1人の美女・フォックス(アンジェリーナ・ジョリー)に話しかけられる。
彼女は、死んだウェスリーの父親は偉大な暗殺者だったと言う。
するとすぐさま、刺客とフォックスの間で銃撃戦が始まる。
店を飛び出したウェスリーを拾ったフォックスは、刺客と激しいカーチェイスを繰り広げる。
ウェスリーは車中で気を失ってしまう。
ウェスリーが目を覚ますと、フォックスを含めた見知らぬ人々に囲まれていた。
リーダーと思しき年長者・スローン(モーガン・フリーマン)によれば、彼らは太古より存続する暗殺集団“フラタニティ”で、世界の秩序を守っているのだ。
また、ウェスリーの父も在籍していたが、敵に殺されてしまったと言う。
そして、その血を引くウェスリーが一員になるよう促される。
最初は話が信じられなかったウェスリーだが、会社を辞め、フラタニティに加わる決意をする。
暗殺者になる訓練は想像以上に厳しかったが、ウェスリーは次第に素質を開花させていく。
彼は“運命のはたおり機”と呼ばれる標的を知らせる繊維の目に従い、次々と任務をこなしていった。
ある日、敵の刺客・クロス(トーマス・クレッチマン)の暗殺を命じられたウェスリーは列車に乗り込む。
ウェスリーに追いつめられたクロスは、信じられない言葉を発する。
さらにフラタニティの銃弾職人・ペクワースキー(テレンス・スタンプ)は衝撃の真実を語る。
それはウェスリーに、真の戦いの幕開けを告げた。
            -MovieWalker-
ジェームズ・マカボイはあまり好きでもないんだけど、アンジーとモーガン・フリーマンが大好きなので観た。
気弱ななんとも情けなさ満載のウェスリーがどんどん強くなっていくのは、訓練というか訓練か・・・はかなり過酷なものなんだけど・・かつて観た「アサシン」の男性版みたいな。
結局は嘘のために本当の父親を殺してしまうんだけど。

アンジーはやはりかっこよくて美しかった。
カーアクションも銃撃戦もさまになるよねぇ。

モーガン・フリーマンは安定の存在感。

楽しめました♪
スポンサーサイト
2017/06/14 Wed. 16:31 | trackback: -- | comment: -- | edit