09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

cinema

「マシンガン・プリーチャー」2012年 

「マシンガン・プリーチャー」
監督: マーク・フォースター
出演:ジェラルド・バトラー ミシェル・モナハン マイケル・シャノン

酒と麻薬におぼれ、犯罪を繰り返してきたサム・チルダース(ジェラルド・バトラー)は、自分が起こしたある事件に対して自責の念に駆られ、信仰と家族のために生きることを誓う。
数年後、教会で牧師からウガンダの話を聞いて興味を持ったサムは、現地へボランティアに向かうことにする。
そこで彼が見たのは、武装ゲリラ「神の抵抗軍」にの恐怖にさらされる子どもたちだった。

-シネマトゥデイ-

主人公のサムはとんでもない奴だったのに、腹が立つほどとんでもない奴だったのに・・

ウガンダでの惨状を観て、子供たちを救うべく活動する。
元々とんでもない奴だったから銃の扱いとか戦うことはうまいものだ・・とちょっと痛快だったり。

それにしても、どうして子供たちがいつも被害にあわなければいけないんだろう。
目の前で親を殺され、さらった子供たちは兵士にさせられ。

自分と弟の命を救うために母親を殺した子がサムに言った。

「心を憎しみで満たしたら奴らの勝ち。
心を奪われちゃだめだ」

心が震えた。

世の中理不尽なことばかり、サムが神を信じ、途中で神を否定するけど、あんな果てるともない悲劇ばかり観ていたらそういう気持ちになるわね。
ほかからの援助とか救援とかないんだろうか。

エンドロールで現在もなお活動を続けているご本人が映し出されていたけど、すごい勇気だわ。
首に懸賞金までかけられたのにね。

ジェラルド・バトラーが様々な表情で演じて素晴らしかった。
スポンサーサイト
2017/06/13 Tue. 02:01 | trackback: -- | comment: -- | edit