09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

cinema

「マザー・テレサ」2005年 

「マザーテレサ」
監督:ファブリツィオ・コスタ
出演:オリヴィア・ハッセー セバスティアーノ・ソマ ラウラ・モランテ

1946年、インドのカルカッタ。カトリックの女子校で教鞭をとっていたマザー・テレサ(オリビア・ハッセー)は、イスラム教徒とヒンズー教徒の抗争に巻き込まれて負傷した者を校内に入れて手当したことから、修道院長(ラウラ・モランテ)と対立。
ダージリンへの転任命令を受ける。
その途上で行き倒れになった男と出会い、「私は渇く」と言う彼の言葉の中に、神の声を見出す。
命令に背いてカルカッタに舞い戻った彼女は、「私の居場所は修道院の中ではありません。
最も貧しい人々のところです」と言って、修道会に院外活動の許可を求める。
得られた回答は、「院外活動をしたいなら一市民に戻れ」というものだったが、マザー・テレサの熱意を汲んだエクセム神父(ミハエル・メンドル)の口添えによって、決定はバチカンの手にゆだねられることになった。
「これが神の望みであれば、必ず実現する」。
そう信じるマザー・テレサは、バトナで医療と薬学の実地訓練を受けながら、バチカンからの返事をじっと待ち続けた。
やがてバチカンから送られてきたのは、院外活動の許可を伝える手紙だった。
晴れて町へ出ることを許されたマザー・テレサは、新しい修道服である白い木綿のサリーに身を包み、貧困にあえぐ人々が住むストリートでの活動を開始した。
子供たちに配る食糧を手に入れるため、市場で物乞い同然のことをするマザー・テレサの姿に、眉をひそめる修道院長。
しかし、いっぽうには、彼女の活動を応援する者たちもいた。
ヴァージニア(イングリッド・ルビア)をはじめとするかつての教え子たちだ。
彼女たちボランティアの手を借りながら、マザー・テレサは、病人や孤児の世話をするための施設をこつこつと作り上げていく。
4年後。
修道会に属しながらの活動に限界を感じたマザー・テレサは、新しい教団“神の愛の宣教者会”を作りたいとエクセム神父に申し出る。
それに応じてバチカンからやって来たのが、セラーノ神父(セバスティアーノ・ソンマ)だった。
カルカッタに到着した彼は、さっそくマザー・テレサに会おうとするが、当の彼女の前には、すぐに解決しなければならない難問が山積みの状態だった。
寺院を改装して開設した“死を待つ者の家”に対する地元住民の猛抗議。
孤児院の違法性を主張し、閉鎖を求める役所の命令。
そのひとつひとつに、誠意と情熱で立ち向かっていくマザー・テレサ。
しかし、それを知らないセラーノ神父は、なかなか自分に会おうとしない彼女を尊大な人間だと思いこみ、バチカンに否定的な報告を送ろうとする。
が、実際、彼の前に現れたマザー・テレサは、尊大さのかけらもない人物だった。
「私は、神が手に持つペンにすぎないのです」と語るマザー・テレサの無私無欲な姿勢に、深い感銘を受けるセラーノ神父。
彼は自らもその地にとどまり、マザー・テレサのかたわらで同じ道を歩もうと決意する。
1965年。
教団の活動がますます活発になっていくなかで、マザー・テレサはハンセン病患者のための“平和の村”を建設する計画に着手する。
これに対しては、「マザーのせいで、カルカッタに不幸と貧困のレッテルが貼られてしまった」と、インド国内から多くの批判の声があがったが、それが大々的に報じられたことにより、世界各国から多くの寄付金が寄せられるようになった。
「神が望めば資金は集まる。神が望まなければあきらめる」と、いつものように粘り強く、精力的に、資金の調達と計画の推進に走り回るマザー・テレサ。
書類の不備によって建設計画が頓挫しかけたとき、彼女はバチカンに乗り込み、教皇に直談判することもした。
その努力が実り、村の建設はようやく再開にこぎ着けたものの、完成までの道のりには予想外の困難がつきまとうのだった。
                                        -movieWalker-
体つきからは想像もできないほど強い人だったんですね。
あまりにも有名でしたけど、私はこの映画を観るまでは彼女の活動や心の内は知ることはありませんでした。
本当に頑固なお人でした。
でも、最期までひたすら神に仕える身として貧しい人たちのために身をささげた一生は本当に尊いものでした。
中々できることではありません。

「ロミオとジュリエット」でなんという愛らしい人だと思ったオリビア・ハッセーがこんな素晴らしい役をやっていることにも感動でした。

スポンサーサイト
2017/05/18 Thu. 00:07 | trackback: -- | comment: -- | edit