04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

cinema

「完全なる報復」2009年  

「完全なる報復」
監督: F・ゲイリー・グレイ
出演: ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス ブルース・マッギル

かつて独立宣言が採択され、合衆国誕生の地と呼ばれる北米の都市フィラデルフィア。
幸せな毎日を過ごしていたクライド(ジェラルド・バトラー)の眼前で妻子が無残な手口で殺された。
犯人は逮捕されるが、上昇志向が強く、有罪率のアップを狙う担当検事ニック(ジェイミー・フォックス)の独断によって司法取引が行われ、犯人は極刑を免れる。
10年後。本来の罪から逃れ、短い刑期を終えていた犯人が惨殺される。
クライドは自分が殺したことを認め、家族を貶めた司法制度の不備と整備を訴える。
そしてそれが出来なければ、裁判に関わった全ての人間の命はないと殺害を予告するのだった。
クライドは収監されるが、妻子を殺した犯人の弁護士、裁判を担当した判事が次々に暗殺。
ニックは、死にゆく仲間のためにも懸命に食い止めようとするが、共謀者の有無、独房からの凶行の謎さえ解けないでいた。
その間にもクライドの正義の名の下に行われる復讐は続き、フィラデルフィア全体を恐怖へと陥れていく……。
-MovieWalker-

妻子が殺されてその復讐をする主人公って作品は結構あるけど、今回の主人公は殺人鬼のように次々に事件にかかわった人を殺していく。
刑務所から出てる犯人を最初に殺すシーンは残酷すぎて思わず目をそむけたわ。
あとで気がついたんだけど全部映ってたわけじゃなかったんだね(笑)

それにしても司法取引ってよくあるけど、あれはなんなの?
よくわからないなぁ・・・だって、あんなに簡単に釈放されちゃったら、被害者としては怒り心頭だわよね。

この映画のラスト観て、なんかとても理不尽だと正義とは?って考えちゃいましたよ。

主人公のやったことはいけないことだけど、その前に犯罪者を簡単に釈放したことが一番悪いんじゃないの?

ラスト本当に想像していた結末とは違い、思いもよらない終わり方で驚いた~
あぁするしかなかったのかしら?

なんだかなぁ・・・確かに主人公のやったことは許されないんだけど・・・
スポンサーサイト
2016/09/08 Thu. 01:27 | trackback: -- | comment: -- | edit