07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

cinema

「欲望のバージニア」 

「欲望のバージニア」
監督: ジョン・ヒルコート
出演: シャイア・ラブーフ トム・ハーディ ガイ・ピアース ゲイリー・オールドマン

禁酒法時代のアメリカでは、密造酒の製造・販売が横行し、それがギャングがのさばる一因にもなっていた。
とりわけバージニア州のフランクリンは世界で最も密造酒の製造が盛んな地域であった。
1931年、このフランクリンで長男ハワード(ジェイソン・クラーク)、次男フォレスト(トム・ハーディ)、三男ジャック(シャイア・ラブーフ)のボンデュラント3兄弟は名をあげていた。
ハワードも一目置くフォレストは男気に溢れ、手堅く確実な仕事をする。
しかしジャックはギャングと組んで手を広げたいと野心を燃やしていた。
しかし、フォレストがマギーに、ジャックが牧師の娘バーサに恋をしたことから、兄弟に転機が訪れる。
そんな折、新しく着任してきた取締官レイクスが高額な賄賂を要求してくる。
他の者たちが次々とこの要求に屈する中、フォレストはこれを拒否。
そのために陰湿な脅迫が兄弟を襲い、さらに彼らの最愛の者たちまで巻き込むことになる……。
-Movie Walker -

実話らしいけど、禁酒法があったころのマフィアとの構想の話って昔よくドラマで観たね。
この物語はマフィアじゃないけど、密造酒作っている3兄弟とそこへ新しく着任してきた取締官との戦い。
兄弟も違法なわけだけど、取締官の悪人さが半端ない。
ガイ・ピアースが実に憎々しい悪党取締官を演じていて、観ていて不愉快だったわ(笑)
ゲーリー・オールドマンの悪党ぶりが影薄かったわ。

そしてこの3兄弟、末っ子が実に( ´△`)アホやぁ-
イライラしてきた。
まったくな~んも考えてないじゃん、ってくらい後先考えないヤツで、そのくせ目立ちたがり?カッコつけたガリ?

ちょっと正視できないシーンもあってドキドキでした。
まぁ3兄弟無事で生きて良かった良かったってことですね。

「欲望のバージニア」公式サイト
スポンサーサイト
2016/03/13 Sun. 18:14 | trackback: -- | comment: -- | edit