04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

cinema

「フィールド・オブ・ドリームス」 

「Field Of Dreams」
監督: フィル・アルデン・ロビンソン
出演: ケヴィン・コスナー エイミー・マディガン ギャビー・ホフマン

ある春の夕暮れ、アイオワ州のとうもろこし畑で働いていたレイ・キンセラ(ケヴィン・コスナー)は、突然「それを建てれば彼がくる」という幻の声を聞き、畑をつぶして野球場を建てる決心をする。
妻のアニー(エイミー・マディガン)は夫の思いを遂げさせようとレイを温かく見守るが、町の人々の反応は冷やかだった。
1年が過ぎたある日、娘のカリン(ギャビィー・ホフマン)が野球場に19年のワールド・シリーズで八百長試合のかどで球界を追放されたシューレス・ジョー(レイ・リオッタ)が現われるのを発見する。
その日を境に、シューレス・ジョーとともに球界を追放されたシカゴ・ホワイトソックスの8人のメンバーが次々と姿を現わした。
その時レイはまたしても「彼の苦痛を癒せ」という幻の声を聞き、彼は60年代の作家テレンス・マン(ジェームズ・アール・ジョーンズ)を訪ねてシカゴヘ向かう。
そしてフェンウェイ・パークで野球を観戦中、レイとマンは電光掲示板に映ったメッセージを読みとり、今度はムーンライト・グラハムという野球選手を探すことになった。
2人はミネソタ州チゾムに彼を訪ねるが、すでにグラハムは亡く、その夜レイはなぜか60年代のムーンライト・グラハム(バート・ランカスター)と出会った。
しかしその頃アイオワでは、レイの野球場が人手に渡る危機を迎えようとしていた。
アニーからそれを聞いたレイは、マンとともに帰途につくが、道中ひとりの若き野球選手(フランク・ウェイリー)を車に乗せる。
実は彼こそが若き日のグラハム、その人であった。
アイオワに戻ったレイは、野球場売却を勧めるアニーの兄マーク(ティモシー・バスフィールド)と口論するが、その最中カリンがケガをする。
そんなカリンを助けたのが、ドク“ムーンライト”グラハムであった。
そしてその時初めて、マークにもこの土地の持つ夢の大きさを知り、売却を撤回した。
そしてその夢は、限りない未来への希望で包まれてゆく--。

                                          -Movie Walker-


なんというかとても穏やかな時間を感じました。

現実的に見たらそれこそ、土地を売らなければならないほど緊迫している状態で、夫を理解して寄り添う奥さんの懐の深さに感心してしまいました。
私は現実派なのでと~んでもない!と言うでしょうね(笑)
でも、日ごろから男性のいくつになっても持っている少年ぽさとか、夢を追いかける姿とかは嫌いではありません。
自分がそうでないから逆に憧れるのかも・・・・

ラスト親子でキャッチボールをする姿はほのぼのと心温かく、思わずジーンと涙してしまいました。
バート・ランカスターの懐かしいお姿が拝見できてうれしゅうございました(ニッコリ(☆Д☆)
スポンサーサイト
2015/09/25 Fri. 16:08 | trackback: -- | comment: -- | edit