07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

cinema

「遠すぎた橋」 

「遠すぎた橋」
監督: リチャード・アッテンボロー
出演: ショーン・コネリー ダーク・ボガード マイケル・ケイン ジーン・ハックマン アンソニー・ホプキンス
ライアン・オニール ロバート・レッドフォード ローレンス・オリヴィエ

1944年9月5日。
連合軍のノルマンディ上陸作戦から3ヵ月後、ドイツ軍はオランダよりの撤退を開始した。
9月10日、ロンドンのブラウニング中将(ダーク・ボガード)の司令室に、連合軍司令官達が集まった。
オランダのアーンエム付近に、空からのマーケット、陸からのガーデン両作戦を遂行し、ネーデル・ライン河からベルリンへ進撃路を開くための大作戦だ。
マーケット作戦の総司令官ブラウニングは、小説家デュ・モーリアの夫でもあり、大作戦統率経験はない。
アメリカ陸軍准将ギャビン(ライアン・オニール)のアメリカ第82空挺師団は中央高地へ、アーカート少将(ショーン・コネリー)のイギリス第1空挺師団は橋へ、ポーランドのソサボフスキー少将(ジーン・ハックマン)の師団はアーカートと共に作戦を、と命令が下った。
だが、ソサボフスキーは、アーンエムの地形の悪さに難色を示した。
そのころ、ドイツ司令部はビットリッヒ中将(マクシミリアン・シェル)の第2SS機甲軍団に撤退を命じた。
この兵力を偵察したイギリス情報部は、作戦の危険を説いたが、ブラウニングは黙殺する。
一方、ベルギーのレオポルズブールでは、ガーデン作戦総司令官のイギリスのホロックス中将(エドワード・フォックス)が、バンドルール中佐(マイケル・ケイン)の近衛機甲師団に進撃を命じた。
9月17日、快晴の日曜日。
マーケット・ガーデン作戦が決行された。
輸送機の大編隊が空をおおい、ドイツ軍の砲撃の中、パラシュートが無数に花開く。
ベルギーからは大戦車隊が進撃し、待ちうけていたドイツ軍の攻撃を受け、炎に包まれた戦車に行く手をふさがれていた。
ソン橋近くに降下したスタウト大佐(エリオット・グールド)の隊は、ドイツ軍に橋を爆破され、進路をたたれる。
一方、アーカートは、同師団のフロスト中佐(アンソニー・ホプキンス)と連絡をとるべくジープを走らせたが、砲弾の中に孤立。
作戦開始後2日目の19日、第2次輸送隊は濃霧のためイギリス出発不可能。
一方、アイントホーフェンの町にバンドルールとスタウトの部隊が合流した。
そして、少し北ではドーハン軍曹(ジェームズ・カーン)が、瀕死の上司をジープで運んでいた。
暗くなった頃、スタウトは、今はないソン橋の近くに橋を仮設するが、進撃は36時間の遅れだ。
ようやく友軍の攻撃で孤立から脱したアーカートが仮の司令部にたどり着いた時、激戦はまだ続いている。
ホルスト夫人(リヴ・ウルマン)の邸宅はアーンエムの近くで、ここをオランダ人医師スパンダー(ローレンス・オリヴィエ)が野戦病院に用いだした。
膠着状態のアーンエム橋では、ドイツ軍のビットリッヒが、フロストに降伏を勧告するが、フロストは拒否。
かくてドイツ軍の猛攻撃に、フロスト隊は壊滅状態だった。
そのころ、ギャビンの師団はナイメーヘン橋突破のため、クック少佐(R・レッドフォード)にボートで渡河作戦をとらせ、戦車隊は激戦の後、橋を占領。
一方、イギリスではソサボフスキーの隊は霧のため未だ出発できない。
そして、フロスト隊は全滅した。
捕虜と化した彼は、ビットリッヒのさしだすイギリスのチョコレートを黙ってかじる。
ようやく着いたソサボフスキーの隊も、ドイツ軍の攻撃に前進はまったく不可能。
残骸と死体だけの町アーンエム、スパンダーはドイツ軍のルドウィック将軍(ハーディー・クリューガー)に戦闘中止を訴えた。
今や生死の問題なのだ。
負傷兵の交換は始まるが、連合軍の徹底的壊滅をねらうドイツ軍の攻撃は再開する。
ブラウニング、ホロックス、ギャビン、バンドルールら司令官達は、地形やイギリスの霧を呪うが、ソサボフスキーは、男は決断した以上戦い死ぬべきだ、と叫ぶ。
豪雨の中、アーカートは生きる屍と化し、彼らの閉じこもる教会に到着した。
そしてブラウニングは、モンゴメリー元帥の「この作戦は90パーセント成功した」という伝言を持って来た。
そして「我々は遠すぎた橋へ行っただけだ」とも。
9日間の戦闘で、連合軍側の戦死、戦傷、行方不明者は1万7000名以上といわれた。 Movie Walker
スポンサーサイト
2015/07/20 Mon. 00:00 | trackback: -- | comment: -- | edit