07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

cinema

「HERO」 

「HERO」
監督:鈴木雅之

出演:木村拓哉 北川景子 松たか子

ネウストリア大使館の裏通りで、パーティコンパニオンの女性が車にはねられ死亡した。
東京地検城西支部の久利生公平検事(木村拓哉)は、事務官の麻木千佳(北川景子)と共に事故を起こした運転手の取り調べを始めるが、二人の前にかつて久利生の事務官を務めていた雨宮舞子(松たか子)が現れる。
現在、大阪地検難波支部で検事として活躍する雨宮は、広域暴力団が絡んだ恐喝事件を追っており、その重要な証人が今回の被害者女性だった。
これはただの交通事故ではないと感じた久利生と雨宮は合同捜査を開始する。
ネウストリア公国の大使館員から事故当時の状況を聞くため、久利生は大使館に出向き直接交渉を試みるがあっさりと断られてしまう。
実は、大使館には日本の司法がまったく及ばない治外法権があり、それは国際社会における各国の当然の権利であって、正義の名の下にそれを侵すことは外交を崩壊させかねない禁断の行為であった。
諦めきれない久利生はさらにアプローチを重ねるが、当然の事ながら大使館はまったく応じず、やがて事態を重く見た日本の外務官僚・松葉圭介(佐藤浩市)から圧力がかかってくる。
さすがの久利生も大使館という決して侵してはならない絶対領域の前になす術なく、捜査は進展のないまま暗礁に乗り上げてしまう……。

初日観てきました。
先ずは交通事故が起こり、そして大阪地検難波支部の検事となった雨宮からのシーンで懐かしさで胸がジーンとなりました。
交通事故を担当している久利生との再会のシーンは感動ものでした~
以前からいる事務官たちの二人を見る顔や久利生の一見そっけない態度・・・

二人が一緒に組むシーンはやっぱり最高に息があって笑いがあって、二人も楽しそうだし、こちらもなんか嬉しくてねぇ。

たまたま前日テレビで「HERO」の中でのシーンのある、ないをやっていて、元検事だった人たちの話を聞いたりした後だったので、今日はそれを思い出して一々納得しながら観てました。

やっぱり最高に楽しかったです。
話も普通の交通事故が実は・・・で、大使館相手で大変だったけど、やはり久利生は諦めずに向かっていく。
大使がね、いい男でした(・m・ )クス

いつもの並木通りで久利生と雨宮が対峙するんですけどね、なんだかなぁ・・・
お互い素直に気持ち伝えることなく別れるんですよ。
あそこでなんで呼び留めないんだろうって非常にもどかしかったですね。

雨宮が「石垣島」へ行くことになったと伝えた後、久利生が休みを取ったと言うので、てっきり私は石垣島へ行ったと思って(^.^)>(^.^)>\(^_^)/ヤッター!!とバンザイしそうになりましたよ。

ガッカリして終わってしまいました(笑)

ずっとずっとキムタクファンなので、私は大満足でした。

最後に全国16何か所に生放送で舞台あいさつも見れちゃって、もう最高の時間でした。
結構高齢の方も多くて嬉しかったですね。


「HERO」公式サイト
スポンサーサイト
2015/07/18 Sat. 21:00 | trackback: -- | comment: -- | edit