05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

cinema

「フューリー」 

「フューリー」
監督 デヴィッド・エアー
キャスト:ブラッド・ピット シャイア・ラブーフ ローガン・ラーマン マイケル・ペーニャ ジョン・バーンサル
1945年4月、ナチスがはびこるドイツに総攻撃を仕掛ける連合軍に、ウォーダディーというニックネームのアメリカ人兵士(ブラッド・ピット)がいた。カリスマ性のあるベテラン兵士である彼は、自らフューリーと名付けたアメリカ製の中戦車シャーマンM4に3人の兵士と一緒に乗っていた。そんなある日、ウォーダディーの部隊に新兵ノーマン(ローガン・ラーマン)が加わることになり……。
このころアメリカの戦車はドイツの戦車には敵わなかったんですって。
ウォーダディ―(ブラピ)率いる部隊に新兵のノーマンが加わった。
彼はタイピストとしてきたはずなのに、一兵士として戦線に加わることになった。
人も殺したことのない若い兵士にアメリカ兵のコートを着ていたドイツ兵を射殺するように命じる。
かたくなに拒むノーマンの腕をとって無理やり背中から射殺させるシーンは残酷で戦争の恐ろしさを実感させる。
殺さなくてはいけないと言うんだけどね。
でも、見えないところで軍曹は泣いているんだよね、心があるから・・・
十字路を守るべく指令を受けて向かったのが、彼ら5人。
たったの5人。
運悪く地雷を踏んで、戦車のキャタピラーが壊れて立ち往生してしまう。
そこへ300人ものドイツ兵がやってくる。
5人で勝ち目などあるわけないのに、軍曹は「自分は残るからみんなは行け」と命じる。
「ここが俺の家だ」と。
その時、真っ先に「俺も残ります」と言ったのがあのノーマンだった。
そして全員が残って闘うことに・・・

身動きできない戦車をドイツ兵に囲まれて、まさに死闘となる。
もうね、直視なんてできないんですよ、だって生きて帰れるわけないものね。
次々と仲間が倒れ、自らも深手を負った軍曹がノーマンに「生きろ」と言う。

悲しい、切ない。
戦車の下の脱出口から這い出して身を隠していたノーマンに、若いドイツ兵の懐中電灯があたる。
もう助からないと思ったけど、なんとそのドイツ兵は何事もなかったかのように素通りしていく。
(;´▽`) ホッっ良かったぁ~
戦車の中に戻った時、すでに軍曹は息絶えていた。
軍に配属されてきたばかりのときと、ノーマンの顔つきがすっかり変っていた。
まだ頼りなさの残っていた顔から、強い男の顔になっていたのが印象的だった。

いろんな戦争映画観たけど、凄い映画だった。

「フューリー」公式サイト
スポンサーサイト
2015/03/01 Sun. 01:03 | trackback: -- | comment: -- | edit