06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

cinema

「アメリカン・スナイパー」 

「アメリカン・スナイパー」
監督: クリント・イーストウッド

キャスト:ブラッドリー・クーパー シエナ・ミラー  ルーク・グライムス

米海軍特殊部隊ネイビー・シールズに入隊し、イラク戦争に狙撃手として派遣されたクリス(ブラッドリー・クーパー)。その任務は“どんなに過酷な状況でも仲間を必ず守ること”。狙撃精度の高さで多くの仲間を救ったクリスは “レジェンド”の異名を轟かせるまでになる。しかし、敵の間にもその腕前が知れ渡り、“悪魔”と恐れられるようになった彼の首には18万ドルの賞金が掛けられ、彼自身が標的となってしまう。一方、家族はクリスの無事を願い続けていた。家族との平穏な生活と、想像を絶する極限状況の戦地。愛する家族を国に残し、終わりのない戦争は幾度となく彼を戦場に向かわせる。過酷なイラク遠征は4度。度重なる戦地への遠征は、クリスの心を序々に蝕んでゆく……。

爆弾をもった少年を仲間を救うために射殺しなくてはいけない。
なんともやりきれないシーンが続く。

戦争・・・そこから何が生まれる?
どれだけ殺しあったら地球から戦争の文字は消える?

多くの人を射殺し、国では英雄扱いされる主人公。
だけど、彼は心を病んでいく、普通そうなるよね。
まともな人だからそうなるよ。

つい最近のことなんだものね。
狙撃しようとしているところや、撃ち合いが始まろうとしているときに国にいる奥さんから携帯に電話が来て話しているシーンはなんとも不思議な感覚で見てしまった。

戦争って私の中では遠い昔の出来事のような気がしているんだわ。

それが数年前のことなんだものね。

主人公を演じたブラッドリー・クーパーを見た時その変貌ぶりに驚いた!
役作りのためにかなり体重を増やしたそうで、役者さんて大変だ~

ラストに流れる主人公の葬儀のシーンは感動だった。
あんなに多くの人が家に国旗を飾り、沿道では国旗を振り、歩道橋の上からも多くの人がアメリカの英雄を見送った。

まだ若いのに、しかも元海兵隊員という同じ軍人さんによって射殺されるなんて。
しかも病んでいる彼を助けてほしいと言う母親の頼みによって、救おうとしたのに・・

懸賞金までかけられ、あんな激しい戦場で生きて帰ったのに、とても残念でならない。

「クリス・カイルさんらを射殺したとして、殺人罪に問われた元米海兵隊員エディー・レイ・ルース被告(27)の裁判で、米テキサス州の裁判所の陪審員は24日有罪の判決を言い渡した。
ルース被告は終身刑が適用される。」
ニュースより

「アメリカン・スナイパー」公式サイト
スポンサーサイト
2015/02/26 Thu. 03:40 | trackback: -- | comment: -- | edit