07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

cinema

「PARKLAND」 

「PARKLAND」
監督: ピーター・ランデズマン
出演:ザック・エフロン ビリー・ボブ・ソーントン  ポール・ジアマッティ

1963年11月22日、アメリカ大統領ジョン・F・ケネディがジャクリーン夫人とジョンソン副大統領とともにテキサス州ダラスを訪れるということで、街は熱気に包まれていた。
エイブラハム・ザプルーダー(ポール・ジアマッティ)はパレードを撮影しようと、所有する8ミリカメラを携えディーリー・プラザへと向かう。
大統領夫妻を乗せたリンカーン・コンティネンタルが見えてきたそのとき、銃声が鳴り響いた。
凶弾に倒れたケネディ大統領は市内のパークランド病院に搬送され、懸命な救命措置を受けたものの、帰らぬ人となる。突然の悲劇に、街は混乱し、全世界に衝撃が走った。
急遽大統領職を委任されたジョンソン副大統領、警備にあたっていたシークレット・サービス、リー・ハーヴェイ・オズワルド容疑者を別件でマークしていたFBI捜査官、そしてオズワルドの家族は、この事件を境に運命を大きく変えていく。
2日後、リー・ハーヴェイ・オズワルドが銃撃され、奇しくもケネディ大統領と同じくパークランド病院に搬送されてくる……。

「JFK」と違って今回は犯人がどうのこうのではなく、事件の表に出てきていない人たちの姿を追っている。
大統領が銃撃されて担ぎ込まれた「パークランド・メモリアル病院」での必死の治療の様子、最初からあまりにリアルでショックで涙が止まらなくなってしまった。

大統領を救えなかった医師たちの無念な思い・・
過去死者を出すことなく護ってきたシークレットサービス、ダラス支局長の思い・・・
暗殺事件の数日前事務所まで来たオズワルドを逃がしたダラス在住のHBI捜査官の思い・・・
ごくごく真面目に働いてきたのに、大統領が撃たれるシーンをたまたま撮影してしまった一般市民のエイブラハム・ザプルーダーの思い・・・
突然大統領暗殺者の兄になってしまったロバートとその母の思い・・・

すべての人があの事件で深い悲しみを背負っていくことになる。
手術室のことや、大統領の棺が飛行機に乗るところや、オズワルドの葬儀のシーンなんて切なすぎて・・・
それがラストまで悲しすぎて涙が止まることのない93分でした。

今の時代だったら大統領は今の医学で救えただろうかとか、犯人をしっかり探せただろうかとか考えちゃいましたね。

犯人に対してはいろんな説があるみたいですが、これはずっと謎のままなんでしょうかね。
秘密裏にされているものも50年で公開になるとか、でも、この事件に関しては75年になってるとかどこぞで読みましたけど。

暗殺・・・・なんだかなぁ・・・
そんな恐ろしいことのない世の中になってほしいですね。
いや、そうしてほしい人物もいるのですが、悪い奴はなぜか生きてるんですよね(笑)

「PARKLAND」公式サイト
スポンサーサイト
2014/06/28 Sat. 23:33 | trackback: -- | comment: -- | edit