05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

cinema

「ラストミッション」 

「LAST MISSION」
監督: マックG
出演:ケビン・コスナー アンバー・ハード

任務中に倒れ、病院へ運ばれたベテランCIAエージェントのイーサン・レナー(ケヴィン・コスナー)は、医師から余命3ヶ月と告げられる。
残された時間を家族と過ごそうと、彼はパリへ向かうが空白の時間はなかなか埋める事が出来ず、思春期の娘ゾーイ(ヘイリー・スタインフェルド)との溝は深まるばかり。
そんな中、女エージェントのヴィヴィ(アンバー・ハード)が現れ、病に効く試験薬を提供する代わりにある仕事を持ちかけてくる。
それは、凶悪で冷徹なテロリスト抹殺という危険な仕事であった。
イーサンは、これが現役最後の仕事として引き受けるのだが……。

最近では「マン・オブ・スティール」や「エージェント・ライアン」で助演が続いてたけど、やっと主役のケビンが帰ってキタ━━━━━(゜(゜∀(゜∀゜(☆∀―って感じでもうワクワクしてました。

CIAのイーサンは癌に冒され余命3カ月と宣告されて、パリに住む奥さんと娘の元に行くんだけど。
この娘に散々振り回されるイーサン。
ガンガン人を殺したすご腕のエージェントも娘には敵わない。

命を伸ばす薬と引き換えに一度は辞めた仕事を引き受けるんだけれど、悪党を捕まえて拷問しようとすれば娘から携帯に電話がきたり、自分のアパートに戻ったら見知らぬ黒人一家が住みついていて、そこの娘が妊婦だと知ると追い出せなかったり、人がいいというか、とても殺しをしていた人とは思えないそのギャップに何回笑わせてもらったか(笑)

娘の為に命をはって敵と闘うと言えば、リーアム・ニーソンの「96時間」が思い出されるね。
あちらも優しそうなお顔からは想像もつかない強いパパで憧れちゃいましたね。

イーサンも強いんだけど、こと娘や女性に弱いというか・・・
そんな人間臭いイーサンが魅力的でした。

カーチェイスあり、銃撃戦あり、ハラハラドキドキもさせてくれて、さらに笑わせてくれて・・・
長い年月離れ離れになっていた娘と徐々に距離を縮め、心通うところはほっこりしました。
流れる音楽も良かったです。

娘がクラブで数人の男に囲まれ危険な場面から救い出すシーンは「ボディーガード」を思い出して(*ё_ё*)きゅん・・となっちゃいました。

やっぱりケビン・コスナーは素敵ですねぇ。

しばらくケビンに恋煩い・・( ̄▽ ̄)。o 0 ○ ポワアァァァン

「ラストミッション」公式サイト
スポンサーサイト
2014/06/21 Sat. 18:17 | trackback: -- | comment: -- | edit