05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

cinema

「キャプテン・フィリップス」 

「キャプテン・フィリップス」
監督:ポール・グリーングラス
出演:トム・ハンクス バルカド・アブディ バルカド・アブディラーマン

2009年、3月28日。マークス海運に勤務するリチャード・フィリップス(トム・ハンクス)は、オマーンからケニアへ援助物資を運搬する「マークス・アラバマ号」に乗り込んだ。
彼は船長で乗組員は20名。
しかし、航海ルートのソマリア海域で、最近、海賊の活動が激化していることが気がかりだった。
フィリップスは万が一に備え緊急時訓練を行うことに・・
やがてマークス・アラバマ号に近づいてくる2隻のモーターボートに気がついた。

一度はうまく追尾を交わしたものの、翌朝1隻のボートが再び追跡を始め、ついには海賊4人が侵入してきた。
リーダー格のムせは仲間のビラルとフィリップスを連れて、他の乗組員を探し始めた。
機関室に隠れた乗組員がガラス片を床にばらまき、裸足のビラルが大ケガをする。
ほかの乗組員が主甲板の発電機を切って停電させたため、真っ暗になりケガをしたビラルとフィリップスは操縦席に戻り、ムセが一人で機関室を探し始める。
と、隠れていた乗組員がムセの捕獲に成功。
海賊はフィリップスはの提示した条件をのみ、現金3万ドルだけを受け取り、アラバマ号の救命艇でソマリアに向かうことを決意する。
ところが、救命艇が発進する直前に、フィリップスが人質に捕らわれてしまった・・・

これが事実だと言うから驚き。
海賊が乗り込んできてからのシーンは怖くて思わず目を閉じていて、観ることができなかった。
字幕なので目を閉じていると何言ってるのか┓(´_`)┏ オーノ~
とにかく怖かった、怖かった!
実際アラバマ号の人たちはどんなに怖かったでしょうね。

あの海賊の若い子たちは、アメリカに住むソマリア人をオーディションして選んだそうで、全くの素人だと知って驚きました。
凄い迫力で、葉っぱでちょっといっちゃった目つきとか半端なかったですよ。

事件を知った米駆逐艦動き出してから安心して観ることができた。
アメリカ大統領からも救出を急ぐようにと指示が出て、アメリカ海軍特殊部隊ネイビーシールズが出動するころには、もう大船に乗った気分(笑)

それにしてもこれが日本だったらどうなるんだろうとか考えてしまった。

リーダー格のムセがフィリップスに話していた。「おれはアメリカに行きたいんだ」って・・

この事件で彼は唯一生き残りアメリカで裁判にかけられ今服役中だけど、アメリカには行かれたねぇ。。
彼がソマリアに生まれていなかったらと思うと、可愛そうになってしまった。

フィリップスに銃を向けた時「おまえは漁師じゃない!」と言われて怯んだムセ、根っからの悪党じゃなかったんじゃないかと思うのは私の甘さかなぁ

救命艇の残り3人の海賊が射殺されて、助け出されてからのフィリップスの恐怖と安堵の交差する様子を見ていて思わず涙があふれてしまった。
どんなに怖かっただろう・・
本当に怖い思いをするとあんな風になるんだろうな・・

いつも観てるヒーローものなら、バンバン打ちまくって軽く1件落着なんだけど、これは現実の話。
海賊の出没する海原へまったく非武装でってことも危なっかしいなぁと、せめて護衛とかつけないのかね、素人考えだけど。

フィリップス船長は今は船を下りて事務職とか・・心の傷は癒えたのかしら・・・

「キャプテン・フィリップス」公式サイト
スポンサーサイト
2013/11/29 Fri. 23:08 | trackback: -- | comment: -- | edit