04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

cinema

「そして父になる」 

「そして父になる」
監督: 是枝裕和
出演:福山雅治 尾野真千子 リリー・フランキー 真木よう子

エリート社員の野々宮良多は妻と6歳になる息子との3人暮らし。
一流大学を出て、大手建設会社に勤め、都心の高級マンションに暮らしていた。
あるとき突然知らされた息子の取り違え事件・・・
そこから良多の人生は変わっていく。

実の息子は群馬で小さな電気屋を営む斎木雄大と妻のゆかり、全く住む世界が違う相手方。

二つの家族は子どもを苦悩しながらも交流し、やがて「交換」という結論を出すのだが・・・

昔一時期こういう事件話題になったのを覚えています。

果たして自分だったらと、きっと誰もが考えてしまうでしょう。

自分だったら・・・正直わかりません。
体験してみないとわからないですね。

この映画はタイトルの通り、良多という父親が、この事件を通して本当の父親に成長して行く?という姿が主流かな。

いい学校を出て、いい会社に就職してって、私の息子が小学生の頃の親ごさんたちの合言葉のようになってましたね。
その結果きっと良多みたいな人間が育ったのだと思いました。

でも、良多は本当の息子を引き取ってから徐々に変わっていきました。
良多の友人でこの事件を担当した弁護士の言葉が良かったです。
良多に変化が出てきたことを喜んでいました(笑)

息子の行動から自分の過去を思い起こし、彼にも屈折した過去があったわけです。
そして、やっと血の通った父親へと成長して行きました。

人間と言うか、親って子どもによって大人へと成長させてもらっているんだと思いますね。

前日「実録ドキュメントスペシャル ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件」を観た後だったから、特にこみあげてくるものもなく、淡々と観ていました。

「そして父になる」公式サイト
スポンサーサイト
2013/10/12 Sat. 21:59 | trackback: -- | comment: -- | edit