09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

cinema

「終戦のエンペラー」 

「終戦のエンペラー」
監督: ピーター・ウェッバー
出演:マシュー・フォックス トミー・リー・ジョーンズ 初音映莉子 西田敏行 片岡孝太郎

岡本嗣郎のノンフィクション「陛下をお救いなさいまし 河井道とボナー・フェラーズ」が原作の歴史サスペンス

1945年8月30日、連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)の司令官としてダグラス・マッカーサー元帥(トミー・リー・ジョーンズ)が日本に上陸。彼は軍事秘書官で日本通のボナー・フェラーズ准将(マシュー・フォックス)に、太平洋戦争の真の責任者を探し出すという極秘任務を下す。わずか10日間という期限の中、懸命な調査で日本国民ですら知らなかった太平洋戦争にまつわる事実を暴き出していくボナー・・・

一応戦後生まれなんですが、戦争中の話は母が時々するのを聞いたくらい。
父は満州で片足を失くし、片足の指2本を失いましたけど、父から戦争の話を聞いた記憶はありません。
「アリラン」の歌だけは教えてもらったのを覚えています。

今日映画を改めて観て、あの悲惨な状態からよくぞここまでになったものだと思いました。

主役はマシュー・フォックス、彼は「LOST」という海外ドラマで観ていましたが、私はサイード、ソーヤのファンでしたので、あまり興味を持っていませんでした、シツレイ・・
今日はとても好感のもてる准将を演じていました。

マッカーサーを演じたのはもう知る人ぞ知る、トミー・リー・ジョーンズ
お年を召した方でも「コーヒー」のCM長いですからきっとご存じでしょう(笑)

彼はもういっぱい作品に出てますしね、つい最近では「リンカーン」で素晴らしい演技を見せてくれましたね。

日本からも馴染みの役者さんがいっぱい。

この映画のプロデューサーとして日本からお二方参加してます。
奈良橋陽子さんとご子息の野村祐人さん。

「終戦のエンペラー」生んだ奈良橋陽子さん

夏八木勲さんが演じられた宮内次官の関屋貞三郎は奈良橋陽子さんの祖父に当たるそうです。
夏八木さん・・・この映画の試写もご覧になることができなかったそうで・・

陛下のお歌を朗々と詠むシーンは素晴らしかったです。
まだまだ活躍していただきたかった俳優さんです。
本当に残念です・・・・

マッカーサー元帥のことは教科書や諸々で見聞きしていましたが、今回のこの映画を観るまでボナー・フェラーズと言う方を存じ上げませんでした。

ボナー・フェラーズ准将
彼は小泉八雲の愛読者であったそうです、日本人留学生に「ラフカディオ・ハーン」の本を勧められたのがきっかけだそうですが。

映画の中でアヤという恋人が出てきますが、彼女との回想シーンは私は実はとても違和感を感じていました。
「いらないんじゃない?」と・・

映画ですからね、こういう部分も必要なんでしょうかねぇ・・

実際ではこのとき彼には奥さんもお子さんもおられたわけですね。
映画では出てきませんでしたけど、ずっと家族ぐるみで交流の有った小泉家の遺族も探し出して、GHQ本部に小泉八雲の長男一雄を呼び出し再会を果たしたとパンフレットにありました。

彼の日本への愛情の力は大きかったですね。
ありがたかったですね。

そしてラスト、天皇陛下とマッカーサーの対面のシーンは感動でした。
片岡孝太郎さん、なかなか似あっていました(^^♪

あの時最高司令官がマッカーサー元帥でなくて、リクター少将のような人間だったら、今の日本は違っていたでしょうね。
考えると怖いですね。


「終戦のエンペラー」公式サイト
スポンサーサイト
2013/07/27 Sat. 23:32 | trackback: -- | comment: -- | edit