04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

cinema

「フライト」 

「フライト」
監督 ロバート・ゼメキス
出演 デンゼル・ワシントン ドン・チードル  ケリー・ライリー

乗客の命を救ったヒーローとしてマスコミの注目を浴びた機長だが、事故の後はマスコミから身を隠す。
実は機長のウィトカーは、アルコール依存症のうえ、コカインも吸引して飛行機を操縦していたのだ。
彼でなくては墜落していた奇跡の操縦だが、同時に最も危険なパイロットでもあった。
その事実が明らかになれば、彼は英雄ではなく、犯罪者となる可能性もある。
検査で彼の体からアルコールが検出され、周囲からの証言も合わせ、ウィトカーは次第に追いつめられていく。

朝ホテルでこれから飛行機を飛ばすという機長ウィップが、アルコールを飲み、なんとコカインを吸うシーンにはビックリ。
考えられないわ~

そしてコックピットに座ったウィップはいかにもベテランらしく颯爽として、別人のよう。
窮地に陥った時の対応も実に毅然と落ち着いていてカッコいいとさえ思えた。

他のパイロットではできない操縦で、多くの人を救った彼は・・英雄に。

だけど、機内でアナウンスしながら片手でアルコールの小瓶をジュースに混ぜてる姿は顔をしかめたくなった。
信じられない!

事故さえ起らなかったらあのまま彼のアルコール中毒はわからないままだったんだろうね。

退院して自分が英雄から真逆の犯罪者になるかもしれないとわかってからの、ウィップは実に嫌な奴になって行った。

周りの人達を裏切り、傲慢でそのくせ情けないほど嘘つきで、一番嫌いなタイプの男だわ。

役柄だとはいえ、大好きなデンゼル・ワシントンが嫌いになりそうだった(笑)
それだけ上手いってことだけど。

ウィップの長年の友人で麻薬の売人ジョン・グッドマン演じるハーリン・メイスが登場してくるシーンは思わずニンマリ。
バッグに流れる音楽が実にあっていて、ジョン・グッドマン好きだなぁ~。

公聴会のシーンは迫力あった。

ラスト、ウリップがエレン・ブロックの「あなたはどう思いますか」の問いに、彼の心の迷い、焦りなどが手に汗握る思いだった。

どう答えるんだろう。
英雄でいるのか、犯罪者になるのか・・・・

彼の出した答えは・・・

やっとまともな人になったんだねぇ。
あれだけ拒絶されてた息子と幸せそうにむきあうウリップの顔が印象的だった。
良かった~

やはりデンゼル・ワシントンは素敵だわ。

「フライト」公式サイト
スポンサーサイト
2013/03/01 Fri. 23:54 | trackback: -- | comment: -- | edit