05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

cinema

「ARGO」 

「ARGO」
監督 ベン・アフレック
出演 ベン・アフレック アラン・アーキン ジョン・グッドマン

1979年11月4日、イランの過激派がアメリカ大使館を占拠する。混乱の中6人が脱出しカナダ大使の私邸に逃げ込むが、残った52人の大使館員は人質となる。
イラン側は、癌の治療のために渡米した前国王パーレビの引き渡しを要求する。
大使館員の写真つき名簿は襲撃前にシュレッダーにかけていたが、名簿が復元されれば脱出者がばれ、捕まれば処刑される。
国務省はCIAに応援を要請し、人質奪還のプロ、トニー・メンデス(ベン・アフレック)が呼ばれる。
トニーは、6人をニセ映画のロケハンに来たカナダの映画クルーに仕立て上げて出国させるという作戦を閃く。
トニーの知人で特殊メイクの第一人者、ジョン・チェンバース(ジョン・グッドマン)は協力を快諾する。
チームに参加した大物プロデューサーのレスター(アラン・アーキン)は、自宅で山積みになっているボツ脚本から、イランでの撮影に相応しいSFアドベンチャー『アルゴ』を選び出す。事務所を立ち上げ、大々的な記者発表を開き、本物さながらのプロジェクトが始まる。
一方、イランでは200人以上の民兵が空港を監視していた。
1980年1月25日、プロデューサー補に扮したトニーはイランへと向かい、文化・イスラム指導省で撮影許可を申請した後、カナダ大使邸に入る。
6人は計画に反発するが、それぞれの役柄を暗記する。
翌日、ロケハンを許可した指導省が、バザールで担当者と面会するよう要求してくる。
トニーは怖気づく大使館員を説得して連れ出し、何とか乗り切る。
しかし翌日、トニーの上司オドネル(ブライアン・クランストン)から緊急電話で、計画の中止が告げられる。軍による人質奪還作戦が決定したのだ。
航空券は取り消され、ハリウッドの事務所は閉鎖される。
トニーは6人に黙ったままホテルに帰る。
翌朝、トニーは電話で、6人を出国させると上司に宣言する。
しかし作戦の復活には、カーター大統領の承認が必要だった。
一方、大使館名簿の復元もあと数分に迫っていた……。


1979年といえば、私は子育て真っ最中で翌年3人目を出産している。
この衝撃的な出来事は遠く記憶にある程度で、あまり詳しくは知らなかった。
まして、真実はこんなすごい救出作戦があったなんて。

とにかく最初から緊迫感あふれるシーンの連続で、最後まで時間との戦いだったような。
ハラハラドキドキ怖かった。

群集心理って本当に怖いねぇ。
ためらいもなく処刑とかしちゃうんだものね。
最近のどこぞの国の暴徒化した出来事もそうだけど、なんだろうねぇ・・人としての心とか常識とか諸々が失われてしまうんだろうか。
理解不能だわ。

でも、楽しいシーンもあったのはちょっと息抜きできたかな。

緊張の連続では疲れ果ててしまう(笑)

ハリウッドでのシーン、特にレスター・シーゲル(アラン・アーキン)とジョン・チェンバース(ジョン・グッドマン)の二人は良かったですね~
御当人たち楽しんでいたみたい(笑)

そして、ラストの空港から飛行機に乗るまではもう手に汗握る緊張感でしたね。
心で「早く早く」と急かしていました。

この出来事が実話なんですから、凄いですねぇ。

で、当時のカーター大統領はこの出来事を秘密裏とし、18年たって当時のクリントン大統領によって機密扱いを解除された。
こういうことって本当にあるんですねぇ。

もともとはジョージ・クルーニとグラント・ヘスロブの制作会社が映画企画を温めていて、ベンがやらせてほしいと連絡をしたそうだ。
だから製作にはお二方が名を連ねています。

それにしてもベン・アフレックはいい映画作りますね。
初めて彼の作品を観たのが、監督として2作目の「ザ・タウン」でした。
そしてつい最近彼の初監督をした「ゴーン・ベイビー・ゴーン」を観たけど、実に考えさせられる映画でした。
まだ若いのに、素晴らしいです。

エンドロールで映画の中のシーンと実際のシーンが並んで映されるけどどれも本物と全く同じ。
処刑された人が町に吊るされているんだから驚きだよね。
そして、映画クルーのふりをして脱出した6人のキャストと実物の写真も驚くほどよく似ている。
映画が終わってもすぐに席を立たないでくださいね(笑)

「ARGO」公式サイト
スポンサーサイト
2012/10/31 Wed. 22:39 | trackback: -- | comment: -- | edit