10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

cinema

「ロック・オブ・エイジズ」 

「ロック・オブ・エイジズ」
監督 アダム・シャンクマン
出演 ジュリアン・ハフ デイエゴ・ボネータ ポール・ジアマッティ トム・クルーズ

1987年のロサンゼルス。
成功を夢見てやってきたシェリーは、ロックの殿堂“バーボンルーム”で働く青年ドリューと知り合う。
バーボンルームは、今やビッグネームとなったロックバンド「アーセナル」を輩出したライブハウスで、ドリューもロックシンガーを目指していた。
やがて2人は恋仲になる。
ある日、アーセナルの解散ライブがバーボンルームで行われる事になった。
ドリューのバンドが前座に抜擢され、成功を収めるのだが…。

ストーリーはよくあるお話。
ロックスターを目指している青年とシンガーを目指してオクラホマから出てきた女の子。

そして人気に陰りが見えてきた”ロックの神”と呼ばれたスーパースター。

ジュリアン・ハフは「バーレスク」で映画デビューなんだって。もう一度「バーレスク」観てみよう。
劇中「バーレスク」を思い出させるようなシーンもあった。

アレック・ボールドウィンは私的には嫌な男なんだけど(笑)今回はなんとも味のあるオーナー。
キャサリン・ゼタ=ジョーンズのダンスが笑えた~
あの美しい今までのイメージから違いすぎて。

驚いたのはトム・クルーズが歌が上手かったこと。
彼が歌ってるシーンは「トップ・ガン」でしか観たことないけれど、今回の役が決まってからロン・アンダーソンについてボイス・トレーニングを受けたんですって。
とんでもない(ロッカーってあんなんなんだ?)ロッカーだけど、完全になりきってましたね。

とにかく若い二人を囲む大物俳優さんたちが思い切りはじけて楽しかった。

音楽ってやっぱり凄い。
やっぱり体がムズムズ・・・楽しめました♪

「ロック・オブ・エイジズ」公式サイト
スポンサーサイト
2012/09/25 Tue. 23:45 | trackback: -- | comment: -- | edit