04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

cinema

「幸せへのキセキ」 

「幸せへのキセキ」
監督 キャメロン・クロウ
出演 マット・デイモン スカーレット・ヨハンソン トーマス・ヘイデン・チャーチ

イギリスのコラムニストであるベンジャミン・ミー(マット・デイモン)は、半年前に妻を亡くし、14歳の息子と7歳になる娘とともにその悲しみから立ち直れないでいた。
悲しみからベンジャミンは仕事を辞め、息子は学校で問題を起こし退学処分になってしまう。
ベンジャミンは心機一転、新天地での再スタートを望み、郊外に家を購入。
その家は、閉鎖中の動物園付きだった。
動物園を再建すべく取り組むベンジャミンだが、素人ゆえわからないことだらけでトラブルが続き、かさんでいく修理費や薬代に頭を抱える。
しかし飼育員たちや動物園を心待ちにしている地域住民、思いもよらぬ亡き妻からのプレゼントに支えられ、妻とのある約束を果たそうとする――。

実話を元にした物語だっていうけど、スケールが違いすぎる(笑)
動物園を買っちゃうんだから・・・すごい!

見始めてから終わるまで、なんだろう?
すごく幸せで、胸が躍るような映画でした。
もしかして、こういう気持ちになった映画は初めてかもしれない。

劇中何回もあちこちでクスクスと笑いをこらえる声が・・
動物たちとのふれあいシーンは、時に驚き、時に笑いありで、心から楽しめました。

ちょっとふっくらしたマッド・デイモンが素敵だった。
なかなか心通じ合わない反抗期の息子を演じたコリン・フォード君はどこかで見たことあるなぁて思ったら、
TVドラマ「SUPERNATURAL」でサムの若い時を演じた子だって。
どうも見たことあるわけだわ。

娘ロージーを演じたマギー・エリザベスちゃんが、とても笑顔が愛くるしくて、小さいけどなかなか機転のきくロージーを見事に演じていました。

父と息子の激しいぶつかりあいには胸が痛みました。
二人の気持ちがわかるから・・

でも、わかりあえてよかった。

父が息子に「20秒恥をかくだけで、すべてうまくいくことがある。20秒の勇気を持て」という言葉が心に響きました。

観終わって本当にやさしい気持ちになっている自分に驚きました。
そして、自分も20秒の勇気を持とうと思ったのでした。

「幸せへのキセキ」 公式サイト


幸せへのキセキ―動物園を買った家族の物語幸せへのキセキ―動物園を買った家族の物語
(2012/06/01)
ベンジャミン・ミー

商品詳細を見る
スポンサーサイト
2012/06/13 Wed. 21:57 | trackback: -- | comment: -- | edit