05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

cinema

「KILLER ERITE」 

KILLER ELITE「」
監督 ゲイリー・マッケンドリー
出演 ジェイソン・ステイサム  クライヴ・オーウェン ロバート・デ・ニーロ

原作は、イギリス軍とSASで兵士をしていたラヌルフ・ファインズが、自身の体験をもとに書き上げた長編小説。
フェザー・メン(SAS出身者で結成した秘密組織)の実態を白日のもとにさらし、物議を醸した問題作。

1980年、メキシコ。極秘ミッションに駆り出された殺し屋のダニー(ジェイソン・ステイサム)は、師匠でもあり良き相棒でもあるハンター(ロバート・デ・ニーロ)とともに、いつものように厳重な警戒を潜り抜け、リムジン内の標的を暗殺。
しかし、同乗していた目撃者である10歳の少年に向かって引き金を引くことがどうしてもできなかった。
自身の限界を悟ったダニーは、危険な稼業から足を洗う。1年後、オーストラリアの農場で恋人と静かに暮らしていたダニーの元に、ハンターのポラロイド写真が届く。
ハンターは“SASの精鋭を事故に見せかけて殺せ”という危険な仕事に失敗し、捕虜となっていた。
ダニーはやむを得ず、ハンターが遂行するはずだったこの不可能なミッションを継ぐため、仲間たちを招集。
だが、元SASの隊員スパイク(クライヴ・オーウェン)は彼らの不穏な動きを敏感に察知していた。
その背後には“フェザー・メン”と呼ばれる謎の組織の存在があり、ダニーへの包囲網は確実に狭まっていく。
そして、影で暗躍する謎の“エージェント”の存在。
敵の予期せぬ奇襲。
徐々に動きが制限される困難な状況下、ダニーは決死の行動に出るが、その先には予想もしなかった事実が存在していた……。

いつもは初めはついうとうとすることが多いんだけど、今回は初めから激しい展開で眠気も吹っ飛びました。

ジェイソン・ステイサムは本当にカッコいいねぇ。
敵役がクライヴ・オーウェンなのが私は困ってしまったけれど(笑)

ロバート・デニーロは相変わらず渋いです。
でも、お歳のせいか激しいアクションはステイサムにお任せ。
ステイサムとオーウェンの激しいアクションは見ごたえありました。

それにしても、ステイサムの肉体、凄いです。
時折彼女を思い出すシーンは強い男のイメージから一変して、物悲しさを感じさせました。
一度は足を洗ったんですものねぇ。

そして、デイヴィス役の俳優さん、見たことあるけど誰だったかなぁ・・とずっと考えていて、パンフレット見てドラマ「プリズン・ブレイク」のマイケルのお兄ちゃんでした。

これが実話をもとにですから、私みたいな凡人には想像もつかない世界です。
怖いですねぇ・・・

でも、アクション映画はやっぱり大好きです。

「KILLER ELITE」公式サイト
スポンサーサイト
2012/05/16 Wed. 21:01 | trackback: -- | comment: -- | edit