09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

cinema

「ザ・タウン」 

ザ・タウン
監督 ベン・アフレック
出演 ベン・アフレック 、ジョン・ハム、 ジェレミー・レナー
広大なアメリカのどこよりも強盗が多発する街。
それが、ボストンの北東部に位置するチャールズタウン。
そこに暮らす者たちは、愛と憎しみを込めて、その街を“タウン”と呼んでいた。
タグ(ベン・アフレック)は、強盗を親から子へと家業のように引き継がれてゆくこの街から抜け出そうとしていた。
しかし、その思いとは裏腹に、今では強盗一味のリーダーに収まり、狭い街角で家族のように血と骨を分け合って育った3人の仲間たちと、ひとつの証拠も残さない完全犯罪に命を張っていた。
その日も綿密な計画に従って銀行を襲撃。
だが、逃走するまでの間、予定外の人質を取る羽目になる。
人質となった支店長のクレア(レベッカ・ホール)がタウンの住民だと知ったダグは、何を見たのかを確認するため、正体を隠して彼女に近づく。
決して交わるはずのなかった2人の出会いは、やがてタウンの人々の運命をも変えてゆく。
激しい恋に落ちたクレアとの新しい人生を願うダグ。
だが、FBI捜査官フローリー(ジョン・ハム)は執拗な追求で一味を追いつめる。
一方、タウンを出ていこうとするダグを許さない仲間のジェム(ジェレミー・レナー)。
そして、クレアに忍び寄る裏社会の掟。仲間を裏切るか、愛という名の希望を失うのか……。
ダグは大リーグスタジアムの襲撃という最も危険な最後の仕事へと向かう。
人は生まれ持った宿命から逃れ、人生を変えることが出来るのか……?

冒頭から銀行襲撃のシーンで始まり、そのスタイルがびっくり。。
そのたびに変装するんだけど、シスターが機関銃構えてるスタイルは不気味だった。

幼いころからの仲間とか特に地域のつながりって、今の日本では考えられないけど、堅いものなのね。
この町は特別かもしれないけど、裏に一帯を牛耳ってる花屋のおじいさんがいて、抜け出したくても抜けられない。

テレビ「マッドメン」を数回観ただけだけど、ジョン・ハムのFBI捜査官に興味があった。
こっちが本来正義なんだけど、ベン・アフレック扮するタグの見方をしたくなったわ。

ジェレミナ・レナーがまたこういう危ない役がはまるよねぇ~
とっても仲間思いなんだけど、プッツンしちゃうと危ない。
ジェムの最期は悲しかったね。

そして、タグにはなんとか逃げ延びてと、ハラハラしながら観てました。
うまく追跡かわした時はヤッター!って思ってしまった。
ラストシーンは良かった~クレアの笑顔が素敵だった。

とても真面目な映画だと思います。
スポンサーサイト
2011/02/23 Wed. 22:42 | trackback: -- | comment: -- | edit