03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

cinema

「HEREAFTER」 

「HEREAFTER」
監督 クリント・イーストウッド
出演 マット・デイモン、セシル・ド・フランス、フランキー・マクラレン、ジョージ・マクラレン
パリで活躍するジャーナリストのマリー(セシル・ドゥ・フランス)は、恋人と一緒に休暇で訪れていた東南アジアで、津波に遭遇。
波に飲まれて生死の境を彷徨ったものの、何とか一命を取り留める。
だが、帰国した後も、呼吸が停止した時に見た不思議なビジョンを忘れることができず、仕事が手につかなくなってしまう。
しばらく休暇を取ることになったマリーは、自分が見たビジョンが何だったのかを突き止めようと、調査を開始する……。
一方、サンフランシスコでは、かつて霊能者として活躍したものの、死者との対話に疲れきったジョージ(マット・デイモン)が、過去を隠して工場で働いていた。
彼は、人生を変えようと通い始めた料理教室で知り合ったメラニー(ブライス・ダラス・ハワード)に好意を寄せるが、自分の能力が原因で、彼女は彼の前から去ってゆく……。
そして、ロンドン。
母親と双子の兄と一緒に暮らすマーカス(ジョージ・マクラレン/フランキー・マクラレン)は、突然の交通事故で兄を亡くす。
母と別れ、里親に預けられたマーカスは、もう一度兄と話したいと霊能者を訪ね歩くものの、本物の霊能力者には出会えない。
だがある日、彼は、ジョージの古いウェブサイトに行き当たる……。
調査の成果を本に書き上げ、ブックフェアに参加するマリー。
すべてから逃げ出して大好きなディケンズの博物館を訪ねるジョージ。
二人の行き先はマーカスが暮らすロンドン。
3人の人生が交錯し、何かが起きようとしていた……。

誰でも、一度は考えたことがあると思う、死んだらどうなるのか?
どこへ行くのか?

小さいころ留守番をしながら、また夜寝るとき考えたものだった。
「今こうして考えてる頭、心、言葉とかはどうなるんだろう」って。
そしてあっちの世界は見た事はないけれど、一歩間違ったらあっちへ行ってたという思いをしたこともあるし、
全身麻酔をしているときに、真っ暗やみの中を必死で逃げていて目が覚めたこともある。

この映画は今まで観てきたイーストウッドの映画とちょっと違う。

まったく違う国に住む3人が、やがて一つの場所で繋がって、こういうのって引き会わせられたんだろうか。
双子の弟はジョージから兄の声を聞いて、しっかり受け止めて、母親と再会した。
そしてマリーと待ち合わせをしたジョージは、彼女の手を取った時、今までのような衝撃がこなかった。
彼はやっと自らが言っていた呪われた能力から解放されたのだろうか。

このラストはほのぼのとした気持ちになった。

印象に残っているのが、ジョージが霊能力で双子の兄の声を聞いていて、「彼はもう行ってしまう」と告げた時、
弟に「どこへ行っちゃうの?」と聞かれた。
その時の答えが「それは分からない」って、これってこの人が本物だって思ったわ。
金儲けの偽霊能者だったら、もっともらしく別の答えをするでしょうね。

人はそれぞれ孤独や、悩みや、心の傷を持っているものだけど、最終的に救われるのは、それらを克服した時、
すべてを受け入れてそこから抜け出した時、強く生きていかれるんでしょうね。
だって命ある限り生きていかなくてはならないのだから。
そして誰にも確実に死はくるのだから。

「HEREAFTER」公式サイト
スポンサーサイト
2011/02/23 Wed. 22:39 | trackback: -- | comment: -- | edit