06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

cinema

「RED」 

「RED」
監督 ロベルト・シュヴェンケ
出演 ブルース・ウィリス、 モーガン・フリーマン、ジョン・マルコヴィッチ、ヘレン・ミレン

フランク(ブルース・ウィリス)は、かつて腕利きのCIAエージェントだったが、今は引退、田舎町で一人穏やかに暮らしている。
そんな彼の唯一の楽しみは、役所に勤めるOLサラ(メアリー=ルイーズ・パーカー)と電話でおしゃべりをすることだった。
ある夜更け、フランクは家の中に3人の侵入者を察知。
最新銃火器で武装したコマンドを一人ずつ倒した彼は、さらに家の外から容赦ない銃弾を浴びせかけてきた敵もあっさり葬り去り、サラの家へと車を走らせた。
フランクは、自分はついさっき暗殺されかけ、政府監視下にあって電話も盗聴されていたので救いに来た、とサラに話すが彼女は信じない。
だが二人が言い争う中、アパート前に新たな暗殺者たちが現れる。
フランクはその目を逃れ、裏口から抜け出て嫌がるサラを車に押し込んだ。
モーテルのベッドにサラを縛りつけて、フランクはかつての上司、ジョー(モーガン・フリーマン)が住む老人介護施設を訪れる。ジョーは80歳を過ぎ、末期の肝臓がんを患っていた。
CIAの知人に裏から手を廻したジョーは、フランクの襲撃者たちの指紋から身元を調べさせ、同じグループがつい最近NYタイムズ紙の女性記者を密殺した疑いがあることを知る。
一方、モーテルでは、若きCIAエージェントのクーパー(カール・アーバン)が、上司ウィルクス(レベッカ・ピジョン)の密命を受け、サラを連れ去ろうとしていた。
ちょうど戻ってきたフランクは、サラを奪い返し、銃撃戦とカーチェイスを繰り広げた末、その場から脱出する。
殺されたNYタイムズ記者の実家を訪ねた二人は、彼女が母親に宛てた一枚の絵はがきを見せられる。
フランクはそこに記された暗号を解き、コロンビア大学の膨大な蔵書の中の一冊から一枚のメモを発見。
それはフランク他9人の名が記された暗殺リストだった。
二人はリストに名前があったフランクのかつての同僚かつ宿敵、マーヴィン(ジョン・マルコヴィッチ)を訪ね,リストの名前の謎を解くが……。

ブルースやマルコビッチがジジイと言われる歳になったんだってしみじみ月日の流れを感じちゃいました。

でも、元CIAだった彼らが、現CIAに命を狙われ、仲間が集まって立ち向かっていくのは、実にかっこよかった。
「ジジイは引っ込んでな!」と言われたマーヴィン(マルコビッチ)が真っ向から勝負して「誰がジジイだ!」っていうシーンには思わず拍手したくなった。
とにかくマルコビッチのイカレ具合が最高(笑)
モーガンフリーマンの出番が少なかったのは残念だったなぁ。
癌宣告をされて余命少ないし、一番仲間内で高齢だからあの役目は自分しかいないって思ったんだろうけど、悲しいよね。

そしてヘレン・ミレンが「殺しが得意なの」と言ってのける、バンバン、ガンガン打ちまくる、カッコよかった~
今までにない役柄凄く楽しんでるみたいだった。

一番驚いたのが、アーネスト・ボーグナインが出ていたこと。
彼は94歳になるそうです。
久しく見てなかったので、すでにいないのかと・・失礼しました。
やはり彼の作品で思い出すのは「ポセイドン・アドベンチャー」ですね。
すごく昔観ました。
当時の俳優さんたちってほとんどいらっしゃらないのでは?
あの黒い眉と大きな黒い目が印象的だったけど、とても素敵なおじいさまになっておりました。

とても楽しめる映画でした。

「RED」公式サイト
スポンサーサイト
2011/02/02 Wed. 17:48 | trackback: -- | comment: -- | edit