07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

cinema

「13人の刺客」 

「13人の刺客」
監督;三池崇史
出演:役所広司、松形弘樹、稲垣吾郎

将軍の腹違いの弟という立場に甘んじ、悪行の限りを尽くす明石藩主・松平斉韶(なりつぐ)。
幕府の老中は、この暴君が国の要職に就く前にひそかに闇に葬るよう、御目付役・島田新左衛門に密命を下す。
斉韶の凶行の数々を知った新左衛門は、命がけで大義を果たすことを決意。
信頼が置けて腕の立つ刺客を集め、斉韶が参勤交代で江戸から明石へ帰国する道中を狙うことに。
わずかな手勢で300人を超える軍勢を迎え討つため、新左衛門たちは落合宿を買収。
大掛かりな罠を仕掛け、斉韶ら明石藩の一行を待ち受けるが…!?

いきなり門前での切腹シーンから始まり、度肝を抜かれた。
さらに暴君の残忍なふるまいの数々、胸糞が悪くなるほどだった。
この映画では吾郎ちゃんが嫌いになったわ(笑)

暴君を暗殺するべく集まった13人が個性的で、初めのころはクスクスとあちこちから笑いが起こっていた。

参勤交代の帰路で落合宿を丸ごと買い取り、暴君を迎え撃つ13人の刺客。
色々な仕掛けで、楽しませてくれた。
でも、「斬って斬って斬りまくれ!」と13人が屋根から降りて、戦っていくシーンは怖くてほとんど薄眼で観ていた。
なにしろ300人以上を相手に13人で戦うのだから。
様々な仕掛けで100人ほどにはしたものの、次から次へと相手はかかってくる。
それは観ていられないって。

とうとう斉韶を追い詰めるが・・
かつて同門であった、島田と鬼頭の一騎打ち。
主君の命を守ることが務めという鬼頭。
こんなできそこないの君主なのに・・・それも切ないねぇ。
何十年と暴君に仕え命を張って守ろうとして果てた鬼頭の首さえ蹴り飛ばす暴君。
本当に憎々しいったらありゃしない。

そして島田に腹を突かれ、「痛いよ、痛いよ」とのたうちまわる姿の哀れなこと。
「島田とやら礼を言うぞ。生きてきた中で今日が一番楽しかった」と最期の言葉・・
なんだかねぇ・・憎らしかったんだけど、最期は哀れで、生まれてきたところが違ったこうはならなかったんだろうなぁって。

それにしても、侍とは・・
それぞれが、死に場所を見つけたと、喜んで命を張って散って逝った。

非常に疲れた長い闘いのシーン。
怖くてしっかり観ることができなかったけど、後味は悪くなかった。

「13人の刺客」公式サイト
スポンサーサイト
2010/10/04 Mon. 23:40 | trackback: -- | comment: -- | edit