09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

cinema

「インビクタス」 

「インビクタス」
監督・製作 : クリント・イーストウッド

出演 : モーガン・フリーマン 、 マット・デイモン

1994年、南アフリカ共和国初の黒人大統領に就任したネルソン・マンデラだが、新生国家の船出には多くの問題があった。ある日、ラグビー南ア代表の試合を観戦したマンデラの頭の中で何かが閃いた。南アではラグビーは白人が愛好するスポーツで、黒人にとってはアパルトヘイトの象徴。しかし、1年後に南アで開催されるラグビーのワールドカップで南アのチームが勝てば、それが人種間の和解につながるかもしれない…と。

感動した!!その一言。
ネルソン・マンデラの言葉が心に響き、言いようのない感情に揺さぶられた映画だった。
27年もの長い獄中生活にありながら、大統領就任式には看守達を招待したという。
黒人の大統領就任で、白人の職員達が荷物をまとめていると「過去は過去だ。皆さんの力が必要だ。我々が努力すれば、我が国は世界を導く光となるだろy」と語りかけ。
黒人で固められていた警護班に白人を追加配属して、反発する責任者に「赦しが魂を自由にする」と諭す。
弱体化しているラグビーのチームにたいして、チーム名とユニフォーム、エンブレムを変えようとする国家スポーツ評議会に対して「今は卑屈な復讐を果たす時ではない」と説得する。
マンデラと言う人の言葉はすごい力を持っている。
最初から最後まで静かにだけれど、激しく胸を打たれっぱなしで涙腺も緩みっぱなしだった。

ラグビーはまったくわからないけれど、ワールドカップ決勝戦のシーンでは思わず力が入り、一観衆となって応援してしまった。
そのラグビーの試合を通して、黒人も白人も関係なく勝利を喜び合うシーンは感動!!

これがすべて実話であるということの凄さ。
マンデラは自分の給料が高いと3分の1を寄付した。
どこぞのお偉いさんに聞かせたいわ。
マンデラが望んでモーガン・フリーマンがマンデラを演じ、モーガン・フリーマンが脚本をクリント・イーストウッドに「読んでください」と送り「やりたい」と返事が来て、この映画が作られたそうだ。
心の底からいい映画を観れたと思った。

それにしても、優れた指導者を持たない国の民は不幸だ・・

-------------------------------------

「インビクタス」
 ウィリアム・アーネスト・ヘンリー

私を覆う漆黒の夜
鉄格子にひそむ奈落の闇
どんな神であれ感謝する
我が負けざる魂<インビクタス>に

無残な状況においてさえ
私は ひるみも叫びもしなかった
運命に打ちのめされ
血を流そうと 決して頭は垂れまい

激しい怒りと涙の彼方には
恐ろしい死だけが迫る
だが 長きにわたる脅しを受けてなお
私は何ひとつ恐れはしない

門が いかに狭かろうと
いかなる罰に苦しめられようと
私は我が運命の支配者
我が魂の指揮官なのだ

--------------------------------------

「インビクタス」公式サイト
スポンサーサイト
2010/02/10 Wed. 20:27 | trackback: -- | comment: -- | edit