10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

cinema

「ベンジャミン・バトン」 

「ベンジャミン・バトン」
監督: デビッド・フィンチャー
出演:ブラッド・ピット ケイト・ブランシェット ティルダ・スウィントン

80代の男性として誕生し、そこから徐々に若返っていく運命のもとに生まれた男ベンジャミン・バトン(ブラッド・ピット)。時間の流れを止められず、誰とも違う数奇な人生を歩まなくてはならない彼は、愛する人との出会いと別れを経験し、人生の喜びや死の悲しみを知りながら、時間を刻んでいくが……。

DVDを買ってからしばらく見てなかった。

80歳の肉体を持って生まれた赤ちゃん・・あり得ないことだけど、年を取ると人間は子供に返るって言いますよね。
毎年来る誕生日が年毎にイヤになって、年を一つずつ捨てて若くなっていくんだなんて言ってたけど、まさにこんな感じかしら。

愛する人は普通に年を重ね、自分は外見だけは若くなっていく。
二人に子どもができた時、子ども二人の面倒は見れないからと、デイジーに負担をかけたくないと、家を出て行ったベンジャミン。
老人と暮らしていても介護はするのにね。
考えたら頭が変になりそうだけど、見てくれだけの問題で中身は年相応に老いていくのだから、同じことだと思うけど、やはり身を引かざるを得ないのかなぁ・・
女として考えたら、自分は見てくれはシワだらけのおばあさんになっていくのに、彼はドンドン若くなっていく。これも複雑だわねぇ・・

警察から保護されたベンジャミンがすっかり子どもになって、でも中身は老人だから認知症になっていく姿は切ないわ。
よくある光景だけど、それが見かけは子どもだってところがね・・
最後赤ちゃんになってデイジーに抱かれて息を引き取る。
ある意味幸せだなぁ・・って思った。
だって好きな人に抱かれて最期を迎えられるんだもの、単純すぎるかしら。

誰もが老いていく、自分もだけど、肉体的にも不安だらけになるし、自分に置き換えて観てました。
年をとっていくってどんな形であれ、残酷でもありますね。
老人といるとしみじみ思います。

ブラッド・ピットが若くなっていった時、本当に惚れ惚れするほど素敵だった。

デイジー役のケイト・ブランシェットとエリザベス役のティルダ・スウィントンがどうしても区別がつきません(d~_~;)
そっくりだもの・・ベンジャミンはエリザベスにデイジーを重ねて見ていたんでしょうね。


「ベンジャミン・バトン」公式サイト
スポンサーサイト
2009/12/02 Wed. 23:19 | trackback: -- | comment: -- | edit