FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

cinema

「15ミニッツ」2001年 

「15ミニッツ」

監督: ジョン・ハーツフェルド
出演: ロバート・デ・ニーロ エドワード・バーン ケルシー・グラマー

殺人課のエディ・フレミング(ロバート・デ・ニーロ)は、ニューヨークで知らない者はまずいない有名刑事。
ニュース番組『トップ・ストーリー』のアンカーマン、ロバート・ホーキンス(ケルシー・グラマー)などは、彼の人気を利用して視聴率を稼いできたほどだ。
そんなある時、チェコ人エミル(カレル・ローデン)とロシア人ウルグ(オレッグ・タクタロフ)の2人組による、アメリカのメディアと法律に挑戦するような殺人事件が起こる。
彼らは、自分たちの殺人を目撃した女ダフネ(ヴェラ・ファミーガ)を探していた。
エディは、捜査に同行したいという消防局の若手放火捜査員ジョーディ(エドワード・バーンズ)と共に、ダフネをかくまいつつ、2人組を追いはじめる。
しかしエディは彼らに捕らえられ、殺されてしまった。
そしてロバートは、エディが殺害される現場をとらえたビデオを犯人たちから買い取り、自分のテレビ番組で放送してしまう。
やがてエミルの方は逮捕されたが、予定どおり精神異常を主張して罪を逃れようとしていた。
苛立つジョーディ。
だがそんな時、逃亡していたウルグが公の場に現われ、エミルが精神異常を装おうとする発言を収めたビデオがあることを告げる。
裏切りに憤ったエミルはウルグを射殺するが、そんなエミルをジョーディは怒りを込めて射殺するのだった。
-moviewalker-


スポンサーサイト
2017/12/27 Wed. 17:33 | trackback: -- | comment: -- | edit

「カジノ」1996年 

「カジノ」
監督: マーティン・スコセッシ
出演: ロバート・デ・ニーロ シャロン・ストーン ジョー・ペシ
1970年代。全米で唯一賭博が合法な街ラスベガスはギャングに支配されていた。ベガス一のカジノ「タンジール」を仕切る"エース"ことサム・ロススティーンはプロのギャンブラー。かつてはシカゴで不法賭博で稼いでいたが、警察に追われ、賭博が許されるベガスにやってきて生活が一変。ただのノミ屋から、ロススティーン氏と呼ばれるほどにまでなった。

エースにとってギャンブルは仕事。確固たる情報を掴み理論的に賭け、ツキなどは一切信じない性格。そのため、次第にギャングから一目置かれるようになる。彼の助言に従えば確実に儲かるからだ。ギャングのボスを稼がせ喜ばせるのはエースにとって最高の安全保障であった。ボスたちにとって得がたい存在のエースに用心棒として幼馴染のニッキーが抜擢される。ニッキーは手の付けようがない悪党だった。

ボスたちの手下だったトラック運転手年金協会「チームスター」の会長アンディ・ストーンはフィリップ・グリーンに6275万ドルを融資し、グリーンは4件のカジノを買収する。しかしこれは売上金の横流しのためにグリーンを社長に据えただけで、すべてはアンディの意図であった。そこでアンディはカジノを仕切れるノミ屋を探しているときに、エースに白羽の矢を立てた。エースは過去の逮捕歴のためライセンスが下りないことを理由に断るが、ライセンスを申請中でもカジノを運営できることを知り了解する。ちなみにライセンスを申請するだけで定期的に肩書きを変えるだけでいい、とも助言を受けた。

こうしてエースはタンジールを仕切ることになった。エースにとって客は「ただツキだけに頼って賭けるカモ」でありたちまち店の売り上げは倍増。エースは客に賭けさせ続けるテクニックを持っていた。それだけでなく、スポーツブックや派手な興行なども発案しエースはベガスに新時代を到来させてタンジール帝国の実質のボスに。

そんなエースに転機が訪れたのはシカゴからニッキーがベガスに移り住むことになってからのこと。順風満帆だった生活に波風が立ち始める。 そしてエース自身も自らの「ツキなんてものは信じない」という掟を破り、自分を愛してもいない金の亡者のジンジャーとの結婚という大穴に手をだしたのが運の尽き。ベガスもエースもダイスと共に予期せぬ方向へと転がっていくことに…。
Wikipedia

2017/12/08 Fri. 18:07 | trackback: -- | comment: -- | edit