05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

cinema

「キングダム 見えざる敵」2007年 

「キングダム 見えざる敵」
監督: ピーター・バーグ
出演:ジェイミー・フォックス クリス・クーパー ジェニファー・ガーナー
アメリカの中東問題はいまなお緊張状態が続く。
そんな中、サウジアラビアの首都リヤドで自爆テロ事件が発生する。
狙われたのは外国人居住区。
現場にFBI捜査官や医療関係者が集結する中、今度は彼らを狙った二度目の爆弾テロが起きる。
死者100人以上、負傷者も200人以上となった事件は、爆発者専門家のサイクス(クリス・クーパー)と情報分析官のレビット(ジェイソン・ベイトマン)らによって、首謀者にアルカイダのメンバーであるアブ・ハムザが関与している説が浮上。
FBI捜査官ロナルド・フルーリー(ジェイミー・フォックス)は現地捜査の必要性を主張する。
統治能力の弱さを認めたくないサウジアラビア政府とそれを容認するアメリカ政府の外交的な思惑があり、フルーリーの訴えは却下されてしまう。
しかし同僚が巻き込まれたことから引き下がるわけにはいかないフルーリーは、ワシントンポスト紙の記者を通じ、駐米サウジアラビア大使と接触。
サウジアラビアの大物によるテロ資金調達疑惑をカードに、現地調査に派遣できるように許可を取り付ける。
フルーリー、サイクス、レビット、法医学調査官のメイズ(ジェニファー・ガーナー)による4人のFBIチームは、サウジアラビアに飛ぶ。
空港で彼らを出迎えたサウジアラビア国家警察のアル・ガージー大佐(アシュラフ・バルフム)は、爆破現場に連れて行く。
凄惨な現場に凍りつく一行。
さらに、アル・ガージー大佐から「証拠に触らない」」「サウジ警察の立会いなしに聞き込みをしない」「イスラム教徒の遺体に触れない」「自分の目の届く場所にいる」などの厳しい制約条件を突きつけられる。
滞在はわずか5日間。
タイムリミットが刻一刻と迫る中、フルーリーたちは爆破テロ首謀者たちを追い詰めていくことができるのだろうか?
-MovieWalker-
怖かったですね。
外国人居住区としっかり囲われて警備がついている中で、襲撃され多くの犠牲者が出た。
現地警察と犯人の区別もつかない。

調査に行ったFBIの4人も決して歓迎されるわけではなく、多くの規制があって捜査はなかなか進まないし。
それでもだんだんアルとの距離も縮まって、後半展開される銃撃戦ではともに戦い、そしてアルは命を落としてしまう。
どちら側もそれぞれ正義?があり、互いに傷つくだけなんだけど、なんとかならないのかしらね。

冒頭で仲間がテロによって命を失ったときに悲しむメイズにフルーリーがかけた言葉と、ラストフルーリーらによって殺害された首謀者が孫に耳元で残した言葉がどちらも
「皆殺しにしてやる」と言う言葉だった。
これではいつまでたっても平和にはほど遠い。
スポンサーサイト
2017/06/13 Tue. 17:22 | trackback: -- | comment: -- | edit

「マシンガン・プリーチャー」2012年 

「マシンガン・プリーチャー」
監督: マーク・フォースター
出演:ジェラルド・バトラー ミシェル・モナハン マイケル・シャノン

酒と麻薬におぼれ、犯罪を繰り返してきたサム・チルダース(ジェラルド・バトラー)は、自分が起こしたある事件に対して自責の念に駆られ、信仰と家族のために生きることを誓う。
数年後、教会で牧師からウガンダの話を聞いて興味を持ったサムは、現地へボランティアに向かうことにする。
そこで彼が見たのは、武装ゲリラ「神の抵抗軍」にの恐怖にさらされる子どもたちだった。

-シネマトゥデイ-

主人公のサムはとんでもない奴だったのに、腹が立つほどとんでもない奴だったのに・・

ウガンダでの惨状を観て、子供たちを救うべく活動する。
元々とんでもない奴だったから銃の扱いとか戦うことはうまいものだ・・とちょっと痛快だったり。

それにしても、どうして子供たちがいつも被害にあわなければいけないんだろう。
目の前で親を殺され、さらった子供たちは兵士にさせられ。

自分と弟の命を救うために母親を殺した子がサムに言った。

「心を憎しみで満たしたら奴らの勝ち。
心を奪われちゃだめだ」

心が震えた。

世の中理不尽なことばかり、サムが神を信じ、途中で神を否定するけど、あんな果てるともない悲劇ばかり観ていたらそういう気持ちになるわね。
ほかからの援助とか救援とかないんだろうか。

エンドロールで現在もなお活動を続けているご本人が映し出されていたけど、すごい勇気だわ。
首に懸賞金までかけられたのにね。

ジェラルド・バトラーが様々な表情で演じて素晴らしかった。
2017/06/13 Tue. 02:01 | trackback: -- | comment: -- | edit