04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

cinema

「ヒトラーの審判 アイヒマン、最期の告白 」2007年 

「ヒトラーの審判」
監督:ロバート・ヤング
出演:トーマス・クレッチマン、トロイ・ギャリティ、フランカ・ポテンテ

アドルフ・アイヒマン。 
第2次大戦中、「ユダヤ人問題」の専門家として収容所における大量虐殺に関与。
戦後、アルゼンチンへ逃亡するが、イスラエル諜報機関によってイスラエルへ強制連行される。
1960年、アイヒマンの裁判に向けた尋問のためアヴナー・レス警部が選任される。
彼の任務はただ一つ。600万人にのぼるユダヤ人虐殺への関与を認めさせること。
しかし、アイヒマンはユダヤ人の移送に携わっただけで虐殺の関与は否定し、罪を認めようとしない。
アヴナーの粘り強い尋問も平然とかわすアイヒマン。
そしてアイヒマンへの復讐に燃える市民の圧力も高まり、取り調べは困難を極めていく。
はたしてアヴナーは虐殺の証拠を見つけ出し、アイヒマンは罪を認めるのか? 
裁きのときは近づいてくる……。

ほとんどが、アイヒマンと尋問するレス警部の二人のシーン。
そこに時折レス警部の家族との生活風景や、アイヒマンの口から出るウソの証言、それに反する事実の描写。
赤ちゃんまでも命令で殺してしまうシーンには本当に腹が立った。

こういうふうに出来上がっちゃった人って、情とかないんだろうか?

でも、自分の家族息子たちには愛情があるんだよね。

長い尋問の最後にレス警部が自分の子供より年下を殺した問い詰められて、アイヒマンから出た言葉

「ユダヤ人だから」・・・

それだけで、あんな愛くるしい赤ちゃんまで殺しちゃうわけ!!
人間て怖いなとしみじみ思いました。
スポンサーサイト
2016/05/31 Tue. 22:59 | trackback: -- | comment: -- | edit

「RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ」 2011年 

「RAILWAYS 」
監督: 蔵方 政俊
出演: 三浦友和 余貴美子 小池栄子

滝島徹(三浦友和)は鉄道運転士として仕事一筋の日々を過ごし、59歳になった。
55歳になった妻・佐和子(余貴美子)は、専業主婦として徹を支えてきた。
徹が1か月後に定年退職を控え、夫婦で第2の人生をスタートさせようとしていたある日、佐和子が結婚するときに辞めた看護師の仕事を再開すると宣言する。
しかし徹は佐和子の申し出を理解せず、2人は口論となる。
思わず家を飛び出した佐和子と徹の溝は深まる一方で、ついに佐和子は離婚届を徹に手渡す。
これからの人生は妻のためにと思っていた徹に対し、自分の人生を生きたいと願った佐和子。
佐和子には、徹の知らないある理由があった。
そばにいるのが当たり前すぎて、本当の気持ちを言葉にできない2人に、ひとり娘とその夫、徹の同僚や部下、佐和子が担当する患者一家の人生が交錯していく。
こうして徹と佐和子は、思ってもみなかった第2の人生の出発点にたどりつく。
-Movie Walker-

どこの家庭でも起こりうることだね。

実際佐和子が離婚届をつきつけたシーン。
きっと徹は離婚と言うことすら考えてもいなかっただろう。
徹が役所に届けたと伝えるシーン。
佐和子はどこかで徹が届を出すことはないと思っていただろう・・・と思う。

まさに数十年前の私とダブった。

ただ、この二人のようにもう一度プロポーズをして結婚とはならなかったけど(笑)

どちらも気持ちもわかる、結果いい方向へ行って本当に良かったと胸をなでおろしました。

旦那さんの定年から離婚する熟年夫婦が多いのは、なんとなく理解できますね。
歩み寄れば回避できることも多いと思うけど・・

静かに流れるいい映画でした。
2016/05/29 Sun. 11:10 | trackback: -- | comment: -- | edit

「ザ・プレイヤー」1993年 

「ザ・プレイヤー」
監督: ロバート・アルトマン
出演: ティム・ロビンス グレタ・スカッキ フレッド・ウォード

グリフィン・ミル(ティム・ロビンス)は大手映画スタジオのエグゼクティヴだ。
最近、彼を悩ます出来事が2つあった。
ひとつは20世紀フォックスからやり手プロデューサー、リーヴィー(ピーター・ギャラガー)が引き抜かれてくるという。
もうひとつは、企画をボツにされた脚本家から頻繁に脅迫状が届けられることだ。
売れないライターのデイヴィッド・ケヘイン(ヴィンセント・フィリップ・ドノフリオ)をその送り主とみたグリフィンは、彼と会う。
が、口論の末、勢い余ってケヘインを殺してしまう。
だが翌日、死んだはずの男からファックスの脅迫状がグリフィンのもとに送られてくるのだった。
しかも、ライバルのリーヴィーは予定より早く会社を移って来ることになり、グリフィンの焦りは増していく。
そんな折、グリフィンは葬式で知り合ったケヘインの恋人で画家のジューン(グレタ・スカッキ)のもとを訪れる。
彼女との会話に安らぎを覚えたグリフィンは、彼女をスタジオのパーティに招待し、2人はやがて恋人同士になる。
続いてグリフィンは、ヒットの見込みのない脚本をリーヴィーにつかませて罠に陥れることに成功する。
全てがうまくいこうかという時、事件の夜の目撃者が現れる。
だが、目撃者の記憶は定かでなく、彼は放免される。
1年後、グリフィンは社長死去の後をうけて社長に就任、ジューンと順調な結婚生活を送っているのだった。
-MovieWalker-
2016/05/22 Sun. 17:47 | trackback: -- | comment: -- | edit

「かぞくはじめました」2010年 

「かぞくはじめました」

監督: グレッグ・バーランティ
出演:キャサリン・ハイグル ジョシュ・デュアメル ジョシュ・ルーカス

その夜、ホリー・ベレッソン(キャサリン・ハイグル)は、親友アリソン(クリスティナ・ヘンドリックス)が紹介してくれたブラインドデートの相手を待っていた。
彼の名前はエリック・メッサー(ジョシュ・デュアメル)。アリソンの恋人ピーター(ヘイズ・マッカーサー)の親友だ。
約束の時間から遅れること1時間、くたびれた普段着で現れたメッサーはドレスアップしたホリーにバイクの後ろに乗れと指示するが、レストランの予約はもちろん何の計画も立てていない。
更に他の女からの電話でこのあと会う約束をする始末。
怒ったホリーにメッサーも逆ギレ、彼らのデートは数分で終了した。
「二度とあの男に会わせないで」そんなホリーの願いもむなしく、アリソンとピーターの結婚式を皮切りに夫妻のイベントには必ず二人は招待されるのだった。
月日は流れ、ホリーの人生は計画通りに進んでいた。
ベーカリー経営も順調でもうすぐ念願だったレストランに改装、数年後には店舗を増やす予定だ。
恋愛だけは計画通りにいかなかったホリーだったが、ある日、ベーカリーの客にサム(ジョシュ・ルーカス)と名乗る彼女の理想通りの恋人候補が現れる。
だが突然、アリソンとピーターが事故で帰らぬ人となり、一人娘のソフィーが遺された。
夫妻は遺言でソフィーを一緒に育てる共同後見人としてホリーとメッサーを指名していた。
親族に引き取り手もなく、二人は大切な親友の最後の頼みに応えることを決意、夫妻の家に引っ越す。
その日から共同生活という名の闘いが始まった。
ホリーはレストランの開店準備、メッサーはスポーツ番組のディレクターを目指して修行中、しかも育児に関しては経験ゼロ。
上達しない子育て、メッサーの問題アリの女性関係、サムとの再会……。
様々なハプニングに直面するたびに、何度も大ゲンカと失敗を繰り返し、少しずつ心を開き始める二人。
そんなある夜、二人はディナーに出かけ、互いの思わぬ素顔にときめくのだが……。
-movie.walker-
「かぞくはじめました」公式サイト
2016/05/15 Sun. 01:23 | trackback: -- | comment: -- | edit

「Uボート156 海狼たちの決断」 後編 

「Uボート156 海狼たちの決断 前編」
監督 ウヴェ・ヤンソン

出演 ケン・デュケン アンドリュー・バカン フランカ・ポテンテ

自らが撃沈した大型船ラコニア号の遭難者を救助することにしたドイツの潜水艦U−156。
ハルテンシュタイン艦長は、周辺の敵陣営に対しても救助を募る電文を打つ。
一方、定員を超える数百名の遭難者を乗せ、潜航も攻撃もままならないU−156に米軍の爆撃機B−24が近づいていた。

2016/05/10 Tue. 01:27 | trackback: -- | comment: -- | edit

「Uボート156 海狼たちの決断 前編」 

「Uボート156 海狼たちの決断 前編」
監督 ウヴェ・ヤンソン
出演 ケン・デュケン アンドリュー・バカン フランカ・ポテンテ

第二次大戦下の1942年。
ドイツ軍の潜水艦Uボートの精鋭U−156が、南大西洋上で英国の大型船ラコニア号を攻撃。
魚雷を受けたラコニア号は2500人の乗員・乗客もろとも海に沈む。
勝利に沸くU−156の乗員たちだったが、やがて海上を漂流する遭難者を目前にしてある決断をする。
2016/05/08 Sun. 17:04 | trackback: -- | comment: -- | edit

「ナッシング・バッド」2014年 

「ナッシング・バッド」
監督: ジョエル・サーノウ
出演: クリストファー・メローニ ディーン・ノリス デヴォン・ボスティック

アルは親友のアッシュとともに中古車販売店を経営している敏腕セールスマン。
陽気なアッシュの存在は、自分を捨てリッチな男と再婚した妻バーバラへの想いを断ち切れないアルの心の支えでもあった。
アルの別れた息子フレディが高校を卒業した時に事件が起こる。フレディが、アルのもとでセールスマンとして一緒に働きたいと申し出たのだ。
困惑しながらも喜ぶアル。大学進学を願うバーバラの猛反対を受けてもフレディの意志は固く、父と息子はひとつ屋根の下で暮らすこととなる。
始めは客に全く相手にされなかったフレディだが、あの手この手で契約を成立させるアルとアッシュの姿を見習い、徐々にスキルをあげていく。
瞬く間に営業成績をあげていくフレディだったが、アルは息子に対してある想いを抱くようになる。

「24」の制作陣が再び仕掛けるとあったので、激しいアクションものかと思って観たら、とんでもない。
心温まる親子のドラマでした。
離婚して別居していた息子の望みで一緒に暮らし始める父と、初めは嬉しく見守っていたけど、息子が変化していく様子に悩む父。
出した結論は元の奥さんのところへ返すということ。

でも、息子が父の気持ちを知り、父へあてた手紙を読んだ時の嬉しそうな父の顔。

なんともほのぼのとしたいい映画でした。

出演者がみんな素敵、周りを囲むおじさま達もまた、よく見るお顔ばかりで(笑)
おー!!『24』で何代目かの大統領のお顔もありましたね!(^^)!

やっぱり役者さんてすごいなぁと改めて感じましたです。
2016/05/08 Sun. 10:14 | trackback: -- | comment: -- | edit

「ブリット」1968年 

「ブリット」
監督 ピーター・イェーツ
出演 スティーヴ・マックイーン ロバート・ヴォーン ジャクリーン・ビセット

やくざ者のジョニーは仲間を裏切り、200万ドルを持ち逃げした。
その彼が目ざすはサンフランシスコ。
少壮政治家チャルマース(ロバート・ヴォーン)が、もしジョニーが上院で証言台に立ってくれれば身柄を保護してやろうと確約してくれたからだ。
しかしサンフランシスコにやって来たジョニーはニセ者だった。
彼の本名はレニック。
夫婦そろってのヨーロッパ旅行を報酬に身替わりになったのだ。
そうとは知らず敏腕刑事ブリット(スティーブ・マックィーン)は、彼の護衛役をつとめた。
だが、ある夜ブリットが恋人キャシー(ジャクリーン・ビゼット)に会いに行っている最中、ニセのジョニーは2人の男に射たれ重傷を負った。
病院にかつぎこまれたが、そこでも、あやしげな男たちが、常につきまとう。
チャルマースはブリットの失態を責めるが、何故かブリットはチャルマースの行動に疑問を抱く。
政治的野心のためのなにかを……。
医師の努力もむなしくニセのジョニーは死んだ。
だがブリットは、彼がまだ生きていると見せかけて病院の外に運び出した。
2人の殺し屋がブリットを追い、サンフランシスコの急坂道で、すさまじい追跡が展開。
一方、チャルマースは、ブリットをこの事件から手をひかせようと懸命だった。
だがブリットはひるまず事件の究明を続け、死んだジョニーはニセ者だったことを知った。
そしてヨーロッパ旅行を楽しみにしていた彼の妻も殺されていた。
彼女のカバンの中にはトラベル・チェックが入っていた。
ブリットの勘がひらめく。本物のジョニーはヨーロッパへ行く!空港だ!広い夜の空港を逃走するジョニー。
追うブリット。
ついにロビーに追いつめ、拳銃が火を吹き、彼を捕まえたのである。
やくざ者ジョニーの背後にあった巨大な権力に、ブリットは自分の職務のすべてを賭けたのである。
-movie.Walker-
画面からサンフランシスコのあの坂道、行き交う車、建物、ファッション・・時代を感じる。
アクションも今だったら違った撮り方をするんだろうな・・・と思いながら、懐かしく当時のアクション、カーチェイスを楽しみました。
携帯もない時代、公衆電話が頻繁に使われました。
ファックスが送られてくるまでの遅いこと、イライラドキドキしちゃいました。

今の時代のアクション映画と違って、生身の映画を観ました。
スティーヴ・マックウィーンが懐かしいです、カッコ良かったもの~
2016/05/07 Sat. 22:36 | trackback: -- | comment: -- | edit

「11ミリオン・ジョブ」2013年 

「11ミリオン・ジョブ」
監督: ディート・モンティエル
出演: リアム・ヘムズワース エマ・ロバーツ ドウェイン・ジョンソン

1982年に実際に起きたアメリカ史上最高額1100万ドルの現金強奪事件をモチーフに描いたクライムサスペンス。
警官志望の青年クリスは過去の逮捕歴のせいで警察学校の入学試験が受けられず、仕方なく警備会社で働くことに。
そんなある日、現金の輸送中に強盗に襲われ、同僚が殺されてしまう。
自らも銃撃されて大怪我を負ったクリスは、会社側の不誠実な対応に不満を募らせていく。
そんな中、クリスは親友エディが企てた現金強盗計画に巻き込まれてしまう。
主人公クリスを「ハンガー・ゲーム」のリアム・ヘムズワース、クリスを追う敏腕刑事を「ワイルド・スピード」シリーズのドウェイン・ジョンソンがそれぞれ演じた。
監督は「陰謀の代償 N.Y.コンフィデンシャル」のディート・モンティエル

-映画.com-

実話って言うからすごいねぇ~
犯人捕まったけどお金は全部回収されていないんだものね。
ラストで本人が話している映像が出てたけど、保釈された後だと思うけど全く悪びれていない感じが、映画で観たクリスのイメージと違ってちょっとがっかり(笑)

それにしてもクリスの友達エディは最低。
彼のせいで警察学校の入学試験が受けられないのに、どうしていつまでもくっついていたんだろう。
クリスのお父さんはわかっていたのにね。
クリスも真面目なんだけど、エディにべらべらしゃべっちゃう辺りは、お人よしなんだか馬鹿なんだか。

( ̄0 ̄;アッ
でも、ご本人の顔を見たらなーんとなく納得できたけど(笑)

面白かったですよ、私は。
2016/05/07 Sat. 11:39 | trackback: -- | comment: -- | edit

「サイン」2002年 

「サイン」
監督: M・ナイト・シャマラン
出演: メル・ギブソン ホアキン・フェニックス

ペンシルバニア州バックス郡。
グラハム・ヘス(メル・ギブソン)は妻を交通事故で失ったことにより、神の存在を疑い、牧師をやめて農場を営んでいる。
ある朝、ヘス家のとうもろこし畑に巨大なミステリーサークルができていた。
最初はいたずらかと思ったが、飼い犬が突然凶暴化。
また、世界中に同じことが起きており、町の人々は次々とミステリーサークルから遠い地域に避難していく。
グラハムたちは思い出のつまった我が家から逃げるのを拒んでいたが、やがて宇宙人がヘス家に侵入してくる。
グラハムの弟メリル(ホアキン・フェニックス)はバットを持って宇宙人と対決し、宇宙人が水に弱いことを発見。
グラハムの幼い長男モーガン(ローリー・カルキン)は宇宙人に毒ガスを注入されたが、彼はぜんそくで灰が閉じていたため無事だった。
その幸運により、グラハムは再び神の存在を信じるようになるのだった。
-Movie.Walker-
2016/05/07 Sat. 11:39 | trackback: -- | comment: -- | edit