01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.» 03

cinema

「ミルク」 

「ミルク」
監督:ガス・ヴァン・サント

出演:ショーン・ペン エミール・ハーシュ ジョシュ・ブローリン

1972年。
ハーヴィー・ミルク(ショーン・ペン)は、20歳年下のスコット・スミス(ジェームズ・フランコ)と恋に落ちる。
サンフランシスコへ引っ越した2人は“カストロ・カメラ”という名のカメラ店を開業。
社交的性格のミルクを慕って、店には周囲の同性愛者やヒッピーたちが集まるようになる。
やがて、彼らを快く思わない保守的なカトリックの住人たちに対抗するため、ミルクは新しい商工会を設立。
“カストロストリートの市長”と呼ばれるようになる。
1973年11月、ミルクはサンフランシスコ市の市政執行委員に立候補。
同性愛者を含む全ての人間の権利と機会の平等を訴えるが落選。
2年後も落選するが、市長に当選したモスコーニ(ヴィクター・ガーバー)の知己を得る。
政治的活動の幅を広げていくミルクだったが、恋人スコットとの間には別れが訪れる。
1977年、3度目の立候補で初当選。
同性愛者であることを公言して当選した米国史上初めての公職者の誕生だった。
委員に就任したミルクは、同性愛者の教師をその性的指向を理由に解雇できるとする“プロポジション6号”の住民投票を巡って争うことになる。
全米で同性愛者の権利剥奪が進む中、カリフォルニアでこれが成立すれば、同性愛者だけにとどまらず、全ての社会的弱者に対する差別が拡大していく恐れがあった。
信念を持って反対運動を繰り広げるミルク。
賛成派との熾烈な戦いの下、元大統領カーターや現職大統領レーガンの賛同も取り付け、見事否決を勝ち取る。
1978年11月27日。
辞意撤回がモスコーニ市長に拒否された同僚の市政執行委員ダン・ホワイト(ジョシュ・ブローリン)が拳銃を手に市庁舎へ侵入。市長とミルクを射殺した。
享年48歳。
委員就任後、わずか11ヵ月の出来事だった。
同性愛者だけでなく、サンフランシスコの3万人を越える市民がカストロ地区から市庁舎までを行進し、その死を悼んだのであった。
-Movie Walker -
スポンサーサイト
2016/02/29 Mon. 10:05 | trackback: -- | comment: -- | edit

「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」 

「マーガレット/サッチャー 鉄の女の涙」
監督:フィリダ・ロイド
出演:メリル・ストリープ ジム・ブロードベント オリヴィア・コールマン

雑貨商の家に生まれたマーガレット(メリル・ストリープ)は市長も務めた父の影響で政治を志すが、初めての下院議員選挙に落選してしまう。
失望する彼女に心優しい事業家デニス・サッチャー(ジム・ブロードベント)がプロポーズする。
「食器を洗って一生を終えるつもりはない」野心を隠さないマーガレットを、デニスは寛容に受け入れる。
双子にも恵まれ、幸せな家族を築く一方で、マーガレットは政治家としての階段も昇りはじめる。
失墜した英国を再建する。
それは気の遠くなるような闘いだったが、彼女はその困難に立ち向かう。
愛する夫や子供たちとの時間を犠牲にし、マーガレットは深い孤独を抱えたままたった一人で闘い続けた……。
現在のロンドン。どんなに苦しい時も支え続けてくれた夫・デニスは既に他界した。
だが、マーガレットは未だに夫の死を認識していないのか、時折不可解な行動が目立つ。
思い出の洪水の中で、デニスの遺品を手に取り彼女は「あなたは幸せだった?」とつぶやくのだった……。

 -Movie Walke-

メリル・ストリープのあまりに見事な演技にサッチャーさんの素顔を忘れてしまい、見え終えてから改めてサッチャーさんのお顔を拝見し直しました(笑)

『鉄の女」と言われて、10年以上にわたり首相の座についていたと言うのも凄いとしか言えませんね。
そして彼女の演説がとても力強くて良かったです。

当時の生々しい映像も織り交ぜながら、認知症になったサッチャーさんが若いころを思い出すという形ですが。
しかし、強かったですね、信念を貫きとおしましたね。

万人に良い顔していたら中途半端なことしかできないと思います。
こういうタイプの政治家さん、今日本に必要ですね。
上に立つ者の宿命として敵は常に多く周りにいますが、日本の方も頑張っていただきたいです。

「マーガレット・サッチャー 鉄の女」公式サイト
2016/02/28 Sun. 15:34 | trackback: -- | comment: -- | edit

「突入せよ! あさま山荘事件」2002年 

「突入せよ! あさま山荘事件」
監督: 原田 眞人
出演:役所広治 宇崎竜童 串田和美

72年2月19日、長野県南軽井沢のあさま山荘に、連合赤軍のメンバー5人が管理人の妻を人質に取り、立てこもった。
警察庁長官・後藤田の特命により丸山参事官の補佐として現地へ向かった警備局付警務局監察官・佐々淳行は、ヘラクレスの選択=敢えて困難な道を歩かされる自分の運命を呪いながらも陣頭指揮にあたることになる。
ところが、現場は弁当も凍る寒さ。
しかも、面子に固執する警視庁と長野県警の対立や先の見えない戦況に業を煮やすマスコミ、全国から押し寄せる野次馬、現場を信頼しない警察庁上層部とトラブル山積。
当初、2、3日で解決すると思われた事件は、人質の安否も分からぬまま一週間を超えてしまう。
そんな中、遂に佐々は強行突入を決意。
そして事件発生から10日後の2月28日、作戦は実行され、犯人全員を逮捕、人質も無事救出し、負傷者24名、殉職者2名、民間犠牲者1名を出したあさま山荘事件は終幕した。
      -Movie Walker-

事件当時私は東京から戻って郷里のデパートに勤めていました。
多分事件現場からのテレビ生中継って初めてだったのでは?
とにかく店にお客さんが全く来なかったです。
テレビニュース観たくてうずうずしてました。

この映画は犯人のことはあまり触れてなくて、長野県警と警察庁とのなんだか縄張り争いみたいな感じで、それにこういう事件に対応するのも初めてなのかしら?
とにかくゴタゴタの連続。

よーく覚えていたのがカップヌードルの登場でしたね。
あまりのドタバタで思わず笑っちゃうほどでしたけど、考えてみたら現場は実際あんなものなのかもしれませんね。
なにしろ犯人からは容赦なく発砲が続いてるんですから。
経験もあまりなかったでしょうし・・

俳優陣は豪華で見ごたえありました。
2016/02/14 Sun. 18:23 | trackback: -- | comment: -- | edit

「イクストラクション/Extraction」 

「イクストラクション/Extraction」
監督:スティーヴン・C・ミラー
出演:ブルース・ウィリス、ジーナ・カラーノ、ケラン・ラッツ 

妻を殺害され立ち直れないでいる元CIA捜査官のレナードは、彼の息子で新米のCIA捜査官であるハリーと共に、コンドーと呼ばれる特殊兵器を開発しようとしていた。
そんな時、父レナードがテロリストグループに誘拐されてしまい、ハリーは自力で父を助け出そうと組織を追うのだが、そこで彼の人生を一変させるような陰謀に直面することに…。
2016/02/01 Mon. 17:32 | trackback: -- | comment: -- | edit