12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

cinema

「ブラック・スキャンダル」 

「ブラック・スキャンダル」
監督: スコット・クーパー
出演: ジョニー・デップ ジョエル・エドガートン ベネディクト・カンバーバッチ
アメリカのサウスボストンで育ったジェームズ・バルジャーとその弟ビリー、二人の幼なじみジョン・コノリーは、やがてギャング、政治家、FBI捜査官とそれぞれの道に進んでいった。
コノリー(ジョエル・エドガートン)はイタリア系マフィアの撲滅させるために彼らと抗争中のジェームズ(ジョニー・デップ)に敵の情報を流すよう持ちかける。
FBIとの密約を利用し敵の組織を壊滅に追い込み、犯罪帝国を築くジェームズ。
そしてビリー(ベネディクト・カンバーバッチ)もまたジェームズの力を借り権力を握る。
利害を一致させ手を組む彼らの関係は、アメリカ史上最悪の汚職事件に発展していく。
       -Movie Waiker-
相変わらずジョニー・デップの変わりようには驚いちゃいます。
今回は広~いおでこ、ハゲか・・・
いい男がまるで別人。
この人本当にすごいなぁって毎回思いますね。

今回は残忍なギャング、彼のやりかたは思わず目をそむけたくなるある意味異常?なほど。

これ実話なんだっていうから恐ろしや~

FBI捜査官のコノリーにしても、ジェームズの弟で政治家のビリーにしても結局三人とも悪い奴だったわけで・・

ド派手なアクションは少なかったけど、怖くて異常な黒い闇の世界でした。

「ブラック・スキャンダル」公式サイト
スポンサーサイト
2016/01/31 Sun. 23:40 | trackback: -- | comment: -- | edit

「ブリッジ・オブ・スパイ」 

「ブリッジ・オブ・スパイ」
監督: スティーヴン・スピルバーグ
出演: トム・ハンクス マーク・ライランス エイミー・ライアン

アメリカとソ連が一触即発の状態にあった冷戦下の1950~60年代。
ジェームズ・ドノバン(トム・ハンクス)は、保険の分野で実直にキャリアを積み重ねてきた弁護士だった。
彼は、米国が身柄を拘束したソ連のスパイの弁護を引き受けたことをきっかけに、世界の平和を左右しかねない重大な任務を託される。
それは、自分が弁護したソ連のスパイと、ソ連に捕えられたアメリカ人スパイを交換することだった。
良き夫、良き父、良き市民として平凡な人生を歩んできたジェームズは、米ソの全面核戦争を阻止するため、全力で不可能に立ち向かってゆく……。

-Movie Walker -

そんな古い話ではないんですよね。
ベルリンの壁のこともよーく記憶しているし、スパイの交換の話もなんとなくどこか頭にあるし。
映画で観たのかなんだったかは記憶にないけれど。

あのベルリンの壁が作られた後にドノバンが東ベルリンに入り、コートを奪われたり、交渉がスムースにいかなかったりと、ドキドキしちゃいました。
すごい心理戦・・

橋の上の交換シーンは緊張しましたね。
それと印象に残っているのが、ドノバンが弁護を引き受けたことで新聞に顔写真が出た時のバスの中の人達のすごーい氷のような視線。
そして無事に仕事をなし得てテレビでその功績が放送され新聞に乗った時のやはりバスの中の人の視線。
人間なんてなんていい加減なものだと思ったわ。

あのドノバンとソ連のスパイの間に芽生えた友情のような感覚?
とても素敵でしたね。
引き渡された後のスパイの後ろ姿を心配そうに見つめるドノバン。
彼が釈放されて本当に良かった・・・

2016/01/20 Wed. 21:33 | trackback: -- | comment: -- | edit

「クリード チャンプを継ぐ男」 

「CREED」

監督: ライアン・クーグラー
出演: シルヴェスター・スタローン マイケル・B・ジョーダン テッサ・トンプソン

アドニス・ジョンソン(マイケル・B・ジョーダン)の父親は世界的に有名なボクシングのヘビー級チャンピオンだったアポロ・クリードだが、彼が生まれる前に死んでしまったため、父のことを何も知らない。
それでも、明らかにアドニスにはボクシングの才能が受け継がれていた。
アドニスは、父がタフな無名のボクサー、ロッキー・バルボアと死闘を繰り広げた伝説の戦いの地フィラデルフィアへ向かう。
フィラデルフィアに着いたアドニスは、ロッキー(シルヴェスター・スタローン)を捜し出し、トレーナーになるよう頼む。
ロッキーは、ボクシングからは完全に手を引いたと断るが、かつての宿敵で、のちに親友となったアポロと同じ強さと決意をアドニスの中に見出し、トレーナーを引き受ける。
若いボクサーを鍛え始めるロッキーを味方につけたアドニスは、タイトル戦への切符を手に入れるが……。
                              -Movie Walker-

2016/01/15 Fri. 22:00 | trackback: -- | comment: -- | edit

「ラストソング」 

「ラストソング」

監督: ジュリー・アン・ロビン
出演: マイリー・サイラス リアム・ヘムズワース ボビー・コールマン

ニューヨークの女子学生ロニー(マイリー・サイラス)は、母と離婚した父スティーブ(グレッグ・キニア)と夏休みを過ごすため、弟とともに小さな海辺の町を訪れる。
かつては音楽好きの親子として、ピアノの前で一緒に楽しい時間を過ごした元ピアニストの父と娘。
だが、離婚によって関係がギクシャクしていた2人の久しぶりの再会は、ぎこちないものだった。
娘との関係修復を図ろうとするスティーブだったが、その意図に反してロニーはコテージに居づらさを覚える。
その一方で彼女は、海岸で知り合った青年ウィル(リアム・ヘムズワース)と次第に親しくなってゆく。
それが初めての恋だと気付く頃、ロニーは父が隠していた秘密を知る。
父と一緒に過ごすことができるのは、この夏が最後だったのだ……。
-MovieWaiker-
なんとも切なく心温まる映画でした。
年頃の女の子は難しいねぇ・・・
いずれ息子たちはこんな父親の思いをするのだろうか・・などと思いながら観てしまいました。
その点男の子の純朴で素直なこと。

父親との関係が修復できていくところは観ていてほほえましいほどでしたけど、時間がもっとほしかったね。

何回でも観たいと思ういい映画でした。
2016/01/11 Mon. 12:11 | trackback: -- | comment: -- | edit