10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

cinema

「ドリームハウス」2011年 

「ドリームハウス」
監督:ジム・シェリダン
出演:ダニエル・クレイグ ナオミ・ワッツ レイチェル・ワイズ

有能な編集者として活躍したウィル・エイテンテン(ダニエル・クレイグ)は、長年勤めた会社を辞め、ニューヨーク郊外に購入した夢のマイホームに転居する。愛する妻リビー(レイチェル・ワイズ)や娘たちと過ごすため、この家で小説を執筆して暮らすという決断は、長い間、仕事人間として過ごしてきた彼の人生の新たなスタートだった。ところが、やがて自宅の周囲で不可解な出来事が起こり始める。周囲をうろつく怪しい男の姿を目にしたり、娘が幽霊らしきものを目撃して怯えたり、自宅の地下に侵入した少年少女が怪しげなミサを行っていたり……。そんな矢先、1人の少女から思いも寄らぬ事実を聞かされる。彼が購入したこの家では、5年前に父親を除く家族4人が皆殺しにされる壮絶な事件が起きていたというのだ。その事件の容疑者は殺された家族の父親で、事件後精神を病んだ彼はまだ逮捕されていないという情報を隣家の女性アン(ナオミ・ワッツ)から得たウィルは地元の警察に相談するものの、全く相手にされない。仕方なく、家族を守るため単身、事件の調査に乗り出す。しかし、事件の真相に近づくにつれ、彼の胸に迫るのは悲しみばかりだった。そして最後に待ち受けていたのは、想像を絶する衝撃の事実。幸せな一家を悩ませる犯人の正体、そしてその目的とは?真実を追い続けるウィルが辿りついた答えは、あまりに残酷なものだった……。
-movie walker-

ホラーなのかな?と思いながら観ていたら、ホラーではないのね。

途中怖いところもあって、ドキドキしちゃったけど、訳わかったら切なくなったわ。

犯人は顔見ただけで、この人たち絶対悪者だ!って思ってしまうほど、毎回悪役が似合ってる(笑)

こういう世界(現象?)って信じない人は絶対信じないんだろうけどね。

あんなことさえ起らなければ、幸せな家庭だったのに。

ママと子供たちも最後は幸せそうな顔であちらに逝かれて良かったねぇ~

なんか切なさと愛しさとまぜこぜの観終わった気持でした。
スポンサーサイト
2015/11/21 Sat. 23:17 | trackback: -- | comment: -- | edit

「コードネーム U.N.C.L.E.」 

「コードネームUNCLE」
監督: ガイ・リッチー
出演: ヘンリー・カヴィル アーミー・ハマー アリシア・ヴィキャンデル

東西冷戦真っただ中の1960年代前半。ナチスの残党が強大な国際犯罪組織と手を組み、核兵器とその技術拡散によって世界の勢力バランスを揺るがそうとするテロ計画を企んでいた。そんな中、CIAで最も有能な男といわれるナポレオン・ソロ(ヘンリー・カヴィル)と、KGBに史上最年少で入った超エリートのイリヤ・クリヤキン(アーミー・ハマー)は、長年の敵対感情をひとまず忘れ、謎の国際犯罪組織撲滅の合同任務に乗り出す。だが手掛かりは、その犯罪組織潜入の鍵となる失踪したドイツ人科学者の娘だけであった。彼女を守りながら、科学者本人を探し出さなければならない二人だったが、考え方もやり方も何もかも正反対。タイムリミットが迫る中、核爆弾大量生産の危機から二人は世界を救えるのか……。-movie.waiker-

昔観ていたテレビドラマ「ナポレオン・ソロ」のリメイク
主演のお二方が素敵なのでずーっと楽しみにしておりました。

二人とも背は高いし池免だし( ̄▽ ̄)。o 0 ○ ポワアァァァン

二人が出会うところからですが、時代は古いけどなんだか二人が新しい(笑)
ものすご~くド派手ではないけど、二人が敵意丸出しで一緒に任務を遂行していく様は楽しかったです。

ラストからこれはシリーズ化されるの?って期待をしてしまったんですが、はてさてどうなんでしょう。


「コードネームUNCLE」公式サイト
2015/11/18 Wed. 22:30 | trackback: -- | comment: -- | edit

「ワイルド・スピード SKY MISSION」 

「ワイルド・スピード SKY MISSION」

監督: ジェームズ・ワン
出演: ヴィン・ディーゼル ポール・ウォーカー ジェイソン・ステイサム

オーウェン・ショウ(ルーク・エヴァンス)率いる国際犯罪組織を壊滅させたドミニク(ヴィン・ディーゼル)らのもとに、オーウェンの兄イアン・ショウ(ジェイソン・ステイサム)から電話がかかってくる。それは、ドミニクらの仲間を殺したことを告げるものだった。復讐心をたぎらせる最強の敵イアンと怒りに燃えるドミニクらの熱き戦いが始まる……。

しょっぱなジェイソン・ステイサムが出てきて「あれ?間違えちゃった私?」と思ってしまいました(笑)
超強い敵役でした。
敵役でもカッコいいです。

カート・ラッセルも久しぶりにお顔拝見、やはり老けましたねぇ

そしてロンダ・ラウジーがりっぱな体格でミシェルと派手なアクション見せてくれました。

最初のころ見たのと違ってカーレースの映画と言うより数作前からアクション映画?になってますよね。
でも、笑いありハラハラありで楽しかったです。

ラストシーンは悲しくて涙が止まりませんでした。
ポールの死は衝撃的でしたものね。

若すぎます、とても残念です。

今作品ではポールはほとんどの撮影を撮り終えてたそうですが、残りの主演場面は弟のケレイヴとコーディが代役を務め、ポールの顔をCG合成したそうです。まったく違和感なく観てました。
海辺のシーンはCGなんでしょうね、ちょっと違いましたもの。

「ワイルド・スピード」公式サイト


2015/11/10 Tue. 23:56 | trackback: -- | comment: -- | edit

「レッド・ライト」 2012年 

「レッド・ライト」
監督: ロドリゴ・コルテス
出演: キリアン・マーフィー シガニー・ウィーヴァー ロバート・デ・ニーロ

科学者のマーガレット・マシスン(シガーニー・ウィーバー)とトム・バックリー(キリアン・マーフィ)は、超常現象を科学の力で解き明かすため、研究を重ねる日々を送っていた。そんなある日、30年前に引退した伝説の超能力者サイモン・シルバー(ロバート・デ・ニーロ)が復帰するというニュースが世間を騒がせる。実は以前、マーガレットはシルバーに挑んだが、心の弱みを突かれて完敗を喫し癒えることのない傷を負っていた。それを知ったトムは、全てを解き明かすため、単独でシルバーのショーに乗り込むことを決意する。果たして、サイモン・シルバー復活の裏に隠された、真っ赤な嘘と真実とは……。
                                     -Movie Walker -

この手の話は大好物です(笑)

日本でもありましたよね。某教授はこういうものは絶対認めない人で、一時期テレビでもやりあっていましたね。

人間がなんでもかんでも解明できるなんて考えるのはおごりもいいとこだと思います。
説明のつかないこと、理解できないこと、解き明かせないこといっぱいあると思います。
ましてこういったものはなおさら。

体験したものでないとわからないでしょうねぇ。

で、映画の内容は後半から(σ´.ω.`)...。oо○ウーン・
わからなくなりましたアセアセ( ̄_ ̄ i)タラー

結局はやはりインチキで、思いがけない人に特殊能力があったということ?
では博士の死は?
私の理解力のなさですかねぇ・・(。_。〃)ゞポリポリ
2015/11/08 Sun. 13:53 | trackback: -- | comment: -- | edit

「ラストターゲット」2010年 

「ラストターゲット」

監督: アントン・コービン
出演: ジョージ・クルーニー ヴィオランテ・プラシド テクラ・リューテン

スウェーデンで女といるところを何者かに襲われ間一髪のところで危機を脱したジャック。闇の仕事を生業とする彼は、イタリアの小さな町カステル・デル・モンテに身を隠すことに。休暇にやって来たアメリカ人のカメラマンとして、神父をはじめ町の人々とも触れ合いながら静かな生活を送っていく。そんなある日、組織を介してマチルデと名乗る若い女から減音器付き狙撃ライフル制作の依頼を受ける。この仕事を最後に足を洗おうと考えるジャックだったが…。allcinema

静かな映画でした。

ジョージ・クルーニが素敵(●´A`●)ぽっ。
派手なアクションもカーチェイスもない、登場人物も本当に少ない。
身を隠しているイタリアの住まいとその近辺だけの行動範囲で、孤独と、知り合った女性との愛の狭間で苦悩する。
そして受けている仕事を最後に引退をしてその女性と生涯過ごそうと決意した彼に、現実は厳しかったわ。

ラスト悲し過ぎるよねぇ。
救急車呼んだら助からなかったかしら?なんて下世話なことを考えてしまいました。

大人の映画でした。

「ラストターゲット」公式サイト
2015/11/06 Fri. 23:08 | trackback: -- | comment: -- | edit

「マジックマイクXXL」 

「MAGICMIKEXXL」
督: グレゴリー・ジェイコブズ
出演:チャイニング・テイタム マット・ボー ジョー・マガニエロ アダム・ロドリゲス

伝説のダンスパフォーマー、マイク(チャニング・テイタム)が引退して3年。昔の仲間や新しい友達と共に、もう一発ド派手にステージを飾ろうとマイクたちは遠く離れた東海岸マートルビーチのダンスコンテストに向かう。行く先々でトラブルに巻き込まれながらも、鍛え抜かれた肉体美とサービス精神で女性たちの心まで満たすパフォーマンスを体得していくマイクたち。そんな中、遂にマートルビーチに到着した男たちは最後のショーに挑むのだが……。

アダム・ロロリゲスはCSIのデルコのイメージは全く消えたわ。
マット・ボマーはやはりイケメンでさらに美声なのにビックリ。

ウィル・スミスの奥さんって今回初めて観たかも。かなりカッコよかったわ。

チャイニングはやっぱりダンス最高にうまいね。
ラストは大いに盛り上がった。

彼らの日常会話は「p」音が入りそうなほどで笑えたし、面白かったぁ。
男同士ってあんなものなの?(笑)

でも、前作とはちょっと違和感があったのも事実でした。

(σ´.ω.`)...。oо○ウーン・
ナンでかな?

でも、でも、ラストのショーで大満足でしたO(≧∇≦)Oイエイ!!

「マジックマイクXXL」公式サイト
2015/11/06 Fri. 12:03 | trackback: -- | comment: -- | edit