06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

cinema

「カクテル」1988年 

「カクテル」
監督: ロジャー・ドナルドソン
出演: トム・クルーズ ブライアン・ブラウン エリザベス・シュー

兵役あがりのブライアンは一攫千金を夢見てニューヨークに降り立つが、就職活動は難航し、ふとしたきっかけでバーテンダーのアルバイトを始める。オーナーのダグラスとコンビを組み、派手なバーテティングで評判を呼んで快調な滑り出しをみせるが、やがて二人は仲違いし、別々の人生を歩んでいく。

このころ本当にいい男だったねぇ
カウンターでシェーカー振るところなんて何回見てもかっこいいわ。
私も自分でいろんなお酒入れてシェーカー振って酔っ払ったことあったっけな(笑)
大人になってもカクテルが好きだった~
スポンサーサイト
2015/07/31 Fri. 14:59 | trackback: -- | comment: -- | edit

「ドク・ハリウッド」19991年 

「ドク・ハリウッド」
監督: マイケル・ケイトン=ジョーンズ
出演: マイケル・J・フォックス ジュリー・ワーナー ブリジット・フォンダ
ワシントンDCに住む外科医のベンは、愛車のポルシェでビバリーヒルズに向かう途中、グレイディという小さな田舎町で自動車事故を起こしてしまう。ベンは罰として32時間の医療奉仕をしなければならなくなり、おまけにこの町の医者になるように請われて不満をぶちまけたが、診療所の美人助手ルーと出会い、ビバリーヒルズに行って美容整形で儲けるという最初の決心もぐらついた。そしてベンは素朴に医者を信頼する患者たちに触れ、都会暮らしで荒んでいた彼の心も癒されていくのだった。

録画しておいたのを次々に観ていった中の一本
先が読めてしまう内容だったけど、みんながハッピーでいいじゃ~ん♪
ブリジット・フォンダが好きだから( 'o')bグッ ( 'O')=b ドー♪
2015/07/31 Fri. 14:49 | trackback: -- | comment: -- | edit

「PAERL HARBOR」 

「PEARL HARBOR」
監督: マイケル・ベイ
出演: ベン・アフレック ジョシュ・ハートネット ケイト・ベッキンセイル
テネシー州の農業地帯で兄弟同然に育ったレイフ(ベン・アフレック)とダニー(ジョシュ・ハートネット)は、米国陸軍航空隊の精鋭パイロット。
やがて二人は、美しく勇敢な看護婦イヴリン(ケイト・ベッキンセール)と巡り合い、彼女とレイフは激しい恋におちる。
だが世界に戦火が広がる中、理想に燃えるレイフは中立国の志願兵で組織されたイーグル飛行隊に参加し、生死をかけて英国へと旅立つ。
傷心のイヴリンとダニーはハワイ・オアフ島のパール・ハーバーに転属になる。
戦争などとは無縁のような南の楽園で、イヴリンはレイフを待ち続け、ダニーはイヴリンの心の支えとなった。
やがてレイフも戻ってくる。
しかし1941年12月7日、日曜日。
日本軍の奇襲攻撃により、パール・ハーバーは瞬時にして戦火に包まれた。
3人は助かったが、多くの仲間たちが死んだ。
そしてついに米国が参戦。
レイフとダニーは東京を攻撃する隊に参加し、やがてダニーは戦死。
生き残ったレイフは、イヴリンと愛を育んでいくのだった。
2015/07/30 Thu. 18:27 | trackback: -- | comment: -- | edit

「遠すぎた橋」 

「遠すぎた橋」
監督: リチャード・アッテンボロー
出演: ショーン・コネリー ダーク・ボガード マイケル・ケイン ジーン・ハックマン アンソニー・ホプキンス
ライアン・オニール ロバート・レッドフォード ローレンス・オリヴィエ

1944年9月5日。
連合軍のノルマンディ上陸作戦から3ヵ月後、ドイツ軍はオランダよりの撤退を開始した。
9月10日、ロンドンのブラウニング中将(ダーク・ボガード)の司令室に、連合軍司令官達が集まった。
オランダのアーンエム付近に、空からのマーケット、陸からのガーデン両作戦を遂行し、ネーデル・ライン河からベルリンへ進撃路を開くための大作戦だ。
マーケット作戦の総司令官ブラウニングは、小説家デュ・モーリアの夫でもあり、大作戦統率経験はない。
アメリカ陸軍准将ギャビン(ライアン・オニール)のアメリカ第82空挺師団は中央高地へ、アーカート少将(ショーン・コネリー)のイギリス第1空挺師団は橋へ、ポーランドのソサボフスキー少将(ジーン・ハックマン)の師団はアーカートと共に作戦を、と命令が下った。
だが、ソサボフスキーは、アーンエムの地形の悪さに難色を示した。
そのころ、ドイツ司令部はビットリッヒ中将(マクシミリアン・シェル)の第2SS機甲軍団に撤退を命じた。
この兵力を偵察したイギリス情報部は、作戦の危険を説いたが、ブラウニングは黙殺する。
一方、ベルギーのレオポルズブールでは、ガーデン作戦総司令官のイギリスのホロックス中将(エドワード・フォックス)が、バンドルール中佐(マイケル・ケイン)の近衛機甲師団に進撃を命じた。
9月17日、快晴の日曜日。
マーケット・ガーデン作戦が決行された。
輸送機の大編隊が空をおおい、ドイツ軍の砲撃の中、パラシュートが無数に花開く。
ベルギーからは大戦車隊が進撃し、待ちうけていたドイツ軍の攻撃を受け、炎に包まれた戦車に行く手をふさがれていた。
ソン橋近くに降下したスタウト大佐(エリオット・グールド)の隊は、ドイツ軍に橋を爆破され、進路をたたれる。
一方、アーカートは、同師団のフロスト中佐(アンソニー・ホプキンス)と連絡をとるべくジープを走らせたが、砲弾の中に孤立。
作戦開始後2日目の19日、第2次輸送隊は濃霧のためイギリス出発不可能。
一方、アイントホーフェンの町にバンドルールとスタウトの部隊が合流した。
そして、少し北ではドーハン軍曹(ジェームズ・カーン)が、瀕死の上司をジープで運んでいた。
暗くなった頃、スタウトは、今はないソン橋の近くに橋を仮設するが、進撃は36時間の遅れだ。
ようやく友軍の攻撃で孤立から脱したアーカートが仮の司令部にたどり着いた時、激戦はまだ続いている。
ホルスト夫人(リヴ・ウルマン)の邸宅はアーンエムの近くで、ここをオランダ人医師スパンダー(ローレンス・オリヴィエ)が野戦病院に用いだした。
膠着状態のアーンエム橋では、ドイツ軍のビットリッヒが、フロストに降伏を勧告するが、フロストは拒否。
かくてドイツ軍の猛攻撃に、フロスト隊は壊滅状態だった。
そのころ、ギャビンの師団はナイメーヘン橋突破のため、クック少佐(R・レッドフォード)にボートで渡河作戦をとらせ、戦車隊は激戦の後、橋を占領。
一方、イギリスではソサボフスキーの隊は霧のため未だ出発できない。
そして、フロスト隊は全滅した。
捕虜と化した彼は、ビットリッヒのさしだすイギリスのチョコレートを黙ってかじる。
ようやく着いたソサボフスキーの隊も、ドイツ軍の攻撃に前進はまったく不可能。
残骸と死体だけの町アーンエム、スパンダーはドイツ軍のルドウィック将軍(ハーディー・クリューガー)に戦闘中止を訴えた。
今や生死の問題なのだ。
負傷兵の交換は始まるが、連合軍の徹底的壊滅をねらうドイツ軍の攻撃は再開する。
ブラウニング、ホロックス、ギャビン、バンドルールら司令官達は、地形やイギリスの霧を呪うが、ソサボフスキーは、男は決断した以上戦い死ぬべきだ、と叫ぶ。
豪雨の中、アーカートは生きる屍と化し、彼らの閉じこもる教会に到着した。
そしてブラウニングは、モンゴメリー元帥の「この作戦は90パーセント成功した」という伝言を持って来た。
そして「我々は遠すぎた橋へ行っただけだ」とも。
9日間の戦闘で、連合軍側の戦死、戦傷、行方不明者は1万7000名以上といわれた。 Movie Walker
2015/07/20 Mon. 00:00 | trackback: -- | comment: -- | edit

「HERO」 

「HERO」
監督:鈴木雅之

出演:木村拓哉 北川景子 松たか子

ネウストリア大使館の裏通りで、パーティコンパニオンの女性が車にはねられ死亡した。
東京地検城西支部の久利生公平検事(木村拓哉)は、事務官の麻木千佳(北川景子)と共に事故を起こした運転手の取り調べを始めるが、二人の前にかつて久利生の事務官を務めていた雨宮舞子(松たか子)が現れる。
現在、大阪地検難波支部で検事として活躍する雨宮は、広域暴力団が絡んだ恐喝事件を追っており、その重要な証人が今回の被害者女性だった。
これはただの交通事故ではないと感じた久利生と雨宮は合同捜査を開始する。
ネウストリア公国の大使館員から事故当時の状況を聞くため、久利生は大使館に出向き直接交渉を試みるがあっさりと断られてしまう。
実は、大使館には日本の司法がまったく及ばない治外法権があり、それは国際社会における各国の当然の権利であって、正義の名の下にそれを侵すことは外交を崩壊させかねない禁断の行為であった。
諦めきれない久利生はさらにアプローチを重ねるが、当然の事ながら大使館はまったく応じず、やがて事態を重く見た日本の外務官僚・松葉圭介(佐藤浩市)から圧力がかかってくる。
さすがの久利生も大使館という決して侵してはならない絶対領域の前になす術なく、捜査は進展のないまま暗礁に乗り上げてしまう……。

初日観てきました。
先ずは交通事故が起こり、そして大阪地検難波支部の検事となった雨宮からのシーンで懐かしさで胸がジーンとなりました。
交通事故を担当している久利生との再会のシーンは感動ものでした~
以前からいる事務官たちの二人を見る顔や久利生の一見そっけない態度・・・

二人が一緒に組むシーンはやっぱり最高に息があって笑いがあって、二人も楽しそうだし、こちらもなんか嬉しくてねぇ。

たまたま前日テレビで「HERO」の中でのシーンのある、ないをやっていて、元検事だった人たちの話を聞いたりした後だったので、今日はそれを思い出して一々納得しながら観てました。

やっぱり最高に楽しかったです。
話も普通の交通事故が実は・・・で、大使館相手で大変だったけど、やはり久利生は諦めずに向かっていく。
大使がね、いい男でした(・m・ )クス

いつもの並木通りで久利生と雨宮が対峙するんですけどね、なんだかなぁ・・・
お互い素直に気持ち伝えることなく別れるんですよ。
あそこでなんで呼び留めないんだろうって非常にもどかしかったですね。

雨宮が「石垣島」へ行くことになったと伝えた後、久利生が休みを取ったと言うので、てっきり私は石垣島へ行ったと思って(^.^)>(^.^)>\(^_^)/ヤッター!!とバンザイしそうになりましたよ。

ガッカリして終わってしまいました(笑)

ずっとずっとキムタクファンなので、私は大満足でした。

最後に全国16何か所に生放送で舞台あいさつも見れちゃって、もう最高の時間でした。
結構高齢の方も多くて嬉しかったですね。


「HERO」公式サイト
2015/07/18 Sat. 21:00 | trackback: -- | comment: -- | edit

「エンド・オブ・ザ・ワールド」 

「エンド・オブ・ザ・ワールド」
監督・脚本: ローリーン・スカファリア
出演:スティーヴ・カレル キーラ・ナイトレイ
小惑星の接近で、人類と地球の滅亡が決定的なものに。保険セールスマンのドッジ(スティーヴ・カレル)は、何も言わずに姿を消した妻を追いもせず、律儀に出社しては単調な業務を続けていた。そんな中、隣に暮らす自由奔放な女性ペニー(キーラ・ナイトレイ)が母国イギリスへ向かう最後の飛行機に乗れなかったと泣いているのを見掛ける。それを機に初めて言葉を交わして妻の浮気を知るも、ペニーの家に間違って配達された自分宛ての郵便物から昔の恋人オリヴィアからの手紙を発見して狂喜。生涯で最も愛した彼女のもとへ駆け付けようとするが……。
-シネマトゥデイ-

自分は世界の終わりをどう迎えるだろうか・・

今現に地球は異常だし、日本においては今年はあちこちの火山が噴火してるし、まだこれから大きな地震もくるようだし。

そうなったら自分はどうするだろう?
カウントダウンが始まったらなにをするだろう?

悲しいけれど、とても二人が素敵でした。
願わくば私もこうありたいなぁ・・・・トオイメ

「エンド・オブ・ザ・ワールド」公式サイト
2015/07/16 Thu. 14:30 | trackback: -- | comment: -- | edit

「ヘルプ 心がつなぐストーリー」 

「THE HELP」
監督: テイト・テイラー
出演: エマ・ストーン ヴィオラ・デイヴィス オクタヴィア・スペンサー

アメリカ・ミシシッピ州。1960年代当時、白人家庭でメイドとして働く黒人女性は“ヘルプ”と呼ばれていた。作家志望のスキーター(エマ・ストーン)はメイドの置かれた立場に疑問を抱き、彼女たちにインタビューをすることに。仕事を失うことを恐れて、皆が口をつぐむ中、一人の女性の勇気が社会を揺るがすことになる。

シネマトゥデイ

昔からどこの国にも人種差別ってあった。

今でもアメリカでは白人警官が黒人を射殺とかニュースになって、なんでだろうって思う。

でも、ひょっとして自分もどこかで差別意識があるのかも・・・・なんて思うときがある。

白人の家庭でメイドとして働く黒人女性の物語。

静かだけどジンジンと心に染み入ってくる彼女たちの強い心。

すばらしい映画でした。

「ヘルプ」公式サイト
2015/07/10 Fri. 15:38 | trackback: -- | comment: -- | edit

「飛べないアヒル」 

「飛べないアヒル」
監督 :スティーブン・ヘレク
出演:エミリオ・エステヴェス ジョス・アクランド

ミネソタ州ミネアポリス。若手弁護士のゴードン(エミリオ・エステヴェス)は、強気で裁判に勝つことだけが人生の意義だと考える男だ。しかしそんな態度をボス(ジョセフ・ソマー)に戒めれた彼は、酒を飲んで無謀運転して捕まってしまう。裁判で戦うと主張するゴードンに、ボスは訴訟を起こさず、500時間の社会奉仕をするよう命じる。その社会奉仕とは、地元の少年アイスホッケー・チームのコーチになることだ。実はゴードンは子供の頃、アイスホッケーの名選手だったのだ。しかし彼はチームの優勝を賭けたペナルティ・ショットをミスしてコーチに冷たくされるという苦い思い出があり、これが彼に勝つことへの執着を植えつけたのだ。彼が派遣された第5地区のチームはとてつもない弱小軍団で、一目見ただけでゴードンはうんざりしてしまう。しかし、嫌々立ち会った試合で、ゴードンは強豪チームホークスを率いる子供の頃のコーチ、ライリー(レーン・スミス)と再会する。次の試合の時、ゴードンはキャプテンのチャーリー(ジョシュア・ジャクソン)に卑劣な作戦を授けるが、それを無視した彼を激しく罵倒した。その夜、ゴードンは懐かしいハンス(ジョス・アックランド)の店を訪ね、昔と変わらない店の姿とハンスの温かさから、忘れていた少年のころの感情がよみがえり、チャーリーの家へ行き、自分の非を認めた。次の日からチームの特訓が始まった。ゴードンはチームをダックスと命名し、基礎から徹底的に指導した。新戦力の加入もあって、チームはついに初勝利をあげる。だがそんな時、去年行われた地域の区画割り変更で、ホークスの主力メンバーのアダム(ヴィンセント・A・ラルッソ)が、本当はダックスに入らなければならないことが判明し、弱いチームへの編入を阻止しようとするアダムの父親からゴードンは圧力をかけられるが、彼は法律事務所をクビになってもそれに応じなかった。またゴードンは、チャーリーのシングル・ママのケイシー(ヘンディ・クリング)と愛し合うようになっていた。ダックスは連勝連勝を重ね、ついに優勝決定戦へと躍り出た。対戦相手はホークスだ。試合はアダムが負傷退場して苦戦するが、チャーリーが最後のペナルティ・ショットを決めてダックスは逆転勝ちをおさめた。そしてゴードンはマイナー・リーグの選手として再起するため、町をあとにするのであった。 【キネマ旬報データベースより】

この手の話は大好き。
エミリオ・エステヴェスが若くて可愛かったわ(笑)
子供たちが出てる映画は楽しくていいね。
2015/07/10 Fri. 15:24 | trackback: -- | comment: -- | edit

「Parker」 

「Parker」
監督: テイラー・ハックフォード
出演者: ジェイソン・ステイサム ジェニファー・ロペス

天才的な頭脳と強靭な肉体を併せ持つプロフェッショナルな強盗のパーカー(ジェイソン・ステイサム)は、生い立ちも過去も謎のベールに包まれた冷酷非情な一匹狼で、自らに課した3つのルールに従って行動する。メランダー(マイケル・チクリス)率いる犯罪グループと大金が集まるオハイオ・ステートフェアを襲撃し、150万ドルを強奪するヤマも、パーカーの完璧な計画で成功するが、メランダー一味の不用意な行動から一般人を巻き込んでしまう。このパーカーのルールに反した行動によって、メランダーから次のヤマの話を持ち掛けられたパーカーは拒否する。怒ったメンバーたちに何発もの銃弾を浴びせられたパーカーは、瀕死の状態で道端に置き去りにされる。何とか一命を取り留めたパーカーは、一味がセレブの集まるパームビーチに身を置いていることを嗅ぎ付け、テキサスの大富豪ダニエル・パーミットという偽IDを作り、報復のための追跡を始める。島の豊富な知識を持つ不動産業者のレスリー(ジェニファー・ロペス)と出会ったパーカーは、彼女の助けを得て、一味が5千ドル相当の宝石を盗もうとしていることを知る。パーカーは、一味に宝石を奪わせて、それを横取りする計画を立てる。しかし一味はパーカーが生きていることを知り、シカゴを牛耳る殺し屋集団に彼の殺害を依頼する。最凶の刺客が送り込まれる中、パーカーは復讐を果たすことができるのか……。

Movie Walker
ジェイソン・ステイサムのアクション大好き。

イタタと思いながらも、不死身な彼、安心してみていられる。

面白いし、ハラハラワクワクいっぱいだし、な~んにも考えずに楽しめました☆⌒v⌒v⌒ヾ((`・∀・´)ノ ヒャッホーィ♪

「Parker」公式サイト
2015/07/10 Fri. 15:04 | trackback: -- | comment: -- | edit