10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

cinema

「REDリターンズ」 

「REDリターンズ」
監督: ディーン・パリソット
出演:ブルース・ウィリス ジョン・マルコヴィッチ ヘレン・ミレン アンソニー・ホプキンス

元CIAエージェントのフランク・モーゼズは恋人のサラとショッピングを楽しんでいた。そこの元相棒のマーヴィンが現れて、新たな任務に誘う。
気乗りのしないフランクが断ると、諦めて車に戻ったマーヴィンの車が爆発してしまう。
マーヴィンの葬儀でフランクはFBI捜査官に連行されてしまう。ナイトシェードという計画について問いただされるが、知らないと答えるフランク。
そこへジャック・ゴードン率いる特殊部隊がフランク抹殺のため、FBIを急襲し、フランクは絶体絶命のピンチに陥るが、なんと死んだはずのマーヴィンとサラによって助けられる。

フランクとマーヴィンが各国の諜報機関から追われることになったのは、ウィッキリークスにアップされた機密文書「ナイトシェード計画」露見のためだった。
フランクとマーヴィンは当時ナイトシェード計画の責任者である物理学者エドワード・ベイリー博士の護衛にあたっていたが、博士は暗殺されてしまった。フランクとマーヴィンは行方不明の核爆弾を奪った容疑者として、国際手配され、各国の諜報機関から狙われていた。

英国諜報局MI6からも、韓国人の殺し屋ハン・チョパイと、二人をよく知るスナイパーのヴィクトリアのものとに命令が下る。

フランクとサラが面白い。サラは前作では普通のOLだったのに、すっかりフランクたちの力になってきてる(笑)
マーヴィンがまたまた面白くて、この3人のコメディのようなやりとりに何回も笑ってしまった。
ジョン・マルコヴィッチって本当に好きだわ~悪役やると半端ないんだけどね、そのギャップが素敵かも~

前作で死んでしまったからモーガン・フリーマンが出てないのが淋しかったけど、アンソニー・ホプキンスがその穴を埋めてくれたというか。
ありゃりゃ、ボケ老人になってる?って・・んなわけないよねぇ~
いろんな顔を楽しそうに演じていました、さすがです。

今回知ったんですけど、アンソニー・ホプキンスと言えばあのハンニバル・レクターですが、彼があの役をやる前に「刑事グラハム/凍りついた欲望」でハンニバル・レクターを演じたのが、旧ソ連のスパイであり、ヴィクトリアの恋人イヴァン・シモノフを演じてるブライアン・コックスなんですって。
今回ダブルハンニバルの共演でした。これもなんか凄い!!

思い切り笑って楽しめました(^^♪

「REDリターンズ」公式サイト
スポンサーサイト
2013/11/30 Sat. 22:45 | trackback: -- | comment: -- | edit

「キャプテン・フィリップス」 

「キャプテン・フィリップス」
監督:ポール・グリーングラス
出演:トム・ハンクス バルカド・アブディ バルカド・アブディラーマン

2009年、3月28日。マークス海運に勤務するリチャード・フィリップス(トム・ハンクス)は、オマーンからケニアへ援助物資を運搬する「マークス・アラバマ号」に乗り込んだ。
彼は船長で乗組員は20名。
しかし、航海ルートのソマリア海域で、最近、海賊の活動が激化していることが気がかりだった。
フィリップスは万が一に備え緊急時訓練を行うことに・・
やがてマークス・アラバマ号に近づいてくる2隻のモーターボートに気がついた。

一度はうまく追尾を交わしたものの、翌朝1隻のボートが再び追跡を始め、ついには海賊4人が侵入してきた。
リーダー格のムせは仲間のビラルとフィリップスを連れて、他の乗組員を探し始めた。
機関室に隠れた乗組員がガラス片を床にばらまき、裸足のビラルが大ケガをする。
ほかの乗組員が主甲板の発電機を切って停電させたため、真っ暗になりケガをしたビラルとフィリップスは操縦席に戻り、ムセが一人で機関室を探し始める。
と、隠れていた乗組員がムセの捕獲に成功。
海賊はフィリップスはの提示した条件をのみ、現金3万ドルだけを受け取り、アラバマ号の救命艇でソマリアに向かうことを決意する。
ところが、救命艇が発進する直前に、フィリップスが人質に捕らわれてしまった・・・

これが事実だと言うから驚き。
海賊が乗り込んできてからのシーンは怖くて思わず目を閉じていて、観ることができなかった。
字幕なので目を閉じていると何言ってるのか┓(´_`)┏ オーノ~
とにかく怖かった、怖かった!
実際アラバマ号の人たちはどんなに怖かったでしょうね。

あの海賊の若い子たちは、アメリカに住むソマリア人をオーディションして選んだそうで、全くの素人だと知って驚きました。
凄い迫力で、葉っぱでちょっといっちゃった目つきとか半端なかったですよ。

事件を知った米駆逐艦動き出してから安心して観ることができた。
アメリカ大統領からも救出を急ぐようにと指示が出て、アメリカ海軍特殊部隊ネイビーシールズが出動するころには、もう大船に乗った気分(笑)

それにしてもこれが日本だったらどうなるんだろうとか考えてしまった。

リーダー格のムセがフィリップスに話していた。「おれはアメリカに行きたいんだ」って・・

この事件で彼は唯一生き残りアメリカで裁判にかけられ今服役中だけど、アメリカには行かれたねぇ。。
彼がソマリアに生まれていなかったらと思うと、可愛そうになってしまった。

フィリップスに銃を向けた時「おまえは漁師じゃない!」と言われて怯んだムセ、根っからの悪党じゃなかったんじゃないかと思うのは私の甘さかなぁ

救命艇の残り3人の海賊が射殺されて、助け出されてからのフィリップスの恐怖と安堵の交差する様子を見ていて思わず涙があふれてしまった。
どんなに怖かっただろう・・
本当に怖い思いをするとあんな風になるんだろうな・・

いつも観てるヒーローものなら、バンバン打ちまくって軽く1件落着なんだけど、これは現実の話。
海賊の出没する海原へまったく非武装でってことも危なっかしいなぁと、せめて護衛とかつけないのかね、素人考えだけど。

フィリップス船長は今は船を下りて事務職とか・・心の傷は癒えたのかしら・・・

「キャプテン・フィリップス」公式サイト
2013/11/29 Fri. 23:08 | trackback: -- | comment: -- | edit

「2ガンズ」 

「2GUNS」
監督: バルタザル・コルマキュル

出演:デンゼル・ワシントン マーク・ウォールバーグ ポーラ・パットン

麻薬取締官(DEA)のボビー(デンゼル・ワシントン)は海軍情報部将校のマイケル(マーク・ウォールバーグ)と潜入捜査のためメキシコの片田舎でマフィアの手先としてコンビを組んでいた。
お互いの正体を知らぬまま。
二人は、組織のしっぽを掴むために300万ドルを強盗に見せかけ強奪して物証にしようとする。
ところが貸金庫にあったのは4000万ドル以上の大金だった。
この大金はCIAの裏金だった。
このため二人は麻薬取締局(DEA)、海軍情報部、CIA、そしてマフィアからも追われることになってしまう・・・

本当は麻薬取締局(DEA)の潜入捜査官のボビー・トレンチ(デンゼル・ワシントン)と、本当は海軍情報部の将校のマイケル・スティングマン(マーク・ウォールバーグ)

お互い素性を隠してた。

そしてお互いを信用していないんだけどね。

でも、このコンビが楽しいのよね~

まぁ次から次へと予期せぬ事態に遭遇しながら、お互い援護したり騙したり(笑)

二人して濡れ衣を着せられ追われる羽目に。

DEAだったり、CIAだったり、海軍だったり、麻薬カルテルだったり・・それがまたなんとも悪い奴ばかり。

お互いの正体がわかるんだけど、一緒にやるしかないし。

マイケルがボビーを撃っちゃうんだけど、ずっとそのことを怒っていたボビーにマイケルが言うセリフがまたおもしろかった(・m・ )クス

二人の会話が楽しいし、どちらもタフガイだし、本当にいいコンビだったわ~

目を覆いたくなるようなシーンもなくて、楽しくニタニタしながら観ました♪


「2ガンズ」オフィシャルサイト
2013/11/01 Fri. 22:00 | trackback: -- | comment: -- | edit