09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

cinema

「ARGO」 

「ARGO」
監督 ベン・アフレック
出演 ベン・アフレック アラン・アーキン ジョン・グッドマン

1979年11月4日、イランの過激派がアメリカ大使館を占拠する。混乱の中6人が脱出しカナダ大使の私邸に逃げ込むが、残った52人の大使館員は人質となる。
イラン側は、癌の治療のために渡米した前国王パーレビの引き渡しを要求する。
大使館員の写真つき名簿は襲撃前にシュレッダーにかけていたが、名簿が復元されれば脱出者がばれ、捕まれば処刑される。
国務省はCIAに応援を要請し、人質奪還のプロ、トニー・メンデス(ベン・アフレック)が呼ばれる。
トニーは、6人をニセ映画のロケハンに来たカナダの映画クルーに仕立て上げて出国させるという作戦を閃く。
トニーの知人で特殊メイクの第一人者、ジョン・チェンバース(ジョン・グッドマン)は協力を快諾する。
チームに参加した大物プロデューサーのレスター(アラン・アーキン)は、自宅で山積みになっているボツ脚本から、イランでの撮影に相応しいSFアドベンチャー『アルゴ』を選び出す。事務所を立ち上げ、大々的な記者発表を開き、本物さながらのプロジェクトが始まる。
一方、イランでは200人以上の民兵が空港を監視していた。
1980年1月25日、プロデューサー補に扮したトニーはイランへと向かい、文化・イスラム指導省で撮影許可を申請した後、カナダ大使邸に入る。
6人は計画に反発するが、それぞれの役柄を暗記する。
翌日、ロケハンを許可した指導省が、バザールで担当者と面会するよう要求してくる。
トニーは怖気づく大使館員を説得して連れ出し、何とか乗り切る。
しかし翌日、トニーの上司オドネル(ブライアン・クランストン)から緊急電話で、計画の中止が告げられる。軍による人質奪還作戦が決定したのだ。
航空券は取り消され、ハリウッドの事務所は閉鎖される。
トニーは6人に黙ったままホテルに帰る。
翌朝、トニーは電話で、6人を出国させると上司に宣言する。
しかし作戦の復活には、カーター大統領の承認が必要だった。
一方、大使館名簿の復元もあと数分に迫っていた……。


1979年といえば、私は子育て真っ最中で翌年3人目を出産している。
この衝撃的な出来事は遠く記憶にある程度で、あまり詳しくは知らなかった。
まして、真実はこんなすごい救出作戦があったなんて。

とにかく最初から緊迫感あふれるシーンの連続で、最後まで時間との戦いだったような。
ハラハラドキドキ怖かった。

群集心理って本当に怖いねぇ。
ためらいもなく処刑とかしちゃうんだものね。
最近のどこぞの国の暴徒化した出来事もそうだけど、なんだろうねぇ・・人としての心とか常識とか諸々が失われてしまうんだろうか。
理解不能だわ。

でも、楽しいシーンもあったのはちょっと息抜きできたかな。

緊張の連続では疲れ果ててしまう(笑)

ハリウッドでのシーン、特にレスター・シーゲル(アラン・アーキン)とジョン・チェンバース(ジョン・グッドマン)の二人は良かったですね~
御当人たち楽しんでいたみたい(笑)

そして、ラストの空港から飛行機に乗るまではもう手に汗握る緊張感でしたね。
心で「早く早く」と急かしていました。

この出来事が実話なんですから、凄いですねぇ。

で、当時のカーター大統領はこの出来事を秘密裏とし、18年たって当時のクリントン大統領によって機密扱いを解除された。
こういうことって本当にあるんですねぇ。

もともとはジョージ・クルーニとグラント・ヘスロブの制作会社が映画企画を温めていて、ベンがやらせてほしいと連絡をしたそうだ。
だから製作にはお二方が名を連ねています。

それにしてもベン・アフレックはいい映画作りますね。
初めて彼の作品を観たのが、監督として2作目の「ザ・タウン」でした。
そしてつい最近彼の初監督をした「ゴーン・ベイビー・ゴーン」を観たけど、実に考えさせられる映画でした。
まだ若いのに、素晴らしいです。

エンドロールで映画の中のシーンと実際のシーンが並んで映されるけどどれも本物と全く同じ。
処刑された人が町に吊るされているんだから驚きだよね。
そして、映画クルーのふりをして脱出した6人のキャストと実物の写真も驚くほどよく似ている。
映画が終わってもすぐに席を立たないでくださいね(笑)

「ARGO」公式サイト
スポンサーサイト
2012/10/31 Wed. 22:39 | trackback: -- | comment: -- | edit

「EXPENDABLES2」 

「EXPENDABLES2」

監督 サイモン・ウェスト
出演 シルヴェスター・スタローン ジェイソン・ステイサム ジェット・リー
自らを消耗品と名乗る最強無敵の傭兵軍団エクスペンダブルズ。
リーダーで軍用銃のエキスパート、バーニー・ロス(シルヴェスター・スタローン)。
元SAS(英国特殊部隊)隊員でナイフの専門家、リー・クリスマス(ジェイソン・ステイサム)。
マーシャル・アーツの達人、イン・ヤン(ジェット・リー)。
大型銃器のスペシャリスト、ヘイル・シーザー(テリー・クルーズ)。
爆破のプロフェッショナル、ツール・ロード(ランディ・クートゥア)。
狙撃と空手の名手ガンナー・ヤンセン(ドルフ・ラングレン)。
そして元SASR(オーストラリア特殊空挺連隊)隊員の若き天才スナイパー、ビリー・ティモンズ(リアム・ヘムズワース)。
彼らの今回の仕事は、バルカン半島アルバニア領の山脈に墜落した輸送機に積まれていたデータボックスの回収。ボックス内の機密データは旧ソ連軍が埋蔵した大量のプルトニウムの埋蔵場所を示すもので、もしそのプルトニウムが軍事独裁国家などに渡れば、世界が破滅への道をたどることは間違いない。
データボックスが格納された金庫は120秒ごとに変化するアクセスコードに守られており、誤ったコードを入力すると爆発する仕掛けになっている。
CIAのチャーチ(ブルース・ウィリス)はその暗証番号解読のため、マギー(ユー・ナン)という女性エージェントを派遣、エクスペンダブルズに同行させる。
彼らはGPSをたどってデータボックスを発見、マギーが鮮やかにコードを解除するが、そのときヴィラン(ジャン=クロード・ヴァン・ダム)とその右腕へクター(スコット・アドキンス)率いる謎の軍団がエクスペンダブルズを包囲、見張りにあたっていたビリーを人質にしてボックスの引き渡しを要求する。
バーニーはビリーの命を優先し、仲間に武器を捨てさせ、ヴィランにボックスを渡すように命じた。
だがヴィランはボックスを受け取るや、バーニーたちの目の前でビリーを殺害し去って行く。
ヴィランは機密データを利用して大量のプルトニウムを掘り出し、それを某国のクライアントに売り渡そうとしていた。
彼はすでにその準備のため一国の軍隊にも匹敵する軍団を組織し、アルバニアのある村を占拠、村の男たちを強制的にプルトニウムの埋蔵現場で働かせていた。
ヴィランたちが潜む村を突き止めたエクスペンダブルズは、村に残された女性たちの助けを借り、ヴィランとその部隊の殲滅作戦を開始。
やがて、その闘いにネパールでバーニーに命を救われたトレンチ(アーノルド・シュワルツェネッガー)やチャーチ、さらに伝説のコマンド、ブッカー(チャック・ノリス)らも援軍として参戦、バルカンの大地を熱く焦がす激しいバトルが始まろうとしていた……。

いきなり迫力あるシーンから始まって、バリバリ撃って血しぶきがあがり、しょっぱなから興奮状態。
捕まって拷問を受けているのは誰かと思いきや、シュワちゃん。
中国の大富豪を助けにきて捕まったらしいけど、スタローンに助けられましたね。

で、その大富豪を送り届けるのに早々とジェット・リーが帰ってしまってそれっきり?!これっきり?!
短い出番でしたぁ・・・
でも、しっかり見せ場はありましたよ。

次の任務に向かった先で、今回初登場のイケメン君が・・・

元々あまり好きではないバンタムがかなりな悪党で、今回の役でますます嫌いになったわ(笑)

このシーンは予告で何回も観てたので、思わず目をそむけてしまった。
不覚にも涙してしまった・・・これが結構尾を引きました。
可愛かったんですもの、ビリー・ザ・キッド。

そこから任務遂行と復讐に燃える消耗品の面々。
危ういところで、待ってました~~~!!

チャック・ノリス登場!!

私は何十年ぶりにお顔を拝見したかしら、お元気そうで。
とても72歳には見えませんでした。

今回のこの映画はチャック・ノリスに会えるということも最大の目的でした。
嬉しかったですねぇ・・・

とにかく楽しかったです。
本当に面白かったです。

彼らのやりとりだけで、何回笑わせられたか・・
あちこちで(・m・ )クスって聞こえてました。

そして随所に一人一人の見せ場があって、カッコ良かったです~
私的にはジェイソンのアクションがもう綺麗でたまりませんでした、教会の中でのシーンでのナイフ使いとか。

そして、前作では┣┳┻┳┳┻┫皿・) チラだったシュワちゃんと、ブルース・ウィリスとスタローンが揃ってバンバン撃つシーンは最高でしたね、楽しかった。

やっぱり助っ人はチャック・ノリス、カッコいいです~

嫌なバンタムとスタローンの対決は凄かったです、迫力ありました。
力入りました。

ただ、お二方のお顔がアップされるたび、老けたなぁ・・・としみじみとしたのも事実です。
そういう私もすっかり歳をとりましたものねぇ(笑)

いやいや、本当に面白かったです。
内容は難しくもなんともないですけど、心底楽しめる映画ですよね。

続いてほしいですねぇ・・・今は高齢者も十分働けますから。

「EXPENDABLES2」公式サイト
2012/10/24 Wed. 23:13 | trackback: -- | comment: -- | edit

「ロビイストの陰謀」 

「ロビイストの陰謀」

監督 ジョージ・ヒッケンルーパー
出演 ケヴィン・スペイシー バリー・ペッパー ケリー・プレストン

大統領選挙の資金調達でブッシュ共和党政権を誕生させたと言われる大物ロビイストのジャック・エイブラモフ(ケヴィン・スペイシー)は、下院・院内総務のトム・ディレイ議員を金で抱き込み、アメリカ議会を思いどおりに操っていた。
そんな中、ジャックはビジネスパートナーのマイケル・スキャンロン(バリー・ペッパー)に誘われ、カジノを経営するネイティブ・アメリカンのチペワ族を騙して大金を得る。
少数民族の優遇政策に目をつけた二人は、その後も懇意にしている下院管理委員長のボブ・ネイに金を握らせカジノの運営を規制、敵対する部族の要望を同時に受け、両方の部族から法外な報酬を巻き上げる。
莫大な財産を得たジャックとマイケルはフロリダのカジノ客船を騙し取り、大学時代の友人アダム・キダン(ジョン・ロヴィッツ)をパートナーに迎え経営を任せる。
だが金にだらしないキダンは元の経営者であるギリシャ人と金銭トラブルを起こして襲われ、腹を立てたキダンはマフィアに全てを委ねるのだった。
同じ頃、巨万の富を湯水のように使って豪遊するマイケルの浮気に気付いた婚約者のエミリー(ラシェル・ルフェーブル)は、腹いせにジャックとマイケルをFBIに告発する……。

いきなり洗面所で歯を磨きながら演説をする、ジャック(ケヴィン・スペイシ―)に圧倒された。

彼の出演した「交渉人」などもとても好きだけれど、頭の切れるような役が似合うね。

ところがこの数日ものすごい睡魔に襲われていて、わざわざ六本木まで観に行ったにもかかわらず、今回不覚にもほとんど寝てしまった。(ノ_・。)くぅ~☆

“アメリカ政界史上最大のスキャンダル”、“第二のウォーターゲート事件”と言われた事件だそうだけど、知らなかったわ。

マイケルの婚約者の告発で捕まっちゃうなんて・・・スキャンダルは危険だね・・

それにしても寝てしまったのは残念だったなぁ・・・

エンディングロール、帰っちゃう人がいるけど、私は最後まで観ている。
今回も最後まで観て良かった~
最後まで観ましょうね。(笑)


2012/10/10 Wed. 23:36 | trackback: -- | comment: -- | edit

「ボーン・レガシー」 

「ボーン・レガシー」
監督 トニー・ギルロイ
出演 ジェレミー・レナー レイチェル・ワイズ エドワード・ノートン

CIAの極秘プログラム“トレッドストーン計画”によって生み出された最強の暗殺者、ジェイソン・ボーンが、ロンドンで新聞記者に接触しようとしていた頃。
ボーンと内部調査局のパメラ・ランディ(ジョアン・アレン)の告発によって計画が明るみに出ることを恐れたCIA本部では、国家調査研究所のリック・バイヤー(エドワード・ノートン)が証拠隠滅のために全プログラムの抹消を命じる。
一方、アラスカのCIA訓練地では、“アウトカム計画”によって生み出された暗殺者、アーロン・クロス(ジェレミー・レナー)が訓練を積んでいた。
薬の服用を義務づけられていた彼は、相次ぐ予定変更によって自分の身に迫る危険を察知する。
彼の体調を管理しているステリシン・モルランタ社では、突然、職員が銃を乱射。
居合わせたマルタ・シェアリング博士(レイチェル・ワイズ)は九死に一生を得るが、研究所で行なっていたことに事件の原因があると知っていた彼女に、再び危機が迫る。
その窮地を救ったのはアーロン。
薬を求めてマルタのところへやってきた彼は、薬はすでに服用が中止され、プログラム従事者の体には半永久的な効果を持つ活性ウイルスが培養されていることを聞き、彼女とともにウイルスを製造しているマニラへ向かう。
急転する事態に混乱するマルタに、“自分はかつてケネス・キットソンという名前で、イラクで戦死したとされる兵士だ”と告げるアーロン。
一方、マルタ暗殺の失敗を知ったバイヤーは、彼女を病原体盗難の重要容疑者に仕立て上げ、安全保障局や国防省を巻き込んだ非常事態宣言を発令。
組織的な捜査によって2人の行方を洗い出す。
マニラに到着し、研究所に向かうマルタとアーロンだったが、追跡を察知して逃走。
バイヤーは精鋭の人間兵器“ラークス計画”の作戦員をタイのバンコクから送り込む。
路地の入り組んだマニラのスラム街で、究極の暗殺者たちによるチェイスが始まる……。

マッド・デイモン主演ですっかりおなじみになったボーンシリーズ。
ボーンと同じように暗殺のスペシャリストとして造り上げられたのが、今回登場のアーロン・クロス。

いきなり目まぐるしく展開するシーンに目が回りそうだったわ。
おバカな私はなかなかついて行かれず、迷子になりそうでした(-_-;)

内容としてはボーンで洗脳されてるからか(笑)ちょっと物足りなかった気がしました。
あれ?もう終わり?

でも、主役のアーロンを演じるジェレミーが好きだから~

マッド・デイモンはどこか淋しそうで、優しさを感じるし、どことなく母性本能を擽られる。
今まで観てきた作品でいい人が多かったからかな。

そこへいくとジェレミーは初めて観た映画「S・W・A・T」のイメージが強いのかな、「スタンドアップ」「ハート・ロッカー」「ザ・タウン」「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」などで観た、クールで骨太ってイメージが強いです。
ラストで笑顔のジェレミーって初めて見たような?
私の中では常に眉間にしわ寄せてた(笑)

本人バイクも好きで10台も持っているというだけあって、バイクのシーンは見ごたえありました。
ほとんどスタントは自分でやったそうです、すご~い!

新しいシリーズの幕開けってところでしょうか?

いつかボーンと揃って出てほしいですね。
最強の二人になるよねぇ~


「ボーン・レガシー」公式サイト
2012/10/03 Wed. 18:31 | trackback: -- | comment: -- | edit