08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

cinema

「ロック・オブ・エイジズ」 

「ロック・オブ・エイジズ」
監督 アダム・シャンクマン
出演 ジュリアン・ハフ デイエゴ・ボネータ ポール・ジアマッティ トム・クルーズ

1987年のロサンゼルス。
成功を夢見てやってきたシェリーは、ロックの殿堂“バーボンルーム”で働く青年ドリューと知り合う。
バーボンルームは、今やビッグネームとなったロックバンド「アーセナル」を輩出したライブハウスで、ドリューもロックシンガーを目指していた。
やがて2人は恋仲になる。
ある日、アーセナルの解散ライブがバーボンルームで行われる事になった。
ドリューのバンドが前座に抜擢され、成功を収めるのだが…。

ストーリーはよくあるお話。
ロックスターを目指している青年とシンガーを目指してオクラホマから出てきた女の子。

そして人気に陰りが見えてきた”ロックの神”と呼ばれたスーパースター。

ジュリアン・ハフは「バーレスク」で映画デビューなんだって。もう一度「バーレスク」観てみよう。
劇中「バーレスク」を思い出させるようなシーンもあった。

アレック・ボールドウィンは私的には嫌な男なんだけど(笑)今回はなんとも味のあるオーナー。
キャサリン・ゼタ=ジョーンズのダンスが笑えた~
あの美しい今までのイメージから違いすぎて。

驚いたのはトム・クルーズが歌が上手かったこと。
彼が歌ってるシーンは「トップ・ガン」でしか観たことないけれど、今回の役が決まってからロン・アンダーソンについてボイス・トレーニングを受けたんですって。
とんでもない(ロッカーってあんなんなんだ?)ロッカーだけど、完全になりきってましたね。

とにかく若い二人を囲む大物俳優さんたちが思い切りはじけて楽しかった。

音楽ってやっぱり凄い。
やっぱり体がムズムズ・・・楽しめました♪

「ロック・オブ・エイジズ」公式サイト
スポンサーサイト
2012/09/25 Tue. 23:45 | trackback: -- | comment: -- | edit

「デンジャラス・ラン」 

「デンジャラス・ラン」
監督 ダニエル・エスピノーサ

出演 デンゼル・ワシントン ライアン・レイノルズ ヴェラ・ファーミガ

南アフリカの米国領事館に、一人の男が出頭した。
彼はかつてCIAの中でも屈指の腕を持つ伝説のエージェントでありながら敵国に機密情報を流したとされる、
36ヶ国で指名手配を受けた世界的犯罪者トビン・フロスト(デンゼル・ワシントン)。
CIAの隠れ家に連行された途端、鉄壁のはずの隠れ家が何者かにより襲撃される。
壊滅状態にまで追い込まれる中、隠れ家を管理している新米CIAのマットは、フロストから選択を迫られ、やむなく隠れ家から脱出。
敵の正体も目的もわからないまま、マットは危険すぎる男フロストの身柄を守るために彼とともに逃走を繰り広げる……。

ずっとハラハラドキドキの連続でした。
な~んとなくCIAってイメージ悪いんですけど・・・
実際にセーフ・ハウス(隠れ屋)の担当の元局員が監修していたそうです。
実にリアルで、スピード感溢れ、面白かったです。
裏切りとか汚職とか一般人の私には想像もつかない世界ですが。
怖いですねぇ・・・

デンゼル・ワシントン、やっぱり素敵です
悪の役柄と言えば、私は「トレーニング・デイ」を思い出しますが、今回は根っからの悪ではない・・・
でも、凄い怖い目で振り返りざまバンバンって撃つ姿はやっぱり悪ぅ~
でも、カッコいい!

あっという間に終わってしまいました。
ちょっとウルウル・・・

でも、面白かったです。

他の出演者もやっぱり悪なんだろうなって人は悪でした(笑)


「デンジャラス・ラン」公式サイト
2012/09/13 Thu. 01:02 | trackback: -- | comment: -- | edit