11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

cinema

「ロビン・フッド」 

「ロビン・フッド」
監督 : リドリー・スコット
出演 : ラッセル・クロウ 、 ケイト・ブランシェット、ウィリアム・ハート

時代は12世紀末。十字軍の兵士としてフランスで戦っていたロビンは、イングランドの騎士ロバート・ロクスレーの暗殺現場に遭遇。ロバートの遺言を聞き入れ、彼の父でノッティンガムの領主であるサー・ウォルターに剣を届ける役目を引き受ける。かくして訪れたノッティンガムの地で、ロバートの身代わりになってくれと頼まれるロビン。彼の素朴な人柄は領民たちの人気を集め、ロバートの未亡人マリアンとも次第に心が通いあっていくのだが……。その行く手には、イングランド侵略をもくろむフランス軍との壮絶な戦いが待ち受けていた!

ロビン・フッドってなぁんとなく昔から観ている気がしてた。
最近覚えているのがケビン・コスナーの「ロビン・フッド」

でも、今日観た「ロビン・フッド」は今まで観てイメージしていたものとは違った。
今まではどことなく小さいころから聞かされていたおとぎ話のような感じでいたんだけど。
今日のはもっとリアルで戦闘シーンも迫力あって、ドーバー海峡にフランス軍の上陸シーンなんて「ノルマンディ上陸作戦」を思い出した。
今までのは、今日のあとのロビン・フッドを観ていたってことかな?
彼がなぜ無法者とされ、森に住むようになったかまでのお話。
ラッセル・クロウのロビンはちょっとお年がいってる気もしないでもないけど、でもやっぱりかっこよかった。

悪い奴らが国を狙っていて、そこには裏切り者がいて、ひそかに潜入させていて、
やがてはすべてを乗っ取ろうとしている・・
国の党首は能がないアホで気がついてもいない。
なんかね、どこぞの国の今の姿と重なってしまって、ため息出たわ。
フランス軍より性質悪いし・・・

ロビン・フッドのような人が現れないかなぁ。

でも、こういう映画って楽しめて好き。

「ロビン・フッド」公式サイト
スポンサーサイト
2010/12/15 Wed. 17:34 | trackback: -- | comment: -- | edit

「SPACE BATTLESHIP ヤマト」 

「SPACE BATTLESHIP ヤマト」
監督 : 山崎貴
出演 : 木村拓哉 、 黒木メイサ 、 柳葉敏郎 、 緒形直人

西暦2199年、突如侵攻してきた謎の敵・ガミラスによって、人類はその存亡の危機に瀕していた。
人類の大半は死滅し、生き残ったものも地下生活を送っていた。
ある日、地球へカプセルか落下してきた。それは惑星イスカンダルからの通信カプセルで、そこに行けば、放射能浄化装置があるという。
人類最後の希望を乗せて、最後の宇宙戦艦“ヤマト”がイスカンダル目指して旅立つ。
しかし、行く手にはガミラスの艦隊が待ち構えていた。

テレビアニメとしては、ちゃんと見た記憶があまりない。
顔ぶれもだいたいわかるし、主題歌は大好きだけど、子育て中で観てられなかったのかも。
なので、今日はなんの知識もなく観れた。
それぞれの胸の内にある思い、抱えている思い。
みんなに家族との別れを一人1分ずつ与えられたとき、最後に古代が家族がいなくて・・アナライザーを見つめて、そして1分が無残に過ぎてしまう。
悲しかったなぁ・・

日本では宇宙ものは初めてとのこと。
確かに観たことないなぁ。
洋画だといっぱいあるのにね。
でも、素晴らしかったと思う。
迫力あったし、綺麗だったし、戦闘シーンなんて思わず身をよけたりしちゃった(笑)

あのイスカンダルを目指し、放射能除去装置を求め上陸して、敵と戦うシーンは格別すごかったね。
そして、古代の唯一の家族アナライザーがロボットなのに、自分の身を挺して古代たちを守り力尽きて行くシーンは思わず泣けた。
そして、やっと手に入れた除去装置を地球に運ぶためにまた、真田と斎藤が犠牲になる。
最後ヤマトが地球を目前に傷ついて、乗組員全員を逃がして古代一人がヤマトに残り波動砲を発射させる。
あぁ・・・切ない・・

愛するものを守るため、犠牲になった多くの人たち、みんな潔かったねぇ。
今の日本にかけている心意気だね。

アナライザーとの辺りから涙が止まらなかった。
私はとてもいい映画だと思った。

「SPACE BATTLESHIP ヤマト」公式サイト
2010/12/01 Wed. 20:19 | trackback: -- | comment: -- | edit