02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

cinema

「ワルキューレ」 

「ワルキューレ」

監督 : ブライアン・シンガー
出演 : トム・クルーズ 、 ケネス・ブラナー 、 ビル・ナイ

第二次世界大戦下のドイツ。アフリカ戦線で左目を負傷したシュタウフェンベルク大佐は、“良心”と“忠誠心”の葛藤に悩んだ末、祖国の平和のためにヒトラー暗殺を考えるようになる。やがて画期的な暗殺計画≪ワルキューレ作戦≫を立案し、トレスコウ少将やオルブリヒト将軍ら、同志と着々と準備を進めていく―。そして、決行の1944年7月20日を迎えた。ヒトラーとその護衛たちを前に、大佐たちは計画を成功させられるのか…。

どんな悪の集団の中にも、必ず良心を持った者はいる。
だけど、悲しいかな・・その力は弱くて、悪を滅ぼすところまで辿り着けない。
今回、シュタウンフェンベルク大佐たちの計画は、成功したかに思えたのに、爆発の後の死を確認まではしていなかったところに誤算があった。
正義には、強い見方もつくが、権力に逆らえないものも多い。
あと少しというところで、すべてが終ってしまった。

ヒトラーが軽症ですんで、反逆者として捕らえられ処刑されたそれぞれの無念を思うと辛い。
9ヵ月後ヒトラーは自殺した・・

「ワルキューレ」公式サイト
スポンサーサイト
2009/03/25 Wed. 17:30 | trackback: -- | comment: -- | edit

「チェンジリング」 

「チェンジリング」

監督:クリント・イーストウッド
出演: アンジェリーナ・ジョリー ジョン・マルコヴィッチ、エイミー・ライアン

1928年。ロサンゼルスの郊外で、9歳の息子・ウォルターと幸せな毎日を送る、シングル・マザーのクリスティン(アンジェリーナ・ジョリー)。だがある日突然、クリスティンの勤務中に、家で留守番をしていたウォルターが失踪。誘拐か家出か分からないまま、行方不明の状態が続き、クリスティンは眠れない夜を過ごす。そして5か月後。警察から息子が発見されたとの朗報を聞き、クリスティンは念願の再会を果たす。だが、彼女の前に現れたのは、最愛のウォルターではなく、彼によく似た、見知らぬ少年だった・・・。

やっと子どもに会えたと思ったら、その子は自分の子ではなかった。けれど、警察は本気で聞いてくれるどころか、彼女を精神病院へ入れてしまう。
警部に言われて子供を診察した医者にしても、精神病院の医者やナース達にしても、本当に腹立たしく憎らしかった。
警察の腐敗、横暴、怠慢、誰も逆らえない、警察に楯突けばみんな精神病院へ入れられてしまう。
彼女の行方不明になっている子どものふりをしている少年にもムカついた。
自分の子どもの見分けがつかない親がどこにいる!
それでも、絶対諦めず権力に屈せず、立ち向かう母親は強い!
彼女を支えてくれた、警察の腐敗摘発キャンペーンを展開している、長老教会の牧師がとても素晴らしい支援をしてくれた。
そして、結末は思わぬ方向へと行くのだけれど・・
誘拐犯に脅されながら殺人に協力した誘拐犯の従弟の少年。刑事に告白して、遺体を埋めてある現場で土を掘り起こし泣き崩れる姿には思わず涙が溢れた。
まだいたいけな少年が心に抱えてしまった傷の深さ・・彼もまた犠牲者だ。

実話では誘拐犯は母親と従弟と共謀しての犯罪で、母親は終身刑になったそうだ。

「トゥームレイダー」「Mr.&Mrs. スミス 」の彼女とはまた違った強い女の魅力、素晴らしかった。
実生活でも実子と養子と6人の子どもの母親だ。

「チェンジリング」公式サイト
2009/03/18 Wed. 17:20 | trackback: -- | comment: -- | edit