05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

cinema

「ウォンテッド」2008年 

「ウォンテッド」
監督: ティムール・ベクマンベトフ
出演:ジェームズ・マカボイ モーガン・フリーマン アンジェリーナ・ジョリー

25歳のウェスリー・ギブソン(ジェームズ・マカヴォイ)は、職場では女性の上司にいびられ、同棲中の恋人は親友に寝取られるという最悪の日々の中、緊張が高まると、不安発作用の薬で早くなる鼓動を抑えていた。
ある日、ドラッグストアでいつもの薬を処方している最中、1人の美女・フォックス(アンジェリーナ・ジョリー)に話しかけられる。
彼女は、死んだウェスリーの父親は偉大な暗殺者だったと言う。
するとすぐさま、刺客とフォックスの間で銃撃戦が始まる。
店を飛び出したウェスリーを拾ったフォックスは、刺客と激しいカーチェイスを繰り広げる。
ウェスリーは車中で気を失ってしまう。
ウェスリーが目を覚ますと、フォックスを含めた見知らぬ人々に囲まれていた。
リーダーと思しき年長者・スローン(モーガン・フリーマン)によれば、彼らは太古より存続する暗殺集団“フラタニティ”で、世界の秩序を守っているのだ。
また、ウェスリーの父も在籍していたが、敵に殺されてしまったと言う。
そして、その血を引くウェスリーが一員になるよう促される。
最初は話が信じられなかったウェスリーだが、会社を辞め、フラタニティに加わる決意をする。
暗殺者になる訓練は想像以上に厳しかったが、ウェスリーは次第に素質を開花させていく。
彼は“運命のはたおり機”と呼ばれる標的を知らせる繊維の目に従い、次々と任務をこなしていった。
ある日、敵の刺客・クロス(トーマス・クレッチマン)の暗殺を命じられたウェスリーは列車に乗り込む。
ウェスリーに追いつめられたクロスは、信じられない言葉を発する。
さらにフラタニティの銃弾職人・ペクワースキー(テレンス・スタンプ)は衝撃の真実を語る。
それはウェスリーに、真の戦いの幕開けを告げた。
            -MovieWalker-
ジェームズ・マカボイはあまり好きでもないんだけど、アンジーとモーガン・フリーマンが大好きなので観た。
気弱ななんとも情けなさ満載のウェスリーがどんどん強くなっていくのは、訓練というか訓練か・・・はかなり過酷なものなんだけど・・かつて観た「アサシン」の男性版みたいな。
結局は嘘のために本当の父親を殺してしまうんだけど。

アンジーはやはりかっこよくて美しかった。
カーアクションも銃撃戦もさまになるよねぇ。

モーガン・フリーマンは安定の存在感。

楽しめました♪
スポンサーサイト
2017/06/14 Wed. 16:31 | trackback: -- | comment: -- | edit

「キングダム 見えざる敵」2007年 

「キングダム 見えざる敵」
監督: ピーター・バーグ
出演:ジェイミー・フォックス クリス・クーパー ジェニファー・ガーナー
アメリカの中東問題はいまなお緊張状態が続く。
そんな中、サウジアラビアの首都リヤドで自爆テロ事件が発生する。
狙われたのは外国人居住区。
現場にFBI捜査官や医療関係者が集結する中、今度は彼らを狙った二度目の爆弾テロが起きる。
死者100人以上、負傷者も200人以上となった事件は、爆発者専門家のサイクス(クリス・クーパー)と情報分析官のレビット(ジェイソン・ベイトマン)らによって、首謀者にアルカイダのメンバーであるアブ・ハムザが関与している説が浮上。
FBI捜査官ロナルド・フルーリー(ジェイミー・フォックス)は現地捜査の必要性を主張する。
統治能力の弱さを認めたくないサウジアラビア政府とそれを容認するアメリカ政府の外交的な思惑があり、フルーリーの訴えは却下されてしまう。
しかし同僚が巻き込まれたことから引き下がるわけにはいかないフルーリーは、ワシントンポスト紙の記者を通じ、駐米サウジアラビア大使と接触。
サウジアラビアの大物によるテロ資金調達疑惑をカードに、現地調査に派遣できるように許可を取り付ける。
フルーリー、サイクス、レビット、法医学調査官のメイズ(ジェニファー・ガーナー)による4人のFBIチームは、サウジアラビアに飛ぶ。
空港で彼らを出迎えたサウジアラビア国家警察のアル・ガージー大佐(アシュラフ・バルフム)は、爆破現場に連れて行く。
凄惨な現場に凍りつく一行。
さらに、アル・ガージー大佐から「証拠に触らない」」「サウジ警察の立会いなしに聞き込みをしない」「イスラム教徒の遺体に触れない」「自分の目の届く場所にいる」などの厳しい制約条件を突きつけられる。
滞在はわずか5日間。
タイムリミットが刻一刻と迫る中、フルーリーたちは爆破テロ首謀者たちを追い詰めていくことができるのだろうか?
-MovieWalker-
怖かったですね。
外国人居住区としっかり囲われて警備がついている中で、襲撃され多くの犠牲者が出た。
現地警察と犯人の区別もつかない。

調査に行ったFBIの4人も決して歓迎されるわけではなく、多くの規制があって捜査はなかなか進まないし。
それでもだんだんアルとの距離も縮まって、後半展開される銃撃戦ではともに戦い、そしてアルは命を落としてしまう。
どちら側もそれぞれ正義?があり、互いに傷つくだけなんだけど、なんとかならないのかしらね。

冒頭で仲間がテロによって命を失ったときに悲しむメイズにフルーリーがかけた言葉と、ラストフルーリーらによって殺害された首謀者が孫に耳元で残した言葉がどちらも
「皆殺しにしてやる」と言う言葉だった。
これではいつまでたっても平和にはほど遠い。
2017/06/13 Tue. 17:22 | trackback: -- | comment: -- | edit

「マシンガン・プリーチャー」2012年 

「マシンガン・プリーチャー」
監督: マーク・フォースター
出演:ジェラルド・バトラー ミシェル・モナハン マイケル・シャノン

酒と麻薬におぼれ、犯罪を繰り返してきたサム・チルダース(ジェラルド・バトラー)は、自分が起こしたある事件に対して自責の念に駆られ、信仰と家族のために生きることを誓う。
数年後、教会で牧師からウガンダの話を聞いて興味を持ったサムは、現地へボランティアに向かうことにする。
そこで彼が見たのは、武装ゲリラ「神の抵抗軍」にの恐怖にさらされる子どもたちだった。

-シネマトゥデイ-

主人公のサムはとんでもない奴だったのに、腹が立つほどとんでもない奴だったのに・・

ウガンダでの惨状を観て、子供たちを救うべく活動する。
元々とんでもない奴だったから銃の扱いとか戦うことはうまいものだ・・とちょっと痛快だったり。

それにしても、どうして子供たちがいつも被害にあわなければいけないんだろう。
目の前で親を殺され、さらった子供たちは兵士にさせられ。

自分と弟の命を救うために母親を殺した子がサムに言った。

「心を憎しみで満たしたら奴らの勝ち。
心を奪われちゃだめだ」

心が震えた。

世の中理不尽なことばかり、サムが神を信じ、途中で神を否定するけど、あんな果てるともない悲劇ばかり観ていたらそういう気持ちになるわね。
ほかからの援助とか救援とかないんだろうか。

エンドロールで現在もなお活動を続けているご本人が映し出されていたけど、すごい勇気だわ。
首に懸賞金までかけられたのにね。

ジェラルド・バトラーが様々な表情で演じて素晴らしかった。
2017/06/13 Tue. 02:01 | trackback: -- | comment: -- | edit

「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」 2008年 

「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」
監督: マイク・ニコルズ
出演: トム・ハンクス フィリップ・シーモア・ホフマン エイミー・アダムス

テキサス選出の下院議員チャーリー・ウィルソンは、美女とお酒をこよなく愛するお気楽議員。
それでも、根は優しく持ち前の大らかな人柄で、周囲の人々からは愛される存在だった。
そんなチャーリーはある日、テキサスを代表する富豪の女性ジョアンから、ソ連の侵攻に苦しむアフガニスタンの人々を救ってほしいと頼まれる。
政治にまるで興味のない政治家、チャーリーだったが、アフガンの実情に心を痛め、一肌脱ぐ決意を固める。
さっそく、大国ソ連を相手に二の足を踏む政府を横目に、CIAのはみ出し者、ガストの協力を得ながら前代未聞の極秘作戦を開始するチャーリーだったが…。
-allcinema-
アフガンでのソ連軍の虐殺は胸くそ悪くなるほどの残虐さ。
本当になんて国なんだろう。

トム・ハンクス演じる下院議員はなんだおおよそ政治からしからぬ言動で、考えたらコメディだった?
百聞は一見にしかずと言うけど、実際にアフガンでの現場の悲惨な状態を見たら人が変わった。
人間は自分の目で耳で確かめないといけないんだと、今の世の中を見てもしみじみと思ったね。

そしてお金をどんどん出させて、兵器をいっぱい送って憎っくきソ連軍のヘリを打ち落とすとこなんかスッとしたわ。

いつだって犠牲になるのは女・子供・・
大人って救いようのない馬鹿ばっかりだ。
2017/06/12 Mon. 17:59 | trackback: -- | comment: -- | edit

「ディバイナー」2014年 

「ディバイナー」
監督: ラッセル・クロウ
出演: ラッセル・クロウ オルガ・キュリレンコ  ジェイ・コートニー

ガリポリの戦いから4年後の1919年。
オーストラリア人農夫ジョシュア・コナー(ラッセル・クロウ)は、連合国軍に参加しガリポリ半島で行方不明になった3人の息子たちの最期を知るため、トルコへと旅立つ。
故郷から遥か遠い異国の地での捜索は困難を極めるが、コナーの決意は決して揺らぐことはなかった。
そんな中、イスタンブールで宿を営む女性アイシェ(オルガ・キュリレンコ)や、息子たちと戦ったトルコの英雄・ハーサン少佐(ユルマズ・エルドガン)らの助けを借り、コナーは一縷の希望を掴むのだが……。
                       -moviewalker-
父親の愛の深さをしみじみと感じる映画だった。
それにしても息子を探すのにあそこまでやるんだ・・自分ならできるだろうかって考えたけど、当事者になってみなければわからないことだ。
オーストラリアの農夫が実にたくましく、決してぶれることなく信念を貫き通したことに感動。
2017/06/10 Sat. 17:45 | trackback: -- | comment: -- | edit